> > > > 【簡単レシピ】フランス人直伝!寒い日に食べたい「じゃがいものグラタン」

【簡単レシピ】フランス人直伝!寒い日に食べたい「じゃがいものグラタン」

Posted by: 北川菜々子
掲載日: Dec 5th, 2015. 更新日: Jan 14th, 2016
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

アルプス山脈に面したサヴォワ地方の冬は大変厳しいことで有名です。サヴォワ地方にはそんな寒い冬を乗り越えるための料理があります。

それはじゃがいものグラタン、タルティフレット。この地方のスキー場やレストランの定番料理にもなっていて、作り方も簡単です。サヴォワ地方出身のフランス人から教わったタルティフレットのレシピを紹介したいと思います。


タルティフレットには欠かせないチーズ・ルブロション

簡単レシピ!フランス人が教えるサヴォワ料理タルティフレット

タルティフレットにはサヴォワ地方のチーズ、ルブロションを使います。この地方では冬が厳しいため、伝統的にチーズ作りが行なわれてきました。

ルブロションとはフランス語で「再び絞る」という意味で、サヴォア地方の地主が搾乳量を調べにきたあとに、絞った乳で作られたチーズだそうです。風味豊かなルブロションはほのかな甘みと塩気があって、比較的食べやすいチーズ。タルティフレットなどのグラタンのチーズとして使うと、グラタンそのものがより味わい深いものとなります。

レシピ(2人分)

じゃがいも 中6つ
玉ねぎ 1つ
ベーコン 2枚
生クリーム
ルブロション(直径9センチのものであれば1つ)

作り方
1 じゃがいもを蒸します。
2 玉ねぎとベーコンを炒め塩こしょうで味を整えます。
3 蒸したじゃがいもを輪切りにして耐熱皿に並べ、2を混ぜます。生クリームをかけてルブロションをのせます。
4 180度のオーブンで20分ほど焼き、黄金色に仕上がればできあがり。

簡単レシピ!フランス人が教えるサヴォワ料理タルティフレット

簡単レシピ!フランス人が教えるサヴォワ料理タルティフレット

ホクホクとしたこのグラタンを食べると身体が温まり、寒さで消耗した体力を回復させてくれます。日本ではなかなかルブロションは手に入り難いかもしれません。他のセミハードチーズで代用してみてもいいかもしれませんね。

[All photos by Nanako Kitagawa]
[雪印メグミルク]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


,,,,,, | グルメ,豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,グルメ,現地ルポ/ブログ,豆知識


フランスのグルメ関連リンク

レバノン料理 レバノン料理


バケツいっぱいにムール貝 バケツいっぱいにムール貝
待ちきれず食べ歩きしました 待ちきれず食べ歩きしました
チーズとはちみつの甘しょっぱい組み合わせが最高! チーズとはちみつの甘しょっぱい組み合わせが最高!
前菜ながら、これだけでお腹いっぱいになるぐらいのボリューム! 前菜ながら、これだけでお腹いっぱいになるぐらいのボリューム!

Marché aux Huîtres de Cancale カンカル牡蠣市場 Marché aux Huîtres de Cancale カンカル牡蠣市場
フランスのアジア料理ブッフェ店にて フランスのアジア料理ブッフェ店にて
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT