> > > タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録

,, | オセアニア・南太平洋,タヒチ,観光

タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録

Aug 5th, 2017

タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録
タヒチ・ライアテア島にあるポリネシア古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」が、2017年7月9日ポーランドのクラクフにてユネスコ世界文化遺産に登録されました。

タヒチは南太平洋の中心に位置し、手つかずの自然やたぐいまれな美しい景観、観光客に温かい人々など、観光地として世界的に有名な場所です。

今回世界遺産登録された「タプタプアテア」のあるライアテア島は、首都パペーテのあるタヒチ島から219km、国内線を利用して45分の場所にあります。ライアテア(RAIATEA)の意味はタヒチ語で「遙かなる楽園」「柔らかな光の空」だそう。名前の意味を聞くだけで、行ってみたくなりますね。

タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録
タヒチには、今も人々の間に息づく独特の文化がありますが、今回のライアテア島のタプタプアテアのマラエ(MARAE)の世界文化遺産認定によって、より多くの方にタヒチの歴史と豊かな文化に興味を持ってもらえる機会となりそうです。

マラエとは、ヨーロッパの宣教師達がこの地に到着する以前、ポリネシア人の祖先が精神的な力の源である『マナ(MANA)』が宿ると信じた何百もの石を並べた神聖な場所だそう。タプタプアテアのマラエは、フランスの海外県として初のユネスコ世界文化遺産になります。

様々な魅力を持つ「ライアテア島」

タヒチ 古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」がユネスコ世界文化遺産に登録
タヒチ島パペーテから国内線で45分、タヒチの島々の中で2番目に大きな経済の中心地「ライアテア島」は、様々なアクティビティを体験できる魅力的な島です。

今回認定されたマラエのある歴史的なエリアに加え、標高1000mの美しく険しい山々と海の両方の魅力を満喫できます。タピオイ山やテメハニ山にあるハイキングコースは緑豊かで、運がよければこの地にしか咲かない花「ティアレ・アペタヒ」という特別な花に出会うことも。

ライアテア島にビーチはあまり多くありませんが、カヤックやボートを利用して数多くのモツ(無人島)の絵のように美しいビーチにアクセス可能です。ここではトロピカル・フィッシュの魚影濃いコーラルガーデンで泳いだり、ヤシの木々に囲まれながらゆっくりと過ごすことができます。

ライアテア島の水深30m程の海底には「Nordby」と呼ばれる難破船を見る事ができるダイビング・スポットがあり、他にもダイバーを魅了する様々なポイントが多くあります。また、多くのヨットやボートチャーター会社の本拠地である重要な拠点でもあるそう。この島を起点に近隣のフアヒネ島や著名なボラボラ島に航海したり、世界屈指の高品質バニラを生産しているタハア島への優雅なセーリングを楽しむこともできます。



タヒチについて
タヒチの島々は南太平洋にあり、日本から国際線直行便で約11時間の距離。手付かずの美しい自然やブルーラグーンに囲まれた118の島々は固有の文化を育み、独特のフレンチ・ポリネシア・スタイルの暮らしを垣間見ることができる。タヒチの島々は白砂のビーチとターコイズ・カラーのラグーンに包まれ、美しい環礁から火山性の山々まで様々な景観を楽しめる。個々の島にはラグジュアリーな水上バンガローのあるホテルや、温かいファミリー経営のペンション、チャーター・ヨットからクルーズ船まで様々な宿泊の選択肢がある。タヒチの島々での滞在にはプライバシーに対する配慮が高く、究極のリラックスと絆を感じる事特別なデスティネーション。タヒチの島々は赤道を挟んでハワイと反対方向にあり、タイムゾーンはハワイと同じ。詳しくは <www.tahiti-tourisme.jp> <www.embracedbymana.jp>で。

[PR TIMES]

TABIZINE編集部

,, | オセアニア・南太平洋,タヒチ,観光


気になる国の記事を検索!