TABIZINE > 関東 > 埼玉県 > 観光 > 90万人が来場!地元民に聞く関東三大祭り「川越まつり」の楽しみ方ガイド

90万人が来場!地元民に聞く関東三大祭り「川越まつり」の楽しみ方ガイド

Posted by: 坂本正敬
掲載日: Oct 4th, 2017.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

90万人が来場!地元民に聞く【関東三大祭りの1つ川越まつり】ガイド

埼玉県の川越は、「小江戸」という呼び名でこのところ大人気の観光地となっています。川越市によれば、平成28年は年間700万人以上が訪れたとか。

TABIZINEも過去に「地元民が太鼓判!小江戸・川越で訪れたい絶品のうなぎ屋3選<」「地元民おすすめ!川越に行ったらはずせない食べ歩きグルメ3選」などで取り上げてきた人気のスポットですね。

その川越が一年で最もにぎわう瞬間が、川越まつり。川越氷川祭の山車行事として国の重要無形民俗文化財に指定されており、ユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統の都市祭礼です。

平成29年度は10月14日(土)、15日(日)に開催されます。今回は川越の地元の方々や川越市観光課に、川越まつりの見どころや楽しみ方を聞いてみました。

 


そもそも川越まつりとはどんな祭?

90万人が来場!地元民に聞く【関東三大祭りの1つ川越まつり】ガイド

(C)川越市提供

そもそも川越まつりとは、どういった祭りなのでしょうか? 公式パンフレットを見ると、当時の川越藩主が1648年に、地元の氷川神社に獅子頭やみこしなどの祭礼道具を寄進したところから歴史が始まるそう。その後、江戸との交流の中で江戸の祭りの影響を受け、巨大な山車(だし)が引き回されるようになったと言います。

山車とは、車輪付きの台座の上に2階建ての建物を組み上げた移動式舞台。

<祭礼の時、種々の飾り物などをして引き出す車。屋台>(『広辞苑』より引用)

とあります。「だし」という言葉には、出し物の意味があるそう。1階の部分では地元の方が笛、太鼓、かねを演奏し、その音に合わせて、てんぐ、おかめ、たぬきなどのひょうきんな面をつけた子どもが踊ります。

この山車が平成29年は21基、景観に優れる蔵の街を昼夜と引き回されるのですね。毎年90万人ほどが押し寄せる、関東三大祭りの1つになります。

次は最大の見どころをご紹介!
 

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


,,, | 観光,関東,埼玉県,観光


埼玉県の観光関連リンク

おさるのジョージキッチンカーメニュー例 おさるのジョージキッチンカーメニュー例
Roppongi Hills Christmas 2022 Roppongi Hills Christmas 2022
大阪府大阪城 大阪府大阪城
埼玉県長瀞ライン下り 埼玉県長瀞ライン下り

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫1 Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫1
日本のお茶づくし2022・秋イメージ 日本のお茶づくし2022・秋イメージ
埼玉県・両神山麓花の郷ダリア園 埼玉県・両神山麓花の郷ダリア園


1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

#お出かけ #イベント #無料 #見どころ



観光 関東 埼玉県 観光