> > > > 日本と海外のことわざの違い4選。ことわざで国民性がわかる!?

日本と海外のことわざの違い4選。ことわざで国民性がわかる!?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

まずはやってみよう!(フランス)

ことわざで国民性がわかる!?日本と海外のことわざの違い5選

「転ばぬ先の杖」ということわざがあるように、日本には何かを始めるときには「準備」というものをとても大事にする風潮があります。一方でフランスには「鍛冶屋になるのは,鉄を鍛えながらだ。」ということわざがあり、これは「準備をしたり基礎を習うよりもまずは感覚をつかむことが大事」という意味が隠されています。

これはフランス内でも特に有名なことわざで、人々の気質だけではなく仕事面などにもこのことわざは反映されているようです。日本のようにマニュアルがあまりないフランスでは、新しい挑戦の積み重ねで感覚を掴んでいくことが仕事をうまくこなす最大の秘訣なのだとか。

思ったことは口に出そう!(イタリア)

ことわざで国民性がわかる!?日本と海外のことわざの違い5選

「口は災いの元」ということわざがあるように、沈黙こそが状況を打破する一番の策だという考え方がある日本。ではイタリアはどうでしょう。実はイタリアには「口に出さなければ神様も聞き届けようがない」、という真逆の意味をもつことわざがあるんです。

この意味は言葉通り、「言いたいことははっきりと意思表示すべきであり、そうしない限り一生自分の意見など伝わらない」ということ。陽気でおしゃべりが大好きな国民性をよく表したことわざですね。

, | 豆知識,北アメリカ,アメリカ,豆知識


アメリカの豆知識関連リンク

レディー・ガガ レディー・ガガ


Bryant Park ホリデーマーケット Bryant Park ホリデーマーケット



日本語で知りたい現地情報 日本語で知りたい現地情報
空港や観光スポットで話しかけてくる人を相手にしない 空港や観光スポットで話しかけてくる人を相手にしない
ニューヨーク タイムズスクエア派出所 ニューヨーク タイムズスクエア派出所
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ことわざ #日本



豆知識 北アメリカ アメリカ 豆知識