> > > > ライターほど素敵な商売はない? 私がTABIZINEライターになったきっかけ【旅をしながら働く】

ライターほど素敵な商売はない? 私がTABIZINEライターになったきっかけ【旅をしながら働く】

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

書くことでお金になればねえ

ライターほど素敵な商売はない? 私がTABIZINEライターになったきっかけ【旅をしながら働く】

幾年月を経て、ニューヨークに拠点を移しました。長く友人だったNY在住の男性が「この人以上に惜しいものは日本にはない」存在に変化したからです。一緒に生きることを決めたら、日本の生活はサッサとたたみ、荷物の99%は捨てて身軽になり渡米。未練も、迷いも残りませんでした。

ニューヨークに移ってからも、引き続きブログにニューヨーク生活を書き綴っていました。ブログで広告等収入が得られるらしいのですが具体的な知識もなく、「書くことがお金になればいいのにねえ」などとぼんやり考えていました。そんなある日、あるファッション系ウェブサイトの女性編集者が拙ブログを発見してくれ、「記事を書く気はないか」と聞いてくださいました。それが、プロとしての一歩でした。

私は書きたい

ライターほど素敵な商売はない? 私がTABIZINEライターになったきっかけ【旅をしながら働く】

テーマも文字数も縛りはなく、月3本のコラムを1年ほど自由に書かせていただきました。青山沙羅のペンネームはこの時代に思いつきで付けたのですが、今に至るまで気にいって使用しています。見出してくれた女性編集者は1年後、他の有名ファッション媒体に移っていきました。彼女がいなくなった後は編集方針が変わり、アッサリとクビになってしまいました。

今読み返すのも恐ろしいほど不出来なコラムだったと思いますが、クビになったことは悔しく、ライターとして書きたいという思いが強くなりました。
やられっぱなしでは悔しい、私は書きたい、ライターになると思い、「ライター募集」をしている媒体を探しました。その時見つけたのが旅系ウェブマガジン“TABIZINE”で、立ち上げて2か月ほどしか経っていない新しい媒体でした。ニューヨーク在住のライターがいなかったことも幸いし、運よく採用されました。今だったら、相手にされなかったかもしれません。

ライター修行は、英語学校で

ライターほど素敵な商売はない? 私がTABIZINEライターになったきっかけ【旅をしながら働く】

今でも「てにをは」が混乱し、句読点の場所に迷っている程度なので、編集の方にはだいぶご迷惑をおかけしていると思います(冷や汗)。いつもありがとうございます。

ホームページ、ブログなど文章を書くのは好きでしたが、きちんとライターの勉強をしたことはありません。文章を書くことを実際に学んだのは、ニューヨークの英語学校の“エッセイ(Essay 小論文)”のクラス。日本語でも作文は難しいのに、英文でエッセイの宿題を出されて半泣きの毎日。

テーマは「身近なもの」「自分のよく知っているもの」「実際にあったこと」を書きなさいと教わりました。家族、友人、自分の国、自分、趣味について。自らの経験こそ共感を得やすく、リアリティがあるのですが、他者を含めたプライバシーや過去、自分自身のコンプレックス・傷について触れなくてはならず、一番難しいとも言えます。

英語学校のエッセイのクラスは強烈な印象が残っており、精神面も含めライターとしての基礎を学んだ場所でした。

,,,,,, | 特集,豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,旅をしながら働く,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー 2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー

© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe

© Kasumi Abe © Kasumi Abe

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT