> > > > 【在住者がイチオシ!】これがあれば、心強い。おススメのアメリカ定番グッズ

【在住者がイチオシ!】これがあれば、心強い。おススメのアメリカ定番グッズ

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

油汚れや頑固なこびり付きもスッキリ綺麗になる ソープパッド

上記のコメットでも落ちない場合、ソープパッド(研磨用鋼綿)が登場。鍋の焦げ付きや、キッチンの油汚れ、バーベキューの金網など、簡単に落ちます。以前住んでいたアパートで、手入れをしていなくて黒く汚れていたウッドフロア(木製の床)は、コレで磨いたら、見違えるように綺麗になりました。強い化学系洗剤と比べ、手アレや身体への影響もなく安心。値段は2-3ドル(店、個数による)。

【在住者がイチオシ!】これがあれば、心強い。おススメのアメリカ定番グッズ
©Brillo Steel Wool Soap Pads

バウンティ ペーパータオル

アメリカの各家庭、オフィス、学校にもあるのが、このペーパータオル。いわゆる雑巾代わりです。食べこぼしや液体こぼれも拭けますし、ガラスや鏡の掃除も出来ます。料理の際、魚の水気を取るのにも便利。小さく切って、カメラのレンズ拭きにも。日本に比べて、アメリカは紙製品が高いのですが、価値ありです。しかも、使用後洗って再使用可能。

【在住者がイチオシ!】これがあれば、心強い。おススメのアメリカ定番グッズ
©Bounty Paper Towel

ダウニー 衣類柔軟剤

アメリカの匂いというのが色々ありますが、そのうちの1つがランドリーから漂うソフトナーの香り。アメリカ人はこの匂いが大好き。郷愁を感じるのかもしれません。イメージ・キャラクターの女の子は、都度変わっており、今までの欧米系から、ラテン系のイメージになりました。ラテン系の増加の反映がここにも?

【在住者がイチオシ!】これがあれば、心強い。おススメのアメリカ定番グッズ
©Downy Liquid Fabric Softner

いずれも、アメリカのどの家庭にも必ずある定番の生活用品です。長く使われているものは、やはり優秀だから。値段が安いのは、販売量が多い為でしょう。アメリカ生活用品マニアに限らず、チャンスがあれば試してみる価値ありですよ。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


, | 豆知識,グッズ,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー 2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー

© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#便利 #生活用品