> > > 【春の一人旅どこへ行く?】 経験者がおすすめする都道府県ダントツ1位は?

,, | 北海道,ランキング,北海道・東北

【春の一人旅どこへ行く?】 経験者がおすすめする都道府県ダントツ1位は?

ライター: 青山 沙羅
更新日: Apr 12th, 2018

一人旅経験者のおすすめ都道府県ランキング、一人旅で行ってみたい都道府県ランキング、一人旅で必ずしたいことランキングなど、一人旅にまつわるお役立ちランキングをご紹介。圧倒的人気だった第一位の場所の見どころ、グルメもあわせてチェック!

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

ひとり旅を考えているあなた。 さて、どこへ行きましょうか。せっかく出かけるのですから、評判の良い楽しめるところが良いですね。

だったら、経験者に聞いてみるのが一番。国内宿泊予約サイト「マイナビトラベル」は、311名の会員に2017年9月「国内のひとり旅に関するアンケート」を行いました。

ひとり旅で行ってみたい都道府県と経験者おすすめの都道府県の第1位は、 圧倒的人気でこの都道府県でした。


ひとり旅人気は北海道がダントツ1位

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)PR TIMES

人気の京都や沖縄を抜いて第1位となったのは、北海道でした。北海道は広くて、自然に溢れ、美味しいものがたくさんありますね。写真映えスポットも多く、納得の第1位です。

ひとり旅で必ずしたいこと

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)PR TIMES

ひとり旅をする際に「これは必ずしたい!」と思うことは、「1位:食べ歩き(17.8%)」「2位:スパ・温泉(13.9% )」「3位:定番観光地へ行く(11.1%)」「4位: 神社仏閣へ行く(10.3%)」「5位:風景写真を撮る(8. 2%)」。

その土地の美味しいものを食べることが、第1位でした。TABIZINEでも、グルメ記事は人気が高いので納得ですね。次点は、温泉でした。定番観光地は最優先事項ではなく、第3位。

第1位の北海道。北海道といっても広く、魅力的な場所は数え切れません。今回はアクセスが良く、女性ひとりでも回りやすい札幌の人気スポットをご紹介しましょう。

さっぽろライラックまつり

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

涼しい札幌はライラックが育つのに適しており、札幌の木に指定されています。「さっぽろライラックまつり」は札幌の初夏を告げるイベント

長い冬が終わり、屋外で飲食や散策を楽しめる季節のイベントとして市民にも人気。1959(昭和34)年に始まり、2017年度開催では691,000人も来場しています。大通公園には、約400本(白30本、紫系370本)のライラックがあり、札幌が春の香りで満たされます。大通公園7丁目のワインガーデンでは、北海道産ワインと北海道の食材を使ったご馳走が味わえます。初日にはライラックの苗木プレゼントもあるので、自宅に札幌の香りを持って帰ることもできますよ。ライラックの森がある白石区の川下公園でも行なわれます。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

さっぽろライラックまつり

大通会場:2018年5月中旬以降(未発表 詳細は公式サイトにてご確認ください)
住所 :大通り会場 大通公園西5-7丁目
電話 :011-281-6400
入場料:無料
公式サイト:http://lilac.sapporo-fes.com

札幌グルメ


札幌には美味しいものがいっぱい。札幌発祥のグルメも多く、胃袋がひとつでは足りないほどです。

とうきびワゴン
【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

4月下旬から10月中旬までの期間限定登場の「とうきびワゴン」。使用しているのは道産とうもろこしで、「やき」「ゆで」の2種類があります。気持ちの良い屋外で、のんびりとうきびを齧るのも旅の楽しみ。ぜひ、食べたいですね。

札幌ラーメン
【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

札幌といえば、味噌ラーメン発祥の地。本場の味を食べずして帰れませんね。「元祖さっぽろラーメン横丁」は17店舗、「札幌ラーメン共和国」は8店舗が集まっているので、食べ比べるのも良いかもしれませんね。TABIZINE記事「寒いからこそ食べたい!札幌のポカポカ味噌ラーメンおすすめ2店」も参考にしてくださいね。

