> > > キューバ革命の英雄「チェ・ゲバラ」の運命を変えた、メキシコ縁の地へ

,,,,,,,,, | メキシコ,中南米・カリブ,観光,豆知識

キューバ革命の英雄「チェ・ゲバラ」の運命を変えた、メキシコ縁の地へ

Nov 9th, 2014

チェの人生を大きく変えたメキシコ


1959年1月1日にフィデル・カストロや「チェ」の愛称で知られるアルゼンチン出身のエルネスト・ゲバラ(1928年6月14日 – 1967年10月9日)らが率いた革命軍によって達成されたキューバ革命。

チェ・ゲバラがキューバ革命前に過ごしたメキシコ

キューバにはチェの栄誉を讃えた壁画やモニュメントがいくつもある ©Miho Nagaya

その歴史的な革命とメキシコが深い関係にあることをご存知でしょうか?

若き日のチェが、従兄弟とオートバイでの南米旅行を敢行した実話を基にした映画『モーター・サイクル・ダイアリーズ』は、日本でも公開され話題になりましたが、南米旅行を終えたチェは、独りグアテマラへたどり着きました。そこで、最初の妻となるペルー人の活動家、イルダ・ガデアと出会い、キューバの「7月26日運動(フィデル・カストロが率いたモンカダ兵営襲撃)」のメンバーで、同国に亡命していたキューバの青年たちを紹介されます。彼らは、キューバ革命を計画していたフィデル、ラウル・カストロ兄弟を含める他のメンバーと合流するためにメキシコへ向かうところであり、チェもそれに同行すると決意したのです。そしてチェは、1954〜56年までメキシコシティで暮らしました。キューバ革命前のチェの足跡を辿るメキシコのスポットを案内していきましょう。

メキシコ生活の始まり



メキシコに移ったチェは、メキシコシティのダウンタウン=セントロ地区にあるアパートで暮らしはじめ、本屋巡りをするのが趣味でした。アルゼンチン系の出版社で、カメラマンとして働き、その後にメキシコシティの中心部にある、国立病院、オスピタル・ヘネラル(住所:Eje 2A Sur 148, Cuauhtémoc, Doctores)のアレルギー科で働くようになりました。

またUNAM(メキシコ国立自治大学)の正式な生徒ではなかったチェですが、経済学部の授業をこっそり受けに行ったり、学内の図書館の新聞閲覧室でキューバの7月26日運動のニュース記事を読みあさったりしていたとか。そんな逸話から、後に哲学・文学部の講堂に「アウディトリオ・チェ・ゲバラ」の名がつけられました。

Miho Nagaya

,,,,,,,,, | メキシコ,中南米・カリブ,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!