> > 地球にやさしい!ローソクのヒーターでお部屋もアウトドアもぬくぬく。

地球にやさしい!ローソクのヒーターでお部屋もアウトドアもぬくぬく。

Posted by: 林 美由紀
掲載日: Feb 3rd, 2015. 更新日: Jun 16th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


(C)Indiegogo

1年で一番寒い日である「大寒」は過ぎたものの、2月はまだまだぐんと冷え込む日がやってきますね。

お部屋の中、アウトドアで、みなさんはどのようにして暖を取っていますか。
今回はスタイリッシュでありながら、地球にもお財布にもやさしいヒーターをご紹介します。


Eglooという名のヒーター


(C)Indiegogo

先日、海外のクラウドファンディング「indiegogo」で、目標額の488%を達成した大注目のヒーターが「Egloo」。シンプルな4つのパーツからできており、簡単に組み立てることができます。
ベースの部分に網を置き、4つのローソクを置きます。その上に2つのドーム状のふたを乗せるだけ。電気や石油などを使わないローソクを使ったヒーターができあがります。

1日12円の暖房費!


(C)Indiegogo

それではEglooの使い方をご紹介しましょう。まずローソクに火をつけセットしドーム型のふたを乗せます。

この時内部では小さなドームの中でローソクの火をしっかり温め、温度は140度から180度くらいまで上がります。そして、大きなドームに熱を伝え、そこから外に熱を伝えていくのだそうです。

火をつけたローソクをセットしてから5分ほどすると暖まりはじめ、20平方メートルくらいのお部屋を暖めることができ、30分ほどで周囲の温度を2、3度ほど上昇させます。

ローソク4本で約5時間ほど使用することができるので、1日約10セント(約12円)くらいの暖房費で済むという地球にもお財布にもエコで嬉しいヒーターなのです。


(C)Indiegogo

ドーム型のミニヒーターはインテリアとしてもオシャレ。食卓にあってもいいですね。
そして、アウトドアでも活躍してくれるかもしれません。

クラウドファンディングでは目標以上の支援を受けていて、注目度も高いですね。
製品化が待ち遠しい。早く使ってみたいです!

[Indiegogo]

林 美由紀

Miyuki Hayashi
FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。旅は一人旅派。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。子はボウズ2人。

,, | ショッピング,豆知識,トレンド


ショッピング関連リンク

海鮮てっぺん丼 海鮮てっぺん丼
東京都・祖師ヶ谷大蔵「ウルトラマン商店街」旗 東京都・祖師ヶ谷大蔵「ウルトラマン商店街」旗
ポリコム ピスタチオスプレッド ポリコム ピスタチオスプレッド
大阪府大阪市阪急うめだ本店 大阪府大阪市阪急うめだ本店
福島県・お取り寄せ「ふくしまウェルネスフード」フィトテラピーコーディアル03(水割り) 福島県・お取り寄せ「ふくしまウェルネスフード」フィトテラピーコーディアル03(水割り)
コンビニエンスストア コンビニエンスストア
阪急百貨店 阪急百貨店
食べて、飲んで、旅をして9新大久保 食べて、飲んで、旅をして9新大久保
愛知三河産うなぎ茶漬け 愛知三河産うなぎ茶漬け
無印良品 無印良品
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アウトドア #エコ #クラウドファンディング



ショッピング 豆知識 トレンド