> > > > マリメッコのアメニティも。フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗ルポ

マリメッコのアメニティも。フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗ルポ

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

プラス70ユーロで足元に余裕ができる!

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート

フィンエアーの長距離路線でも、成田ーヘルシンキ便はエアバス社の「A350」という最新機材を使用しています。新しい機材ということもあり、機内はピカピカ。天井も高く、圧迫感を感じない作りなのも良いところです。

今回、筆者がヘルシンキの往復で搭乗したのもこの「A350」で、このエコノミークラスの前列部分が「エコノミーコンフォート」というクラスになっています。

フィンエアーのエコノミーコンフォートの特徴は、公式サイトによると以下の通り。

・8~13cm広いレッグルーム
・座席は、エコノミークラスの前方4列または5列に配置されます(機種によって異なります)。
・使い心地のよいヘッドレスト(A350を除く)
・ファーストクラスのお客様とご一緒に搭乗/降機
・長距離便のみ:ノイズキャンセリングヘッドホン
・長距離便のみ:パーソナルアメニティキット(マリメッコの「キヴェット」模様のコットンバッグに耳栓、アイマスク、靴下、歯ブラシと練り歯磨きをご用意)
・Wi-Fi1時間無料(ワイドボディー機)

通常のエコノミーよりも足元が「8~13cm」も広いというのは嬉しいですね! フィンエアーでは予約クラスによって座席指定が有料になるのですが、エコノミーコンフォートは、筆者が予約をした時点では70ユーロ(約7500円)だったので、早速往復で予約をしてみました。

当日、ビジネスクラスの次の優先搭乗で機内に案内されます。早めに席にいけるのもよいですね。早速座席を探してみると・・・。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート

これがエコノミーコンフォートの座席です。写真を見ただけだとちょっとわかりにくいですね。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート

横から見ると、足元の広さはこれくらいあります。この席のすぐ後ろが通常のエコノミークラスなので、足元が広いのがわかっていただけるのではないでしょうか?

実際に席に着いてみると。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート

足の前方にかなりの余裕が! 筆者は身長155cmで、通常のエコノミークラスだと前の席に膝がついてしまいそうなことが多いのですが、今回は全くそんなことはありませんでした。

たったプラス70ユーロで快適旅!フィンエアー「エコノミーコンフォート」搭乗レポート

こんな風に、余裕で足も組めちゃいます! 前方のポケットに水のペットボトルを2本入れてても問題ありません。これは嬉しいですね!

続いては「エコノミーコンフォート」だけの特別なアメニティを紹介!

,, | 旅のハウツー,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フィンランド,現地ルポ/ブログ


フィンランドの現地ルポ/ブログ関連リンク

マンミ マンミ
ボリューム満点 ボリューム満点
ムーミンカフェ ムーミンカフェ
2階からの大階段 2階からの大階段

2階の展示スペース 2階の展示スペース
アモス・レックス外観 アモス・レックス外観
マリメッコの紙ナプキン マリメッコの紙ナプキン
ミトンの手袋とスパイク付きブーツ ミトンの手袋とスパイク付きブーツ
サンタクロース サンタクロース
1 2 3 4 5 6 NEXT

#エコノミークラス #フィンエアー #マリメッコ