> > > > 世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた【イミグレ体験記】

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた【イミグレ体験記】



緊張感ある緩衝地帯

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

緩衝地帯を通過中。荒野が広がります。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

厳しい雰囲気を醸し出す監視台。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

こちらでバスが一時停止。係の人が乗り込んできて「別紙」を回収。

いよいよイスラエル側イミグレに

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

ついにイスラエル側イミグレに到着。すんなり入国できる人もいれば、何時間も待たされることもあるという噂のイミグレ。筆者のパスポートはアラブ諸国のスタンプだらけで、敵対国のシリアビザまであったのでかなり不安でした。

世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた

最初の窓口で荷物&ボディチェック。普通のベルトをしていたのですが、まるで小型爆弾でも探すような様子でじっくり調べられることに。その後パスポートにこののシールを貼られました。

そして入国審査。パレスチナ人用とその他外国人用に分かれていました。外国人用の入国審査官はいかにも性格キツそうな女性。

入国に関する質問では、「なぜ、No Stampなの?」「なぜ、オマーンに住んでいるの?」「なぜ何度もアラブの国に旅行してるの?」「なぜひとり旅なの?」「なぜシリアのビザがあるの?」「なぜイスラエルに友達がいないのに、旅行するの?」「ホテルは予約してあるの?」「観光以外の目的はあるの?」など噂通りものすごい質問攻めに合うことに。おそらく人生で最も「Why〜?」と聞かれた日でした・・・。

その後女性審査官はパスポートを持ってどこかへ行ってしまい、筆者はしばらく放置されることに。10分後戻ってきたと思ったら、突然笑顔で「OKよ! 旅行楽しんでっ!」と別紙にスタンプをバシッと押したのです。

あれこれ質問攻めしたわりには、最後はあっけなく入国審査が終了。ちょっと拍子抜けでした(笑)。

次のページではエルサレムの「嘆きの壁」へ向かいます。

,,,,,,,, | イスラエル,ヨルダン,中東,旅のハウツー,現地レポート,現地レポート,現地レポート


イスラエルの現地レポート関連リンク

旅漫画「バカンスケッチ」【6】エルサレムの願掛け 旅漫画「バカンスケッチ」【6】エルサレムの願掛け
世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた 世界一厳しい陸路国境越え!?ヨルダンからイスラエルに入国してみた
【旅人SNAP】観光局の人にお国自慢してもらいました!パレスチナ編 【旅人SNAP】観光局の人にお国自慢してもらいました!パレスチナ編
1