> > > 意外な結果?世界の若者世代が住みやすい街ランキングBest5!

,,,,,, | オランダ,ドイツ,ベルギー,ポルトガル,ヨーロッパ,ランキング

意外な結果?世界の若者世代が住みやすい街ランキングBest5!

ライター: 倉田直子
更新日: Apr 12th, 2018

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
「ミレニアル世代」(Millennial Generation)という言葉をご存知ですか? これはアメリカ発の造語で、2000年代に成人や社会人になる世代を指す言葉。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、現時点では30代以下の若者世代を意味しています。

ベルリンを拠点とし、欧州内の様々な国の物件を取り扱う不動産サイトNestpicksが、「ミレニアル世代が住みやすい街ランキング」を作成してくれました。就職しやすさ、住宅、ナイトライフの充実度など、16項目にわたる詳細な調査の末、世界中の都市から若者世代が住みやすい都市30か所をランキングにまとめています。今回は、そのうちの上位5都市をご紹介したいと思います。

第5位:アントワープ(ベルギー)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
「若者が住みやすい都市第5位」に選ばれたのは、西ヨーロッパのベルギー最大の都市アントワープ(Antwerpen)。この街はどの調査項目も平均的に高い点数をつけられているのですが、Best5位に入っている全ての都市の中で一番「アップル・ストアが充実している」(Apple Store Rank / 10点満点中8.40点)と評価されています。

そして同じく、「インターネットの速度」(Internet Speed Score)も5都市の中で一番良い(8.30点)のだとか。ミレニアル世代は、幼少期からインターネットに触れてきた「デジタルネイティブ」ともいわれる人々。アップル・ストアは、そんな彼らにとって住みやすさの象徴的な存在でもあるのでしょう。

逆に「観光」(Tourism Score / 2.70点)および「食費の手ごろさ」(Food Ranking / 2.70点)が低い点数をつけられていました。

第4位:リスボン(ポルトガル)

意外な結果?世界の「ミレニアル世代」が住みやすい街ランキングBest5
第4位は、欧州大陸大西端のポルトガルの首都リスボン(Lisbon)。ここは、5位のアントワープとは逆に「食費の手ごろさ」(8.80点)と「ビール価格の手ごろさ」(Beer Ranking / 8.90点)が高い評価を得ています。

そして評価が低かったのは、「雇用」(Employment Score / 1.00点)に関して。リスボンは「観光」でも7.00点の高評価を得ているので、仕事よりも「安くて美味しい食事とビールにしたづつみを打ちながら、美しい街を観光するように生活する」のに向いているのかもしれません。

次は第3位です!

,,,,,, | オランダ,ドイツ,ベルギー,ポルトガル,ヨーロッパ,ランキング