> > > > 豊橋カレーうどんって普通とどう違うの?なんとアレとアレが中に・・・!?

,, | グルメ,中部,愛知県

豊橋カレーうどんって普通とどう違うの?なんとアレとアレが中に・・・!?

ライター: 石黒アツシ
更新日: Apr 12th, 2018

愛知県の豊橋はテレビドラマ「陸王」のロケ地としても有名。B級グルメで盛り上がる「豊橋カレーうどん」と伝統料理「菜花田楽」、チョコレートバー「ブラックサンダー 黒い雷神」も豊橋出身です。豊橋からおいしいものを現地ルポ。

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。


豊橋グルメはジャンルがいろいろ!

愛知県の豊橋市は東京からなら新幹線で最短84分。名古屋の手前、浜名湖を越えたらもうすぐです。東海道の宿場町として、昔から産業が発展した街。駅前の商店街には活気があります。映画やドラマのロケ地としても実は有名なんですよ。2月には奇祭「鬼祭り」で町中が盛り上がり、9月には巨大な花火を抱える勇壮な「手筒花火」が有名です。

そんな豊橋でおいしいものといえば、B級グルメで盛り上がる「豊橋カレーうどん」と伝統料理「菜花田楽」。チョコレートバー「ブラックサンダー 黒い雷神」も豊橋出身です。

一見普通のカレーうどん

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
豊橋の40以上のうどんを出す店で楽しめるのが、この「豊橋カレーうどん」。そのPRキャラクターYeah! Rō (イエロー)君は、全身が「カレー色」で、うどんの食感を表現した「もっちり」した顔つき。さらに、「豊橋の味は俺たちが作る!」というキャッチコピーの下、豊橋カレーうどんを作っている2代目、4代目のイケメンを集めた「華麗なるイケ麺衆」という企画も展開中です。

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
豊橋駅構内の観光案内所には「豊橋カレーうどん」のパンフレットがあって、お店がカレーうどんの写真付きで紹介されています。その中から自分の好みと気分に合わせて選んでみましょう。今回は、老舗のうどんそば処「勢川本店」でいただきました。こちらは油揚げと豚肉がたっぷりの、比較的シンプルなバージョンです。

カレーうどんの下にこっそり隠れている白いコンビネーション!

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
その「豊橋カレーうどん」の5か条がこちらです。


1.自家製麺を使用する。
2.器の底から、ごはん・とろろ・カレーうどんの順に入れる。
3.豊橋産ウズラ卵を使用する。
4.福神漬けまたは壺付け・紅しょうがを添える。
5.愛情をもって作る。


注目は2番目。ごはんととろろが入っているのが「豊橋カレーうどん」。食べ進めている途中で、知らずに出てきたらかなりびっくりしそうですが、実際には店内のメニューやポスターに、その「秘密」が書かれているので、そんなことないんですけどね。

とろろの口当たりが滑らかで、とってもいいんです。それに、そのとろろが下のご飯をほどよくガードしているので、あまりカレーの汁が染みこみすぎることもなく、自分なりに混ぜながら食べることができます。なるほど、考えられています。ご飯ととろろは別盛りでもいいような気もしますが、それだと一体感が薄らいでしまうと思います。

そして大事な味。おいしいんです。このコンビネーションが楽しいんです。

菜花田楽は三河のおいしい味噌で旨い。

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
愛知の味噌といえば八丁味噌に代表される、黒く熟成した赤みそです。一般に赤みそというと、茶色の味噌をさすのですが、この地方では黒い色のものをそう呼びます。

串に刺した豆腐を直火で表面がちょっと硬くなるくらいに焼いて、味噌だれと辛子でいただくのが豊橋の田楽です。中はまだフルフルな食感!

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
炊いたご飯に大根の葉を細かく切ったものを混ぜ込んだ菜飯はとってもシンプルです。そこに、串から外した田楽をのせて食べます。菜飯と甘辛い味噌が、またおいしい。

江戸時代から200年続く老舗「きく宗」でいただきました。昔は東海道を行く旅人たちも食べた味。歴史を感じつつも、ヘルシーで嬉しい逸品です。

ブラックサンダーは世界を目指す。

【B級グルメと伝統料理】豊橋でカレーうどんと菜花田楽!黒い雷神?そして「陸王」のロケ地。
日本のチョコレートバーといえば「ブラックサンダー 黒い雷神」です。今ではコンビニは必ず置かれているこの商品も豊橋出身。最近では、海外のマーケットにも積極的に進出していて、2019年にはインドネシアに現地工場を作るらしいですよ。

そうそう、豊橋には市電が走っているんです。たまにこんなデザインの車両に出会えます。

映画やドラマのロケ地としても人気!

2017年の暮れに盛り上がったテレビドラマ「陸王」のロケ地になったのが豊橋。その他にも「新宿スワン」や「ヴァンパイア ホテル」も撮影されました。また、毎年豊橋映画祭(2018年は3月)も開催される、ロケのまち・映画のまちです。

B級グルメと伝統料理を楽しめる歴史と映画の街。東京からなら日帰りも可能な豊橋です。

[ええじゃないか豊橋/豊橋カレーうどん]

勢川本店
住所: 豊橋市松葉町3丁目88番地
電話番号: 0532-54-0614
定休日: 毎週月曜日・第三月火曜日
営業時間: 11:00~19:30

きく宗
住所: 豊橋市新本町40
電話番号: 0532-52-5473
定休日:毎週水曜日(月に1回連休あり)
営業時間: 11:30~15:00 17:00~19:30(オーダーストップ)(材料等が売り切れになって閉店の場合あり)

[All photos by Atsushi Ishiguro]

石黒アツシ

Atsushi Ishiguro ライター&フォトグラファー
旅するフードフォトグラファーです。そして、食生活について考えて、レシピを開発して料理もします。「おいしいものをおいしく伝えたい」をテーマに、世界のおいしいものを食べ歩き、写真におさめて、日本で再現し、みなさんと一緒に食べたいというのが、私のビジョンです。


,, | グルメ,グルメ,中部,愛知県