TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > 「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Jul 7th, 2016. 更新日: Jan 18th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ニューヨークのファッション界で知らない人はいないファッション・フォトグラファー、ビル・カニンガム。自分の信念を通し、生涯現役を通したニューヨーカーでした。

2016年6月25日彼の訃報が流れ、ニューヨーク中が悲しみました。

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C) Hideyuki Tatebayashi


NYタイムスで40年間働く

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C) Hideyuki Tatebayashi

NYタイムスの“On the street”のストリート・スナップを40年間撮り続けました。ストリートで彼がカメラを構える姿は、ニューヨークの風物詩だったと言えるかもしれません。実際に、ニューヨークのLiving Landmarks (生きるランドマーク)を2009年に受賞しています。

ビル・カニンガムのファッション

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C) Hideyuki Tatebayashi

彼をストリートで見つけるのは、なんとも簡単でした。何故ならば、通年ブルーのジャケットを着用、30年以上乗っている自転車がトレードマークだったからです。
筆者と同居人ストリート・スナップ撮影時、鮮やかなブルーのジャケットをストリートで見かけると、「あ、ビルが来た」と嬉しかったものです。

金なんか微々たることさ。自由と権利こそが価値あるものだ

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C) Hideyuki Tatebayashi

生涯独身、ミッドタウン カーネギーホール上にあるキッチン、トイレなしの狭いスタジオ(アパート)に長年住んでいたそうです。アパートを埋め尽くすのは、ネガフィルムが詰まったキャビネット。あとは、寝るための簡単なベッドがあるだけ。今まで撮影したネガフィルムが彼の財産でした。

「カメラで擦れても平気な、丈夫なもの」という理由で選んだブルーのジャケットは、パリの清掃員の着る作業着だそうです。

「金なんか微々たることさ。自由と権利こそが価値あるものだ。」ビル・カニンガム(青山沙羅 意訳) 
“Money’s the cheapest thing. Liberty and freedom is the most expensive.”

ニューヨークのファッション・ウィークの顔

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
女優のヴィクトリア・ジャスティス(Victoria Justice)と 
(C) Hideyuki Tatebayashi

年に2回行われるニューヨーク・コレクションのファッション・ウィークでは彼の姿を毎回見かけました。長年ストリート・スナップを撮り続ける彼がカメラを向けると、セレブやファッション関係者は立ち止まってポーズします。自分のファッションが彼の目にとまることは、最高のステータスなのです。

【You Tube】New York Fashion Week 2015 Bill Cunningham The New York Times

私たちは皆、彼のためにお洒落したのよ

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
2015年9月オスカー・デ・ラ・レンタのコレクションに登場したアナ・ウィンター
(C)Hideyuki Tatebayashi

映画「プラダの悪魔」のモデルとされる、アメリカン・ヴォーグの編集長アナ・ウィンター。泣く子も黙る、アメリカのファッション界の大御所です。他のセレブと違って、メディアのために、立ち止まったり、微笑んだりすることはありません。シャネルのサングラスで武装し、足早に歩み去っていきます。

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C)Hideyuki Tatebayashi

そのアナ・ウィンターに、「私たちは皆、ビルのためにドレスアップしたの」と言わせています。「ビルは、気に入らないドレスだと無視するのよ」。彼女は、彼のためにだけ立ち止まり、微笑むのです。

ニューヨークタイムスによると、ヴォーグから拠出される彼女の年間服飾費は200,000ドル(約20,503,600円)と言われます。

ファッション・フォトグラファーの憧れの存在

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
ビルと英国ファッション・フォトグラファー (C)Hideyuki Tatebayashi

ニューヨークのファッション・ウィークには、全米はもちろん世界中からファッション・フォトグラファーが集まります。ストリート・スナップの草分けである彼は、ファッション・フォトグラファーの憧れの存在であり目標。「Hi、ビル」と皆が声をかけ、敬意を表していました。

ファッションはストリートにある

「私たち誰もが彼のためにお洒落したの」とヴォーグ編集長に言わせた、ファッション・フォトグラファー
(C)Hideyuki Tatebayashi

【You Tube】BILL CUNNINGHAM NEW YORK official US trailer

ドキュメンタリー映画 Bill Cunningham New York (2010)
制作期間10年のうち、8年間は彼を説得するのにかかった期間だそうです。

生涯現役でニューヨークのファッションを50年間撮り続けたフォトグラファーは、87歳脳卒中で逝去。内輪だけで行われたお葬式には、アナ・ウィンターも出席しました。

ストリートでは、バーグドーフ(超高級デパート Bergdorf Goodman)に近い交差点あたりが彼のお気に入り。その付近で撮影していると、彼によく出会ったものです。「Hi、ビル」「私たちは、あなたを尊敬しているわ」と声をかけると、手を上げて応えてくれました。でも、カメラを向けると「俺は撮る立場で、撮られる立場じゃないんだよ」とでもいうように背中を向けたものです(苦笑)。頑固で、いつもひとりで、変わり者のニューヨーカー。自転車に乗って現れる、時代を切り取ったアーティストでした。

ニューヨークのストリートで、ファッション・ウィークで、きっとブルーのジャケットを着た彼の姿を探してしまうでしょう。そして彼のいないことに改めて気づき、淋しく思うことでしょう。写真に、ファッションに、ストイックに人生を捧げた彼の情熱が、ニューヨークの街から消えてしまったことを。

Bill, All of us really miss you.

[Bill Cunningham, Legendary Times Fashion Photographer, Dies at 87NY Times]
[Fashion & Style|NY Times]
[On the street|NY Times]
[Bill Cunningham New York (2010)]

[All photo by Hideyuki Tatebayashi]

※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク





ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月 ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月
ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月 ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月
ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月
閉業したNew York Marriott East Side 閉業したNew York Marriott East Side
ニューヨークの劇場 ニューヨークの劇場
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#アナ・ウィンター #カメラマン #編集長



novicelogo