> > > 【旅好きなら知っておきたいランキング】WiFi接続が便利なのはどこの国?

【旅好きなら知っておきたいランキング】WiFi接続が便利なのはどこの国?

ライター: 坂本正敬
掲載日: Nov 21st, 2016.

最近では自分のデジタル機器を国外に持ち出して、旅先で使う人が多くなりました。

そうなってくると諸外国で自由に使えるフリーの公衆無線LANが重要になってきますが、最も無線LANを使いやすい国はどこなのでしょうか?

4位はハワイ!【WiFi接続が便利な旅先】1位はアジアのあの国
そこで今回はICT総研が行った公衆無線LANサービス利用者動向調査から、最もwifiの使いやすい国、利用者の満足度が高い国をランキング形式で紹介したいと思います。


同率第5位:アメリカ本土と韓国(66.6)※カッコ内は満足度ポイント

4位はハワイ!【WiFi接続が便利な旅先】1位はアジアのあの国
同率第5位はアメリカと韓国。

上述の調査は最近1年で海外の公衆無線LANを使った人に、その満足度を聞いたアンケートになりますが、アメリカ本土と韓国が66.6ポイントを獲得して第5位に入りました。

やはりアメリカでは、本場のスターバックスコーヒーとマクドナルドで自由に公衆無線LANを使える点が心強いですよね。

例えばスターバックスコーヒーなら、Googleとスターバックスが手を組んだ公衆無線LANが誰でも自由に使えます。SSIDは「Google Starbucks」。マクドナルドの場合は「attwifi」ですね。

もちろん国際空港でもOK。例えばロサンゼルス国際空港の場合、空港内でSDDI「LAX Free Wi-Fi」をチョイスすれば、自由にアクセスできます。

同じく5位の韓国も公衆無線LANが発達した国。

個人的には旅行者が自由に使える公衆無線LANが意外に少ない印象もありましたが、今回のアンケートでは見事にランクインを果たしました。まだまだ知らない接続スポットがある様子。

韓国のスターバックスコーヒーでは、日本と同じく事前の登録作業を終えれば、接続できるようになります。

第4位:ハワイ(68.9)

4位はハワイ!【WiFi接続が便利な旅先】1位はアジアのあの国
次はハワイ。基本的にアメリカ本土と同じく、スターバックスコーヒーやマクドナルドで公衆無線LANを使えます。

さらにレストラン、商業施設など使える場所がたくさん。

中にはハワイのアップルストアで公衆無線LANに接続してインターネットを利用し、そのまま出てきてしまう達人も居ると聞きます。アップルユーザーは参考にしたいですね。

, | アジア,アメリカ,オセアニア・南太平洋,オーストラリア,グアム,サイパン,シンガポール,ドイツ,ミクロネシア,ランキング,北アメリカ,韓国,香港・マカオ


北アメリカのアメリカ関連リンク

NY ヘンリ・ベンデル  NY ヘンリ・ベンデル 
MoMA福袋 MoMA福袋
ニューヨーク ロックフェラープラザのクリスマスツリー ニューヨーク ロックフェラープラザのクリスマスツリー
ニューヨーク ユニオンスクエア 夜のホリデーマーケット ニューヨーク ユニオンスクエア 夜のホリデーマーケット
ニューヨークバーグドーフ ホリデーウィンドウ ニューヨークバーグドーフ ホリデーウィンドウ
SEPHORA SEPHORA
アグリーセーター売り場 アグリーセーター売り場
220137-20 220137-20
銀座おのでら ニューヨーク店 銀座おのでら ニューヨーク店
Sandraさん提供写真 東京豪徳寺 Sandraさん提供写真 東京豪徳寺
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#wifi #無線LAN