元祖さっぽろラーメン横丁

住所:札幌市中央区南5条西3丁目6 N・グランデビル1階
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる
入場料:無料
公式サイト:http://www.ganso-yokocho.com/

札幌ラーメン共和国

住所:札幌市中央区北5条西2丁目エスタ10階
電話番号:011-209-5031
営業時間:11:00~22:00(LO21:45)
定休日:年中無休
入場料:無料
公式サイト:http://www.sapporo-esta.jp/ramen

スープカレー
【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

スパイスが効いたサラサラのスープカレーも、札幌発祥のグルメ。きらめくようなスープカレーの名店が多くありますが、TABIZINE記事『寒空の中で並んでも食べたい!札幌「GARAKU」のスープカレー【北海道】』も参考にしてみてくださいね。

二条市場
【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

北海道といえば、新鮮な魚介類。現地で食し、お土産にも持って帰りましょう。札幌市内中心部にある二条市場は、アクセスの良さが人気で観光客を集めています。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

市場の過ごし方は、ようこそさっぽろの「市場をより楽しむコツ」が参考になりますよ。

市場をより楽しむコツ

1.試食は遠慮なく。

市場で販売しているほとんどの商品は試食できます。イクラなどの加工品は店によって味付けが異なるので、じっくり食べ比べてお気に入りを探しましょう。試食だけでお腹いっぱいになってしまうかも?

2.店員さんに何でも気軽に相談を。

商品の選び方、発送、おいしい食べ方など、気軽に店員さんにご相談を。市場が賑わう午前8〜11時以降は商品も少なくなるので、早起きして出かけるのがおすすめです。

3.海鮮土産一番人気のカニは、水槽の活ガニから選ぶのがおすすめ。

店内の水槽で泳いでいるカニの中から選んだ1匹を、発送日に合わせて茹で上げてくれるので鮮度抜群。自分が選んだカニとともに記念撮影をするのも一興。茹で上げたものを選ぶ時には、持ってみてずっしりと重いのが、身がしっかり詰まっている証です。

ようこそさっぽろ「市場を楽しむコツ」より引用
http://www.sapporo.travel/choose/keywords/sapporo-nijo-market-curb-market/

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

二条市場

住所:札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目
電話番号:011-222-5308
営業時間:7時~18時
飲食店街:6時~21時 ※店舗により異なる
定休日:無休
公式サイト:http://nijomarket.com/

新鮮なビールが飲める!サッポロビール博物館

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

札幌の観光スポットで一番人気を誇る「札幌ビール博物館」。蔦の絡まる赤レンガの建物は、素敵な雰囲気を醸し出しています。出来立てのビールの試飲(有料)も出来ますよ。絶対飲んでみたいですよね。

TABIZINE記事『ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる/現地特派員レポート』で詳しく現地レポしていますので、参考になさってください。

サッポロビール博物館

住所:〒065-0007 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1
電話番号:011-748-1876 
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休(ただし、12月31日を除く)
入館料:無料
公式サイト:http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

白い恋人パーク

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

札幌銘菓「白い恋人」の石屋製菓の本社であり、同社製品が楽しめる施設。アクセスは札幌から地下鉄で約40分程度。札幌を訪れたのなら、ぜひ足を伸ばしたいですね。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

製造ライン。2018年4月1日(日曜日)~2019年5月末(予定)まで、リニューアル工事のため白い恋人製造ラインが見られないので注意を。ライブではなく、映像で見られるようですよ。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。
(C) PR TIMES

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。
(C) PR TIMES

「白い恋人」の製造工程を見学できるお菓子のテーマパーク。定番の「白い恋人」はもちろん、白い恋人パーク限定商品が購入できるショップや、ソフトクリームが買える売店、スイーツが味わえるカフェなどがあります。

