TABIZINE > ヨーロッパ > ドイツ > 【ランキング】世界でもっともストレスの少ない都市Best5はどこ?

【ランキング】世界でもっともストレスの少ない都市Best5はどこ?

45人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

第5位:ミュンヘン(ドイツ)

【ランキング】世界でもっともストレスの少ない都市Best5

「世界のストレスの少ない街」第5位に選ばれたのは、ドイツ第三の都市ミュンヘン(Munich)。採点された17項目の中で、ミュンヘンが高く評価されたのは「家族当たりの購買力」(Family Purchasing Power/1.00点)、「安全度」(Perception of Security/1.24点)、「失業率」(Unemployment/1.72点)の3項目。世界有数の自動車メーカー BMW の本社があるミュンヘンは雇用に恵まれていて、家族当たりで自由に使えるお金もたくさんあるようです。そして街が豊かだと窃盗や殺人などの犯罪も減るので、自己防衛のためのストレスが少なくてすむのでしょう。

そんなミュンヘンの中で最低評価だったのは「騒音公害」(Noise Pollution/9.15点)。何の騒音なのかの特定はされていませんが、「人口密度」(Density/5.71点)と「交通渋滞」(Traffic/4.20点)もミュンヘンの中では低評価なので、人の多い都会特有の騒音なのかもしれません。

第4位:ベルン(スイス)

【ランキング】世界でもっともストレスの少ない都市Best5

第4位は、スイスのベルン(Bern)。ベルンの中の最高点をつけたのは「緑地の割合」(Green Space/1.12点)でした。市の面積の33.5%が森林だと言われているので、納得の評価ですね。その次点の1.18点で「安全度」、「民族の平等度」(Race Equality)、「公共交通機関」(Public Transport)の3項目が同率2位になっています。安全で移動もしやすく、出自によって差別を受けないなんて最高の環境ですね!

ただし、そんなベルンも「騒音公害」(9.88点)と「光害」(Light Pollution/8.79点)という厳しい点がつけられています。なかなか完璧な街はありません。

倉田直子

Naoko Kurata ライター
オランダ在住ライター。元バックパッカーの旅行愛好家。2004年に映画ライターとしてデビュー。2008年、北アフリカのリビアへ移住後に海外在住ライターとして活動スタート。2011年から4年間のUKスコットランド生活を経て、2015年夏にオランダへ再移住。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0758JCDTM/


,,, | ランキング,ヨーロッパ,ドイツ,スイス,ルクセンブルグ


ヨーロッパのドイツ関連リンク

ドイツ・ノイシュバンシュタイン城 ドイツ・ノイシュバンシュタイン城

レーゲンスブルクの街並み夕暮れ レーゲンスブルクの街並み夕暮れ
ボートツアー ボートツアー


ヴェルテンブルク修道院2 ヴェルテンブルク修道院2


ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」 ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

観光 豆知識