> > > > 今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Jul 2nd, 2017.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

世界のグルメが集まると言われるニューヨーク。

しかしながら、ニューヨーク生活が長くなると、実際に美味しいものは限られていることに気づきます。また店の味を守る努力が足りないのか、有名店のベーグル、チーズケーキ、ドーナッツ、ピッツアのNYグルメは「過去には美味しかったもの」に変化しています。

そんな時、メイドインジャパンの頂き物をすると、味のレベルの高さに愕然とします。日本にいた時は、あまりにもフツーすぎてありがたいとも思わなかった(失礼)、文明堂のカステラや三笠山、ヨックモックのクッキーやロイズのチョコレート。「こ、こんなに美味しかったんだっけ??」と、驚愕するのです。

実際にNYでは、ヨックモックのクッキーやロイズのチョコレートは高級菓子として販売されています。しかもヨックモックは、超高級デパートBergdorf Goodman(バーグドーフ)で。いつもいて当たり前と思っていた幼馴染の山田君が、知らぬ間に海外でアイドルデビューしていたような衝撃なのです。

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
(C)PR Times

さて、海外移住の身となれば、忘れられない日本の味があります。

ふるんとした、なめらかな口あたり。ふわりと広がる優しいミルクと卵の味。くどくない、優しい甘さ。ほろ苦いカラメル味がバランスを引き締めて。時々、無性に食べたくなるスタンダードなプリン。

モロゾフのプリンの素晴らしさに、改めて気づくのです。それは、ニューヨークで食べるプリンが、モロゾフのそれとはかけ離れたものだからなのです。


ニューヨークで食べるプリンとは

プリンって欧米から来たものだから、ニューヨークのプリンって美味しいのじゃない? と思うあなたに、ニューヨーク・プリンについて語ってみましょう。

オーバーに甘すぎる

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

ブラジルやコロンビアなどラテン系ベーカリーで売られている、”Flan(フラン)”が、日本のプリンに一番近いものと思われます。ラテン系の大好きな練乳がたっぷり入っているため、かな〜り甘いです。暑さを吹き飛ばすエネルギーは蓄えられそうですが、優しい甘さを求めるには不向きです。

スが入っているのはいかがなものか

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

ニューヨークに来て思ったのですが、日本人以外、「スの有無」って気にしないのかもしれません。”Flan(フラン)”など、たっぷりと「ス」が入っていて、日本のプリンマニアを号泣させるほどです。

固い!

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

高温で焼きすぎているのか、スが入っている上、固め・・プリンの楽しみである、あのフルフル感が味わえません(涙)。味的にはクリームブリュレが近いかと思いますが、あれはクリーム状だし。そういえば日本のプリンのフルフル感って、和食の茶碗蒸しに通じていますね。

カスタードプリン以外が多すぎる

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う

チョコレート・プディング(コッテリねっとり)、ブレッド・プディング(パン)、ライス・プディング(米)、ココナッツ・プディング(ココナッツミルク)、バナナ・プディング(バナナ)などなど、日本人のイメージするプリン以外が多すぎます。

それぞれ美味しいのですが、ねっとりやコッテリやドロドロ系ではなくて、フルフルのカスタードプリンが一番なのよと一言言いたくなりますね。

求めていたのは、コレだった!

https://youtu.be/9k0yIXbT8nI
‪カスタードプリン誕生55周年記念動画‬ / morozoff sp

異国の身ともなれば、こんなものよねと妥協プリンで過ごしておりましたが、上記の動画を見て、「そうだった!」とプリンの真実を思い出しました。

プリンとは、フルフルで、スなんか入ってなくてなめらかで、ふわんと優しい甘さの卵とミルクの味。容器を逆さまにして、上手にお皿に出せた時の嬉しさ。モロゾフのプリンこそが、日本人の求めるプリンの王道なのだと。自分を騙していたけれど、プリンってこうでなきゃ!

今、ニューヨークでモロゾフのプリンに勝てるプリンはないと思う
(C)PR Times

モロゾフのカスタードプリンは、2017年で誕生55周年だそうです。半世紀以上、日本のプリンの顔として君臨しているのですね。どんなにオシャレなプリンが出てきても、王道のスタンスは変わらないでしょう。値段が手頃なのも、気軽に食べたい消費者のスタンスに立ってくれていますね。

モロゾフの回し者ではないですが、今ニューヨークでモロゾフに勝てるプリンはないと思います。ニューヨーカーだって、きっと同意しますよ。日本のあなたも、改めて良さを見直してみてください。

[モロゾフ夏のプリンキャンペーン2017開催!]
[photos by shutterstock.com]

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,グルメ,現地ルポ/ブログ


アメリカのグルメ関連リンク

u-pick後 u-pick後
Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea Yifang Taiwan Brown Sugar Milk Tea
Boba Guys Strawberry Matcha Latte Boba Guys Strawberry Matcha Latte

Reading Terminal Market フィラデルフィア サンドイッチ Reading Terminal Market フィラデルフィア サンドイッチ
ポップケーキ ポップケーキ
デルタ航空 エコノミークラス 朝食 デルタ航空 エコノミークラス 朝食
各国かっぱえびせん 各国かっぱえびせん
デルタ航空 ディナー  デルタ航空 ディナー 
偽コアラ きんくま 偽コアラ きんくま
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ニューヨーク #プリン #モロゾフ