> > > > 【インタビュー】ウィンドウ・ディスプレイは私の天職!夢を叶えに来たニューヨーク

【インタビュー】ウィンドウ・ディスプレイは私の天職!夢を叶えに来たニューヨーク

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ディスプレイをしている時は、楽しくてしょうがない

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク

杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●ウィンドウ・ディスプレイとは具体的に何ですか?

ウィンドウ・ディスプレイは、消費者と商品をつなぐ夢の扉です。商品の魅力を表現することにより、消費者がガラス越しに商品の世界に入り込み、ワクワクする気持ちになること。お買い物はやはり夢で、楽しくなきゃいけません。

●ウィンドウ・ディスプレイの仕事が天職の理由を教えてください。

大好きだからですかねー。ディスプレイしている時は、楽しくてしょうがない。

●どういったきっかけでこの仕事に入りましたか?

スタートはファッション系でした。コムデギャルソン(comme des garcons)が大好きで販売員をしていましたが、店長にディスプレイする仕事があると聞き、そっちがやりたいなあと興味を持ちました。

●どうやって、ディスプレイのノウハウを学びましたか?

師と仰ぐ人について、3年間勉強しました。

最終電車まで仕事をしたことも

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク

杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●仕事の大変な点を聞かせてください。

大変な点は体力です。ディスプレイの作業をするのは営業終了後で、徹夜になることも。最終電車まで仕事をして、早朝にまた続きをすることもありましたよ。

●日本ではどういったディスプレイを手がけましたか?

デパートは、松屋銀座、銀座三越、西武ほか。カタログ撮影用には、オンワード樫山などです。日本では弟子が二人いました。

ニューヨークを選んだ理由

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク

Bergdorf Goodman Holiday Window 2013
(C)Hideyuki Tatebayashi

●ニューヨークを選んだ理由とは

ずばり、世界最高峰の高級デパート バーグドーフ・グッドマン(Bergdorf goodman)がニューヨークにあるからです。

バーグドーフのホリデー・ウィンドウは観光客のみならず、ニューヨーカーも楽しみにしている夢のウィンドウですね。

ウィンドウ・ディスプレイの最高峰です。

●ニューヨーク、パリ、日本における違い、比較

ニューヨークはゴージャス、パリは芸術性が高いです。日本は予算が優先順位の先になり、予算がなくなるとディスプレイは後回しになるのが悲しいですね。

●ニューヨークでの目標

バーグドーフ・グッドマン(Bergdorf goodman)のウィンドウをやること。ウィンドウの担当者に、交渉しています。

●ウィンドウ・ディスプレイで生活はしていけますか?

日本では生活出来ていました。デコレーターは何でも屋みたいな感じのところがあり、物撮りやカタログもやっていました。現在はブルックリンの店のディスプレイをやっていますが、生活のため他の仕事もやっています。

(次のページに続く)

, | インタビュー,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク


© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#NY #バーグドーフ・グッドマン