TABIZINEの現地ルポ記事『ドイツの雰囲気が味わえる「白い恋人パーク」の「白い恋人ソフト」がおいしい!』も参考になりますよ。

白い恋人パーク

住所:札幌市西区宮の沢2-2-11-36
電話番号:011-666-1481(9:00~18:00)
営業時間:9:00~18:00(最終入館受付 17:00まで)
入園料:白い恋人製造ラインの見学、お菓子作り体験工房、チョコレートラウンジの利用は入館料が大人600円。
売店での買物や中庭の見学のみは無料。
公式サイト:http://www.shiroikoibitopark.jp

カラフルなお花に春を感じる 国営滝野すずらん丘陵公園

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

国営滝野すずらん丘陵公園は北海道で唯一の国営公園。ウィンタースポーツの冬が終わると、春を待ちかねた花が鮮やかな色のパレットを広げます。
57品種のチューリップが春を描く「虹の丘」。例年見頃は5月中旬以降のようです。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

公園の名に冠された可憐なすずらんも見たいですね。例年見頃は6月上旬。ひとり旅でも、札幌中心部の駅から地下鉄とバスの乗りつぎ(目安1時間ほど)で行けるので安心。400haの広大な敷地の公園でたっぷり自然に浸れます。

国営滝野すずらん丘陵公園

住所:札幌市南区滝野247番地
電話番号:011-592-3333
営業時間
春4月20日~ 5月31日 9:00~17:00
夏6月 1日~ 8月31日 9:00~18:00
秋9月 1日~11月10日 9:00~17:00
冬12月23日~ 3月31日 9:00~16:00
入園料:410円(15歳以上)
公式サイト:http://www.takinopark.com

藻岩山 夜景

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

2015年10月一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー等が主催した夜景サミットにおいて、長崎、神戸と並んで「日本新三大夜景」に選ばれた札幌。爽やかな北海道の澄み切った美しい夜景。15分間隔で無料シャトルバスが出ているので、ひとり旅でも行きやすいのも嬉しいポイントです。ただし、暗い中では警戒を怠らず、人気(ひとけ)のない場所へ行かないよう注意が必要です。

藻岩山ロープウェイ

住所:〒064-0942 札幌市中央区伏見5丁目3番7号 
電話番号:011-561-8177
夏季営業 :10:30~22:00(上り最終21:30)
冬季営業 :11:00~22:00(上り最終21:30)
公式サイト:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/

定山渓温泉

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

札幌からアクセスしやすい温泉、定山渓温泉。ひとり旅で必ずしたいことの2位である温泉はここで叶えましょう。

札幌からバス(かっぱライナー号)で60分ほど、ひとり旅でも行きやすいですね。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

無色透明のお湯は、浸かった後肌がしっとりとして、筆者も印象に残っている温泉です。

【春のひとり旅どこへ行く?】 経験者がすすめる都道府県ダントツ1位は。 (C)一般社団法人札幌観光協会 

ひとり旅でも宿泊可能、日帰り利用も出来ます。

ひとり旅で泊まれる定山渓温泉の宿泊施設

定山渓周辺の一人旅 じゃらん
https://www.jalan.net/type/hitori/010000/lrg_010300.html

楽天トラベル 定山渓一人旅向け人気温泉旅館・ホテルランキング
https://travel.rakuten.co.jp/ranking/onsen/hokkaido/jozankei_0007_0_1_0_0.html

定山渓温泉 
住所:札幌市南区定山渓温泉東3丁目
電話番号:011-598-2012
公式サイト:http://jozankei.jp

春に行きたいひとり旅。食べ歩きに、温泉に、ショッピング。素敵な風景もたくさん撮れそうです。あなたのひとり旅は、北海道の札幌で満喫出来そうですよ。

[ようこそさっぽろ]
[国内宿泊予約サイト「マイナビトラベル」「国内のひとり旅に関するアンケート」を発表]

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,, | ランキング,北海道,北海道・東北