TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > 【NY在住者が教える】アメリカの洗濯機・コインランドリーの使い方と注意

【NY在住者が教える】アメリカの洗濯機・コインランドリーの使い方と注意

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Aug 30th, 2017. 更新日: Sep 2nd, 2017
1人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【NY生活初級編】アメリカのコインランドリーの使いかた
(C)Sara Aoyama

ニューヨーク生活が始まって、行き当たる問題は言葉の壁や文化の違いだけではありません。

その中のひとつには、住居に洗濯機がないためランドロマット(Laundromat コインランドリー)へ行って、「コレ、いったいどうやって使えば良いのよ??」と途方に暮れることも含まれます。

ニューヨークシティでは一戸建ての家が少なく、ほとんどが集合住宅。アパートは築100年以上のものが多く、水回りの配管が整備されていないため、各個人で洗濯機を持つことが出来ません。通称ガラガラ(カートのことを日本人はこう呼ぶ)に洗濯物を詰めたランドリーバッグを押し込み、雨の日も、風の日も、雪の日もランドロマットに通います。6階建くらいのアパートは、エレベーターなしが多いので、更に階段の上り下りの苦行が加わります。

郊外の一戸建て、マンハッタンの高級コンドミニアム(超高級マンション)にはランドリーが備え付けられています。またアパートによっては、地階にランドロマットがある場合もあります。しかしながら、ほとんどの一般庶民はガラガラを引いてランドロマット通いをしているのです。


ランドロマットでの洗濯の仕方

【NY生活初級編】アメリカのコインランドリーの使いかた
(C)Sara Aoyama

筆者は機械オンチゆえ、ランドロマットが苦手でした。どこから洗剤を入れるのか、いくら入れればいいのか、どうやって支払えば良いのか、洗濯時間はなどと考えると頭が痛くなりました。アメリカの機械は表示が不親切で分かりにくく、洗濯機や乾燥機はエリアやランドロマットによって異なるのです。

このランドロマットは写真左右が大きさの異なる洗濯機、写真奥が乾燥機(Dryer)です、右手前の台は、乾燥した洗濯物を畳む台です。

まず洗濯機

【NY生活初級編】アメリカのコインランドリーの使いかた
(C)Sara Aoyama

洗濯機の洗剤の投入口は、機械により異なります。上写真は機械のトップにあります。蓋を開けてみると、注入口があります。

写真のように、洗剤(粉末と液体の2箇所)と柔軟剤(液体柔軟剤と漂白剤の入り口2箇所)に分かれているので、該当箇所に注入。この機械の場合は下が洗剤、上が柔軟剤です。もし間違えても、いずれは洗濯機に入るので大勢に影響はないと思われます(多分)。

洗濯機を選ぶ時は、ドアがきちんと閉まるか、前の人の洗濯物(靴下がへばりついていること多し)が残っていないか確認しましょう。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


,,, | 旅のハウツー,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装 東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装

2022年8月13日 ハドソンヤードからハイラインはスタート 2022年8月13日 ハドソンヤードからハイラインはスタート
2013年5月3日 ウォール街 2013年5月3日 ウォール街
1904年 Mock Duck 1904年 Mock Duck





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ニューヨーク #入れ方 #時間 #洗濯機