TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > ありえない!日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜シャワーキャップは雨具!?〜

ありえない!日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜シャワーキャップは雨具!?〜

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Oct 7th, 2017.
5人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは

ニューヨーカーは雨が降っている時でも、豪雨でない限り傘をさしません。ニューヨークにも雨季らしきもの(初夏と秋には雨が多い)はあり、降水量が少ないわけではないのです。

では、なぜニューヨーカーは傘をささないのでしょう。


ニューヨーカーが傘をささない理由

高層ビルが多いためビル風が強く、傘がさせない
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは

マンハッタンは高層階のオフィスビルやホテルが多く、ビル風が強烈。風で1-2回煽られると、傘はおちょこになり、あっという間に壊れてしまいます。ストリートのゴミ箱に壊れた傘が多く打ち捨てられているのは、雨の日のお馴染みの光景。地下鉄駅が勤務場所の直ぐ近くにあることもあり、傘を持っても壊れてしまうくらいなら「傘なんて持たなくてもいい」というニューヨーカーが多数。

傘の品質が低く、壊れやすい
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
(C) Hideyuki Tatebayashi

アメリカで売られている傘は、悲しいほど品質が悪いものが多いです。傘を多く売るために、全米傘組合がワザと壊れやすく作っているのではと疑うほど。何年も使えるほどの丈夫な傘はなく、日本の傘の品質の良さを再認識します。

ビーチパラソル並みに巨大な傘
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは

アメリカ人は大柄な人も多いですが、傘も大きいです。筆者が初めて見た時、「これはビーチパラソルかゴルフ場用の傘では?」と思いました。しかもレインボーカラー等のド派手なもの。服は濡れないかと思いますが、携帯するには嵩張りすぎます。

だって面倒くさいし
ありえない! 日本人が雨の日のニューヨークで驚いたこと〜ニューヨーカーの驚きの雨具とは
(C) Hideyuki Tatebayashi

まあ、一番の理由は「面倒臭い」ということでしょう。天気予報で雨の予想が出ると折り畳み傘を携帯する、几帳面な日本人とは文化や国民性がまったく異なります。多少の雨ぐらい気にしない、というところでしょうか。

次はニューヨーカーの驚きの傘代用品をランキングでご紹介。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装 東京都渋谷区・「Fat Witch Bakery 代官山(東京)」内装

2022年8月13日 ハドソンヤードからハイラインはスタート 2022年8月13日 ハドソンヤードからハイラインはスタート
2013年5月3日 ウォール街 2013年5月3日 ウォール街
1904年 Mock Duck 1904年 Mock Duck





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#体験談 #実話 #文化ギャップ #海外の反応