> > > > 【簡単レシピ】フランス初夏のデザート「クラフティ」

【簡単レシピ】フランス初夏のデザート「クラフティ」

ライター: sweetsholic
掲載日: Jul 30th, 2017.

季節の移ろいを感じる和菓子。今の時期なら、涼しげな水まんじゅうや寒天菓子などでしょうか。日本と同じように四季のあるフランスにも、季節ならではのデザートがたくさんあります。


初夏を代表するデザート「クラフティ・オ・スリーズ」


夏を代表するデザートといえば、アイスやソルベはもちろんですが、ジューシーなあんずをたっぷり焼き込んだ「タルト・オ・アブリコ」や、今回ご紹介する「クラフティ(Clafoutis)」も定番。今の時期であれば、フランス人のお宅でも、現地のレストランでも登場頻度の高いデザートです。


クラフティは、牛乳と卵がベースの生地にフルーツをたっぷり焼き込んで作ります。基本的にどんなフルーツで作ってもOKですが、当地で夏によく食べるのは、チェリーを使った「クラフティ・オ・スリーズ」。牛乳と卵、砂糖と薄力粉を混ぜた生地にチェリーをどっさり入れて焼くだけ、という手軽さです。生地のほんのりした甘さとチェリーの酸味で、いくらでも食べられそうなおいしさ! もっちりした食感も、私たち日本人好みかもしれません。

知人宅のお庭でスリーズ狩り! (C)sweetsholic

フランス南部ではスリーズが自宅で採れる家庭も珍しくないことや、マルシェやスーパーで安価で購入できること、誰でも失敗なくできる点が、人気のヒミツなのでしょう。


このように、スキレットで作ってもかわいくできますよ。

続いて、クラフティのレシピをご紹介します。



,,,,, | グルメ,グルメ,フランス,ヨーロッパ,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ


フランスのグルメ関連リンク

221899-02 221899-02
219032-04 219032-04
ブルーチーズとイチジク ブルーチーズとイチジク
219868-03 219868-03
ワイン 乾杯 ワイン 乾杯
214177-04 214177-04
211374-04 211374-04
ありえない!日本人がフランスの食文化で驚いたこと5選 肉がない!? ありえない!日本人がフランスの食文化で驚いたこと5選 肉がない!?
ありえない!日本人がフランスのレストランで驚いたこと ありえない!日本人がフランスのレストランで驚いたこと
現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方 現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT