> > > > ありえない!日本人が海外で驚いた出来事勝手にランキング〜着メロが◯◯?〜

ありえない!日本人が海外で驚いた出来事勝手にランキング〜着メロが◯◯?〜

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

第2位:ノンストップで折り紙(中国の学生)

ありえない!日本人が海外で驚い出来事、勝手にランキング!

18歳の中国人学生の話です。折り紙が趣味のようで、バスで移動する間、みんなで飲んでいるとき、そして授業中もずっと折り紙を折っていました。小さな折り紙で、鶴だったり星だったり、いろいろ作っています。先生が、ストップ、ストップ! といっても全く効果はなく、いつの間にか容認になっていました。

一度花の折り方を教えて欲しいと言われたのですが、知らなかったので、YouTubeの活用をすすめたら喜んでくれました。

折り紙を折り続けるのには理由があり、お世話になった人々の留学最終日に贈るという目的があったそうです。沢山の作品を箱に入れてプレゼントしているようでした。筆者も、どの箱がいいのか訊かれましたが、折り紙の国から来た日本人だし、せっかく作った折り紙は他の文化圏の人にまわしてあげてと遠慮しました(みんなには冷たい対応だと思われましたが)。

第1位:着メロがコーラン(サウジアラビアの学生)

ありえない!日本人が海外で驚い出来事、勝手にランキング!

選択の授業が終わったとき、サウジアラビアから来た30代の薬剤師の携帯が鳴ったんです。大音量の歌声がいきなり響き渡ったので思わず笑ったら、「コーランですけど!」とちょっとむっとされてしまいました。着メロという扱いをしてもいいものだったんですね。

英語力が下の方のクラスにいると、コミュニケーションはお互い困難です。でも中東の男性はみんなとてもおしゃべり。彼は相当なマシンガントークで強い訛りで話すので、みんな聞き取れませんでした。文末に「あ?!」と付けてくるのも、確認の意味で使っているようでしたが、なかなかコミカルに響きました。

むこうからしたら、こっちが訛っていて分からないこともあったのでしょう。全然違う話をしていたのに、おすすめレストランの情報をくれて、結果的にその後そのレストランに通うことになったこともあります。

結局彼は先生の前で授業内容をボロカスにけなし、あっという間に違う語学学校に行ってしまいました。

※写真はすべてイメージです。
[All Photos by shutterstock.com]

鳴海汐

Shio Narumi ライター
イタリアはフィレンツェとタオルミーナの料理留学、イギリスはウエストン・スーパー・メアとケンブリッジの花留学を経て、現在はロンドンと神奈川を行ったり来たり。飛行時間の大幅短縮が実現するよう、心から科学の進歩を願う水瓶座。


,,, | ランキング,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,イギリス,現地ルポ/ブログ


イギリスの現地ルポ/ブログ関連リンク

オックスフォードのショッピングセンターの様子 オックスフォードのショッピングセンターの様子
Beef burger Beef burger
ラベンダーハンドソープ ラベンダーハンドソープ





リンツ・リンドールのチョコレート リンツ・リンドールのチョコレート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#体験談 #実話 #文化ギャップ #海外の反応