> > > > 筋肉にみえちゃう?!サグラダ・ファミリアの新しい楽しみ方

筋肉にみえちゃう?!サグラダ・ファミリアの新しい楽しみ方

Posted by: 今井明子
掲載日: Sep 22nd, 2013. 更新日: Jun 15th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

明るくて斬新な大聖堂

スペインのバルセロナといえば、まず思い浮かべるの「サグラダ・ファミリア聖堂」です。
1882年に着工し、当時31歳だったガウディが建築を引き継いだあと、生涯をこの聖堂に費やしました。未完成ではあるのですが、中に入って見学することができます。

中に入ってみると、他の大聖堂と比べて、自然光をとりいれているので、とても明るいです。
そして、柱の形が独特ですよね。個人的には筋肉というか、関節というか、どうも人体のように見えてしまいます。聖なる大聖堂ですが、筋肉などのまったく違うものと比べてみる、というのも新しいひとつの楽しみ方。

イエス・キリスト像は、まるでパラシュートで天から舞い降りてくるかのよう。

方角によって作風がかわる彫刻

サグラダ・ファミリアでもうひとつ注目なのが、ファサードの彫刻です。
「ファサード」とは、建物の正面のデザインで、こちらは「受難のファサード」。現代的な彫刻です。

一方、反対側は写実的な彫刻です。こちらは「生誕のファサード」。
「受難のファサード」と見くらべてみると面白いですよ!

ガウディは亡くなったのに、サグラダ・ファミリアは未だ建設中です。
完成は2026年を予定しているのだとか。ってことは、144年かかってできた建築ということですね。いやあ、考えられないほど長い時間です。
でも、ドイツのケルン大聖堂は完成までに600年以上かかったといわれています。それを考えると、サグラダ・ファミリアは短いほうなのかも?
ヨーロッパの時間感覚には圧倒されます。

[公式サイト(ユネスコ本部))]

今井明子

Akiko Imai ライター・気象予報士
「団子より花」をモットーに、グルメよりは生き物や絶景を求めて旅するフリーライター。普段は医療系記事・育児&教育系記事・子ども向け科学本などを執筆する傍ら、気象予報士としてお天気教室の講師も務める。共著書に『気象の図鑑 (まなびのずかん)』(技術評論社)がある。

| 観光,ヨーロッパ,スペイン,観光


スペインの観光関連リンク

スペイン・コルドバ郊外のひまわり畑 スペイン・コルドバ郊外のひまわり畑

シーフードパエリア シーフードパエリア
スペイン・アルテア(Altea)「サン・ミゲル通り(carrer Sant Miguel)」 スペイン・アルテア(Altea)「サン・ミゲル通り(carrer Sant Miguel)」
Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」 Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」
Spain Benidorm (スペイン ベニドルム) Spain Benidorm (スペイン ベニドルム)


ビルバオ空港 みやげ ビルバオ空港 みやげ
スペイン バスク ビルバオ スーパー スペイン バスク ビルバオ スーパー
1 2 3 4 5 6 NEXT

#サグラダ・ファミリア



観光 ヨーロッパ スペイン 観光