> > > > 【動画あり】いまNYで話題沸騰のスプレーアートが魔法みたい!

, | 現地レポート,アメリカ,北アメリカ,豆知識

【動画あり】いまNYで話題沸騰のスプレーアートが魔法みたい!

ライター: 目黒沙弥
更新日: Jun 15th, 2017

【魔法みたい!】いまNYで話題沸騰中のスプレーアートって?

ストリートパフォーマーの聖地、NY。そんなハイレベルパフォーマーが集まるNYで、いま一際注目を浴びているひとつののストリートパフォーマンスがあります。それは「スプレーアート」という、紙とスプレー、そしていくつかのツールだけで絵を完成させてしまうというもの。まさしく「神業」といわれるそのパフォーマンスとは一体どういうものなのかご紹介します。


■あわせて読みたい
街のあちこちで出会えるNYの「ウォールアート」が超クール
https://tabizine.jp/2015/09/26/46828/



スプレーアートって?

【魔法みたい!】いまNYで話題沸騰中のスプレーアートって?
(C) facebook/New York Spray Paint Street Art

スプレーアートというのは缶スプレーをボール紙に吹きかけて絵を描くアートのこと。これだけ聞くとかなり簡単なことのように思えますが、実際にはスプレーの噴射の強弱、色味などをしっかり計算した上で使いこなす技術が必要とされ、その技の完璧な習得までには数年かかるといわれています。

用意するもの

【魔法みたい!】いまNYで話題沸騰中のスプレーアートって?
(C) facebook/New York Spray Paint Street Art

必要とされるものは日曜大工などで使うようないたって普通の缶のスプレーと、ボール紙、そして缶スプレーの蓋、ナイフ、タオルなど。ツールは人によって変わってきます。主にスプレーの蓋は円状の対象物を描くときに有効に活用することができ、ナイフは建物などを描くときに、そしてタオルは色味を薄めるために使われているようです。日常に溢れているなんでもないようなものが、スプレーアートには必要な主役級のツールなんです。

, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,豆知識,豆知識