TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > 一度入ると出られない・・・サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

一度入ると出られない・・・サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

Posted by: 目黒沙弥
掲載日: Jun 17th, 2016. 更新日: Jan 18th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

サンフランシスコの最も有名な観光地のひとつであり、かつて映画にもなりその名を一躍有名にした「アルカトラズ島」。この島が映画化されるほど有名になったのは、この島にある刑務所が理由でした。刑務所といってもここは全米の重犯罪を犯した者が入所する当時もっとも危険な連邦刑務所であり、「絶対に脱獄不可能」と言われたいわくつきの監獄島だったのです。
今回は刑務所にまつわる逸話や観光地としての楽しみ方をお伝えしていきます。


アルカトラズ島のはじまり

一度入ると出られない・・・サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

他の刑務所に収監されても更生することがなかった、犯罪常習者や重犯罪者たちの「最終漂流地」として、このアルカトラズ連邦刑務所は1934年から1963年まで使用されていました。収監されていたのは強盗犯や誘拐犯、銀行強盗犯、脱獄の常習犯などの合計1545名の重犯罪者たち。実は当時アメリカで最大のマフィアの帝王、あのアル・カポネもこのアルカトラズ島に収監されていたというから驚きです。

「絶対に脱獄不可能」と言われたワケ

一度入ると出られない、サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

アルカトラズ島からサンフランシスコ市まではおよそ2.4kmであり、街から島を眺めてみると一見そこまで離れているようにも見えない距離なのですが、実はそこには脱獄不可能とされるトリックが隠されていました。もちろん警護の固さも理由のひとつですが、それ以上に過酷とされたのが島を取り巻く環境です。それは海水が7~10℃の冷たい水温ということ、潮流の流れが早く泳ごうとしてもすぐに流されてしまうという、ふたつの点。その当時脱獄はあまりに過酷で無謀なチャレンジだと思われていたのです。

それでも脱獄を試みた大事件

一度入ると出られない、サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!
(C) Saya Meguro

そんな過酷な脱獄環境でありながらも脱獄を試みた収監者たちは存在しました。なんと過去14件の脱獄事件が発生し、36人が脱獄事件を試みたのです。結果的には射殺事件や溺死事件に発展し無事に脱獄した者はいないと発表されていましたが、ただ三人、脱獄に成功したのではないかと噂される人物がいます。

それはワシントン生まれのフランク・モリスという囚人と彼の指示に従った二人の囚人たち。彼らは夜更けに約二年の歳月をかけて掘った隠し穴から脱獄したのち、自ら作ったイカダに乗り海を渡った、といわれています。一説によると主犯のフランク・モリスはIQが133のかなりの頭脳派だったことも含め謎の多い事件とされ、「アルカトラズからの脱出」という映画の主人公にもなりました。

| 観光,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,観光


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月 ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月
ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月 ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月
ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月
閉業したNew York Marriott East Side 閉業したNew York Marriott East Side
ニューヨークの劇場 ニューヨークの劇場
アメリカ・ニューヨーク市の自由の女神 アメリカ・ニューヨーク市の自由の女神
NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水 NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水
セントラルパーク シープメドウ セントラルパーク シープメドウ
2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー 2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#サンフランシスコ



novicelogo