> > > 「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂

,,, | ベルギー,ヨーロッパ,現地レポート,観光

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂

Sep 15th, 2017

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂
ベルギー第二の都市アントワープ。15世紀後半から交易の中心地として栄えたこの港町に、名作アニメ「フランダースの犬」のラストシーンの舞台となった大聖堂があります。

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂
ベルギー北部のフランドル地方に位置するアントワープ。古くから商業の街として栄えた大都市ながらも、中世の街並みも残り華やかな雰囲気が漂います。

「フランダースの犬」のラストシーンの舞台になった、アントワープ聖母大聖堂
街の中心にあるマルクト広場近くに佇む、ゴシック様式が美しい「アントワープ聖母大聖堂」。高さは約123mもあり街のランドマークにもなっています。この大聖堂こそ「フランダースの犬」のあの悲しいラストシーンの舞台なのです。

Nao

,,, | ベルギー,ヨーロッパ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!