> > 外国人も注目!知られざる「日本ワイン」の魅力とは?

,,,,,,,,, | グルメ

外国人も注目!知られざる「日本ワイン」の魅力とは?

Dec 15th, 2016

知られざる「日本ワイン」の魅力に迫る (C)Lin Weiwen

国産ブドウ100%のものはもちろん、海外産の濃縮果汁を原料にしたものも「国産ワイン」と呼ぶことのできる、ちょっと曖昧な日本のワイン。そんな「国産ワイン」は今後、国産ブドウのみを原料として日本国内で製造された果実酒のみ「日本ワイン」と名乗ることができるようになります。

新ルールの適用は2018年10月30日となりますが、早くもシンガポール人フード&ワインジャーナリストのLin Weiwen(リン・ウェイウェン)さんが「日本ワイン」に注目、日本ワインをテーマにした本を執筆中です。これに先駆け、ウェイウェンさんに日本ワインの魅力を尋ねてみました。

ー「日本ワイン」に興味を持ったきかっけは?
2009年に東京へ行った際に初めて日本のワインを試飲したことがきかっけで、「日本ワイン」に興味を持ちました。日本ワインをテーマにした英語の本はまだ前例がないため「大好きな日本と、日本ワインへの情熱を形にして、英語圏の読者に届けたい」と思ったことがきっかけです。

ー本の執筆にあたり、日本国内のワイナリーを36カ所訪れたそうですね。日本ワインについて、教えていただけますか?

日本のワイナリーはぶどう農家が元になっているところが多く、かつては生食用に適さないブドウで甘口のワインを造っていました。現在は多くのワイナリー(ワイン醸造所)が辛口のワイン造りに力を入れています。

さまざまなブドウ品種を試しながら、日本の気候と土壌に合った質の高いワインを目指し、試行錯誤を繰り返しています。現在は20種類ものブドウを育てているワイナリーも少なくありませんが、将来的には品種も淘汰されて、フランスのブルゴーニュ地方のように「ピノ・ノワール」や「シャルドネ」といった産地固有のブドウ品種が日本の各地域にも定着してくるのではないでしょうか。

知られざる「日本ワイン」の魅力に迫る スマホと連動した気象計やソーラーパネルを活用したワイン造り(山梨県) (C)Lin Weiwen


日本全国にはおよそ200のワイナリーがありますが、そのうち80のワイナリーが山梨県に集中しています。そういった意味でも、山梨はとても重要な地域だと言えそうです。僕が訪れた山梨のワイナリーでは、勝沼町の「グレイスワイン」「シャトー・メルシャン」、甲斐市の「サントリー登美の丘ワイナリー」、笛吹市の「ルミエールワイナリー」がとても素晴らしい「甲州ワイン」を造っていました。

知られざる「日本ワイン」の魅力に迫る サントリー登美の丘ワイナリーの甲州ブドウ (C)Lin Weiwen

(次のページに続く)

sweetsholic

,,,,,,,,, | グルメ


気になる国の記事を検索!