> > > > 【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

ライター: 藤原亮子
掲載日: Oct 28th, 2015. 更新日: Dec 3rd, 2015


中世の面影を残す美しい町アレッツォ

1997年公開のイタリア映画、世界中を感動の渦に巻き込んだ「ライフ・イズ・ビューティフル」。アメリカのアカデミー賞では、イタリア映画ながら外国映画枠を越え、3部門で受賞を果たした名作です。

そのロケ地となったのがイタリア・トスカーナ州の町アレッツォ。映画で描かれていた中世の面影を残す美しいイタリアの町並みは、映画のセットではなかったのです。映画の世界そのままの美しい町アレッツォをご紹介します。

古き良きイタリア、映画の世界がそのままここに

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

こちらは町の中心「グランデ広場」。

主人公が妻と息子を自転車に乗せてこの広場を一気に駆け抜けるシーン、はじけるように笑う子供の笑い声、愛し合う家族の幸せいっぱいの印象的な場面で、記憶にある方も多いかもしれません。その他たくさんのシーンを撮影したのがこの広場です。

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

撮影場所には、このような撮影記念の看板があり、撮られたシーンの説明とその場面の印象的な台詞が書かれています。「ああ、あのシーンのあの場所!」とすぐ分かるので、見て回るのも楽しくなります。

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

主人公グイドが思いを寄せるドーラのために赤い絨毯を広げるシーンはこちらのドゥオーモ前の階段で撮影。

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

こちらロッジア宮殿の回廊は、グイドとドーラが散歩するシーンに使われています。この散歩の間にドーラはグイドのユーモアあふれる人柄に次第に惹かれていきます。

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

二人の散歩のシーン、その他さまざまなシーンに登場するサン・フランチェスコ広場。

【映画のロケ地を訪ねて】「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台アレッツォ

ドーラが勤める小学校がある設定に使われたパディア広場。

どこも映画で見たままで、撮影箇所を歩くごとに、まるで自分が映画の世界に入り込んだような気がしてきます。

,,,,,,, | イタリア,ヨーロッパ,映画,現地レポート,現地レポート,観光,観光,豆知識,豆知識


イタリアの現地レポート関連リンク

シチリアの富士山!世界遺産「エトナ山」をトレッキング シチリアの富士山!世界遺産「エトナ山」をトレッキング
ギリシアよりギリシアらしい? シチリアの神殿の谷 ギリシアよりギリシアらしい? シチリアの神殿の谷
シチリアの家庭で教わった簡単ブルスケッタと素朴なナスのタルタル シチリアの家庭で教わった簡単ブルスケッタと素朴なナスのタルタル
オシャレなフランス人が訪れる、イタリアのカラフルな街サンレーモ オシャレなフランス人が訪れる、イタリアのカラフルな街サンレーモ
はちみつ色の建物が立ち並ぶ、南イタリアのリゾート地「レッチェ」 はちみつ色の建物が立ち並ぶ、南イタリアのリゾート地「レッチェ」
【イタリアのおすすめ土産】買ってよかった!愛用しているフィレンツェの雑貨 【イタリアのおすすめ土産】買ってよかった!愛用しているフィレンツェの雑貨
【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの 【クイズ】これはなんでしょう? in ヨーロッパで見つけた不思議なもの
今年は4月1日!フィレンツェのパスクア(復活祭) 今年は4月1日!フィレンツェのパスクア(復活祭)
●プチプラ 小さなお土産から、旅の小さなお助けまで、イタリアの「99セントショップ」活用法 ●プチプラ 小さなお土産から、旅の小さなお助けまで、イタリアの「99セントショップ」活用法
フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街、ヴァンティミーリア フランスから10分で行ける、イタリアの国境の街、ヴァンティミーリア
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT