> > > > 【建築ファンは必見!】メキシコシティ「注目」の現代建築4選

,,,, | 現地レポート,トレンド,メキシコ,中南米・カリブ,観光

【建築ファンは必見!】メキシコシティ「注目」の現代建築4選

ライター: Miho Nagaya
更新日: Apr 12th, 2018

注目の現代建築が集まる町、メキシコシティ



2014年9月2日にメキシコシティ新国際空港Nuevo aeropuerto de la Ciudad de México)建設を、メキシコ大統領エンリケ・ペニャ・ニエトが発表し、その奇抜なデザインが国際的にも注目を集めています。現在のメキシコシティ国際空港のおよそ6倍である4430ヘクタールの広大な土地を使う計画で、候補地にはメキシコシティの隣のメキシコ州テスココ地区が選ばれています。

メキシコシティ新国際空港建設計画発表ビデオ
http://youtu.be/5NOoKNYinsg?list=UU6mqLvJpHIp91lKuJM7_b6A

手がけるのは、空港建築家ノーマン・フォスターのチームである Foster+Pertnersと、メキシコで最も注目される建築家フェルナンド・ロメロが率いるFR-EE(Fernando Romero Enterprise)、そしてオランダの空港建設プロバイダーNACO (Netherlands Airport Consultants)のコラボレーションチーム。
しかし、このゴージャスな空港の建設には地元市民の合意を得ていないことを含めて、いろいろな問題もあり、完成までに時間はかかりそうです。
この新空港デザインを「メキシコにしては、ずいぶん斬新だな」と思う人が多いかもしれませんが、この国はかねてから、近代建築の巨匠ルイス・バラガンをはじめとする革新的建築家を輩出し続ける場所でもあります。
民芸、遺跡、食文化とさまざまな魅力があるメキシコですが、現代建築巡りも、知られざるメキシコを知る経験となるに違いありません。そんなメキシコの注目の現代建築4件を案内していきましょう。

,,,, | トレンド,メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,現地レポート,観光,観光