> > > > NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

それでも、なぜニューヨーク?

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける
(C)Hideyuki Tatebayashi

アメリカであって、アメリカでない、「ニューヨーク」。この街は、特別な街なのです。日本にいたらありえない奇跡が起こる街。チャンスは前髪で掴め! そして、上から頭に災難が降ってくる街。NYはジャングル。実生活がまさにサバイバル・ゲーム。毎日生きている手応えを感じますよ。

袖すり合うも他生の縁

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける
(C)Hideyuki Tatebayashi

ふと知り合った人と、ふとしたことで、自分の人生を話す機会があります。日本では、親しい友人にしか話さなかったことを。国が違う、年齢も違う、文化も違う人に、共感を得たり、励ましてもらうことがあります。これは、多民族が集まったNYならではの経験。そんなことを繰り返すうちに、自分の人生をさらけ出すことが、気にならなくなりました。

人の数だけ、異なる人生がある

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける
(C)Hideyuki Tatebayashi

国の政情不安、金融政策による貨幣価値の低下などさまざまな理由で、「国では生活が出来ない」とNYCに来ている人たちが半数近くいます。ここは、移民の国アメリカなのだと思い起こします。「自分の国には将来がない」、「自分の国では働いても働いても、食べていくことが出来ない」など、胸が痛くなるような話を聞く時があります。

誰と比較することもない、自分は自分

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける
(C)Hideyuki Tatebayashi

横並びに「他人と同じ」を求められる日本は正直窮屈でした。なりたい自分になれる街。そして、自由には責任が伴うことも、NYは教えてくれました。

カッコ悪いが、カッコイイ

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける

(C)Hideyuki Tatebayashi

恥をかくことを怖れて、何もチャレンジしないのはカッコ悪いと思うのです。恥をいっぱいかくと、度胸もつくし、人の気持ちも分かるようになります。失敗したところで、“Who Cares?”(誰が気にするっていうのさ)

人の想いがNYを輝かせる

NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける
(C)Hideyuki Tatebayashi

NYの夜景を見たなら、思い出して欲しいことがあります。ひとつひとつの光は、人々の野望、欲望、絶望、涙、吐息、そして希望。ひとりひとりの人生が、この街を輝かせていることを。

ここは天国なのか、地獄なのか? それは自分次第。今日はミリオネア、明日はホームレス。その逆も然り。「NYで生きていければ、世界中のどこででも生きていける」。その言葉に頷きます。

[Photo by Shutterstock.com]

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,,,,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

Canal street Market ペイント Canal street Market ペイント
>Izakaya Samurice >Izakaya Samurice

ヴェッセル1 ヴェッセル1
道中の景色 道中の景色
u-pick後 u-pick後
Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea
Boba Guys Strawberry Matcha Latte Boba Guys Strawberry Matcha Latte


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT