> > > こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

2.バガン(ミャンマー)

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

世界三大仏教遺跡の一つに数えられているバガン。10~14世紀のバガン王朝時代に建てられた、「パゴダ」と呼ばれる大小さまざまの仏塔が無数に林立する光景は侵しがたい神聖さを感じさせます。

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

バガンを訪れた人は、バガンが世界遺産でないのを不思議に思います。それは、原型を尊重しない修復方法や保護体制が問題視されたからでした。

1997年の世界遺産委員会でバガンの世界遺産登録が審議されたものの、登録とはならず、世界遺産委員会はミャンマー政府に対し、バガンの保護体制を改善して再推薦するよう要請しました。近い将来、バガンの世界遺産登録が期待されています。

■関連記事
バガン遺跡、数千のパゴダが林立する絶景
https://tabizine.jp/2014/07/12/13972/

【ミャンマー】これぞ世界最大の仏教遺跡!バガン遺跡をレポート
https://tabizine.jp/2015/08/22/44921/

3.ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったといわれる、ドイツを代表する観光スポット。白亜の城と周囲の自然景観との調和が美しく、まるでおとぎの世界のような光景です。

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

19世紀に、バイエルン王国の国王・ルードヴィッヒ2世によって建てられました。18歳という若さで王位についたルードヴィッヒ2世が直面したのが敗戦に伴う多額の賠償金。しだいに王国の権威失墜という現実から逃避するようになります。

そして中世騎士道への憧れを体現するために造ったのがノイシュバンシュタイン城でした。王は、自分の空想を現実のものとするために、贅を尽くし最新の豪華設備を整えた城を建設させたのです。

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

こんなに有名なのに世界遺産じゃない!意外な絶景スポット5選

このような背景から、ノイシュバンシュタイン城はその有名さとは裏腹に、世界遺産に登録されるような歴史的重要性がないと見られているのです。

,,,,,, | 絶景,アジア,ヨーロッパ,中南米・カリブ,ミャンマー,イタリア,ドイツ,ギリシャ,中南米・カリブその他


アジアのミャンマー関連リンク



ミャンマー ヤンゴン モヒンガー ミャンマー ヤンゴン モヒンガー





アジア最後のフロンティア、神秘的な絶景に出会えるミャンマーってどんな国? アジア最後のフロンティア、神秘的な絶景に出会えるミャンマーってどんな国?
日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは? 日本人の口に合う! ピリ辛でコクのあるミャンマー料理の魅力とは?
1 2 NEXT