> > > アメリカ一長い島。知る人ぞ知る「ウィッビーアイランド」で穏やかな時間を

アメリカ一長い島。知る人ぞ知る「ウィッビーアイランド」で穏やかな時間を

ライター: トゥルーテル美紗子
掲載日: Dec 13th, 2016.

アメリカ北西部、シアトルの約50キロ北に浮かぶウィッビーアイランド。「アメリカで一番南北に長い島」と言われています。

島では、シアトルの喧騒が嘘のように穏やかな時間が流れています。都会のビル群に疲れたら、ちょっと足を延ばしてみませんか。シアトルから日帰りで行ける、楽しい島旅をご提案します。


島へはフェリーで。ムキルテオ波止場から約20分の船旅


アメリカ一長い島。知る人ぞ知る「ウィッビーアイランド」で穏やかな時間を
島への移動手段は車が一番便利です。旅人はレンタカーで向かいましょう。シアトルのダウンタウンからハイウェイI-5を北上し、ムキルテオ波止場へ。30分に1本出ているフェリーに乗り込みます。

フェリーの船旅はたったの20分ほど。フェリーを囲む波しぶきやカモメに見とれていると、いつの間にか島のクリントン波止場に到着しています。

フェリーの運航スケジュールはこちら

運転は難しい、という方もご安心を。シアトルの空港からシャトルバスが出ています。詳しくはこちら

内海のビーチでまったり

アメリカ一長い島。知る人ぞ知る「ウィッビーアイランド」で穏やかな時間を
ウィッビーアイランドは、入り組んだ湾(ピュージェットサウンド)の中に位置しています。そのため波が穏やかで、海が荒れることはありません。ゆったり波に揺られたい、という方にはぴったりのビーチがたくさんあります。

アメリカ一長い島。知る人ぞ知る「ウィッビーアイランド」で穏やかな時間を
ビーチに流れ着く流木で工作をしてみたり、石ころや貝殻を集めてみたり。童心に返って楽しむことができます。3月~4月頃にはホエールウォッチングができ、7月頃にはボートレースも開催されるそう。

(次のページに続く)

,,,, | アメリカ,北アメリカ,絶景


北アメリカのアメリカ関連リンク

入国審査って何を聞かれるの? 厳しい国で審査を切り抜けるコツも伝授 入国審査って何を聞かれるの? 厳しい国で審査を切り抜けるコツも伝授
アメリカの旅行アドバイザーが教える「パスポートのリスクヘッジ」 アメリカの旅行アドバイザーが教える「パスポートのリスクヘッジ」
ありえない!日本人がアメリカ人とのデート中に驚いたこと ありえない!日本人がアメリカ人とのデート中に驚いたこと
内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見 内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見
ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと ありえない!日本人がアメリカの温泉街で驚いたこと
大人だけのお楽しみ「真夜中のパンケーキ」【ニューヨーク ローワーイーストサイド】 大人だけのお楽しみ「真夜中のパンケーキ」【ニューヨーク ローワーイーストサイド】
JAL国際線エコノミークラス【機内食ルポ】東京(成田)〜ニューヨークの機内食。日本発は「空の上のレストラン」 JAL国際線エコノミークラス【機内食ルポ】東京(成田)〜ニューヨークの機内食。日本発は「空の上のレストラン」
【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装 【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装
JAL国際線エコノミークラス【機内食ルポ】ニューヨーク〜成田の機内食 JAL国際線エコノミークラス【機内食ルポ】ニューヨーク〜成田の機内食
【NYCでトレンド】歩きながら食べられる「お散歩パスタ」 【NYCでトレンド】歩きながら食べられる「お散歩パスタ」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アメリカ 北アメリカ 絶景