TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > 一度入ると出られない・・・サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

一度入ると出られない・・・サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

アルカトラズまでの行き方・予約方法

一度入ると出られない、サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!
(C) Saya Meguro

フィッシャーマンズワーフの近くのピア33から専用のフェリーで約15分で、料金はフェリー往復込みの大人33ドルです。窓口でも当日券の購入は出来ますが、インターネットからでも予約は可能です。祝祭日は混むことが予想されるので、なるべく事前にチケットを取っておくと長い列に並ばずに済みます。

実際に見てみると

一度入ると出られない、サンフランシスコの監獄島の実態に迫る!
(C) Saya Meguro

実際に見て回ってみると、当時を再現した牢屋、脱獄を試みた際の実際の銃撃戦の跡や面会所、食堂など、映画でしか見たことのないような生々しくダイナミックな世界がそこには広がっています。

ガイドを雇うのも手ですが、節約派にはオーディオガイド(無料)がおすすめ。日本語版もあるのでガイドを聴きながら自分のペースで島内の施設を十分に堪能することができます。時代が変わっていたら決して足の踏み入れることの出来なかった危険な場所ですが、サンフランシスコへ行く際のお土産話のネタにはぴったりの観光地かもしれませんね。

■アルカトラズ島
住所:Pier 33
営業時間:9am〜4pm(※時期によって夜間営業あり)
価格:大人/33ドル 子ども(5〜11歳)/20.50ドル

[Alkatraz official website]
[脱獄者についての説明文]
[Alkatraz ticket]
[huff post DC(フランク・モリスについての説明文)]
[Photos by Shutterstock.com]

目黒沙弥

Saya Meguro ライター
北海道出身。NZや日本をヒッチハイク縦断してみたり、ヒマラヤに登ってみたり、スペインで盗難に遭ってみたり。とにかくワクワクすることがすき。将来の夢は湖畔のちかくに家を建てて、動物と自然に囲まれて暮らすこと。

| 観光,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,観光


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク





ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月 ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月
ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月 ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月
ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月
閉業したNew York Marriott East Side 閉業したNew York Marriott East Side
ニューヨークの劇場 ニューヨークの劇場
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#サンフランシスコ



novicelogo