> > > > 飛行機に乗る前に知っておきたい空の意外な豆知識10選

飛行機に乗る前に知っておきたい空の意外な豆知識10選

ライター: FUTA
掲載日: Sep 5th, 2015. 更新日: Dec 9th, 2015

【豆知識】知ってて面白い空の旅10の真実

旅に必要な乗り物として切っては切れないものが飛行機。国内、海外を含めて最近ではLCC便も増え、私たちの空の旅はますます便利になってきましたね。

そこで今回は、そんな飛行機にまつわる知っていると少しタメになる(?)10の豆知識をご紹介したいと思います。


1 最も忙しい国際便は香港ー台湾間

【豆知識】知ってて面白い空の旅10の真実

最も忙しい国際便は香港-台湾間で毎月68万人以上の乗客を移動させており、この数字はニューヨークーロンドン間の航空便の3倍です。

2 最も忙しい国内便は日本の羽田ー新千歳間

最も忙しい国内便はなんと日本の羽田ー新千歳間。毎月およそ100万人近い人たちが飛行機を利用しています。

3 アメリカの最も忙しい国内便の乗客数は35万人

羽田ー新千歳間の100万人近い乗客に対してアメリカで最も忙しい国内便はロサンゼルスサンフランシスコ間の35万人ほどです。

4 今の時点で空には飛行機がおよそ7000便飛んでいる

【豆知識】知ってて面白い空の旅10の真実

この数字はアメリカ国内のもの。今、空を飛んでいる飛行機の数はおよそ7000になるそうです。さすが飛行機大国ですね。

5 飛行機の時速は約900キロ

気になる飛行機の速さはなんと時速約900キロ。高速道路の制限速度の約9倍の速さです。

6 飛行中の外の気温はおよそマイナス18度

飛行機の外の気温はおよそマイナス18度で、飛行機の外はどこでも地上よりも寒いのです。

7 飛行機は実は環境に優しい

【豆知識】知ってて面白い空の旅10の真実

飛行機が排出するCO2は実は世界の年間CO2排出の中でも2%ほど。飛行機はとってもエコな乗り物なのです。

8 飛行機は旅行の方法で最も安全

飛行機の事故率は0.000024%と言われ、100万件に0.24件の事故があるかないかです。マレーシア航空の事件はその事故で761人が亡くなっていますが、それに比べて交通事故では毎年130万人以上が亡くなっています。

9 だけどバッグは結構なくなっている

【豆知識】知ってて面白い空の旅10の真実

2013年には約2180万の手荷物が別便に乗せられ、迷子になりました。1000個につき約7個がなくなるとも言われていますが、現在最新技術で改善中。これからに期待です。

,,,,,,,,, | アジア,アメリカ,北アメリカ,北海道,北海道・東北,台湾,東京都23区,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識,関東,香港・マカオ


アメリカの豆知識関連リンク

【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
アメリカの旅行アドバイザーが警告する5つのこと アメリカの旅行アドバイザーが警告する5つのこと
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】ニューヨークで携帯電話はどうする? 【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】ニューヨークで携帯電話はどうする?
【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの 【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの
入国審査って何を聞かれるの? 厳しい国で審査を切り抜けるコツも伝授 入国審査って何を聞かれるの? 厳しい国で審査を切り抜けるコツも伝授
アメリカの旅行アドバイザーが教える「パスポートのリスクヘッジ」 アメリカの旅行アドバイザーが教える「パスポートのリスクヘッジ」
ありえない!日本人がアメリカ人とのデート中に驚いたこと ありえない!日本人がアメリカ人とのデート中に驚いたこと
内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見 内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT