> > > > 【春のニューヨークで何を着ればいい?】3〜5月の天気・気温、現地の服装

【春のニューヨークで何を着ればいい?】3〜5月の天気・気温、現地の服装

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Mar 9th, 2018. 更新日: Apr 12th, 2018

ニューヨーク在住の筆者が、ニューヨークの天気や気温についてアドバイスします。今回は、実は年間で最も難しい3〜5月。旅支度の目安になる、ニューヨーカーの季節の服装も掲載しますね。気温・天候は毎年異なりますので、目安としてご覧くださいね。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
春のニューヨーク旅行に行く予定があるあなた。ホテルもフライトも決まったけど、決まっていないのは服装。だって、春のニューヨークって気温はどのくらい?防寒具は必要なの?気候はどんな感じ?旅に出る時に、不安なのが現地の天気や気温。無駄な荷物は極力減らしたいけれど、寒くては旅を楽しめませんね。

そこでニューヨーク在住の筆者が、ニューヨークの天気や気温についてアドバイスします。今回は、実は年間で最も難しい3〜5月。旅支度の目安になる、ニューヨーカーの季節の服装も掲載しますね。気温・天候は毎年異なりますので、目安としてご覧くださいね。あなたの旅の参考になれば幸いです。


ニューヨークは青森県と同じ程度に寒い


都会というニューヨークのイメージから、ニューヨークの気候は東京と同じ程度と思っている方がいますが、実際には違います。ニューヨークの緯度は、日本の青森県と同じ40度。気温は青森県を想定してください。年間のうち半分(11〜4月)は冬と考えて良いでしょう。

ニューヨークの3月はまだ冬


暦の上では春なのですが、ニューヨークではまだ冬。雪の降ることも多いです。現在(2018年3月上旬)は雪が降っています。3月の最低気温は氷点下ですから、しっかりした冬仕度が必要です。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
上記の写真は、2016年3月28日のタイムズスクエアで撮影したもの。3月末なのに、気温は華氏49度。摂氏にすると9.4度です。日本と比べて寒いですね。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
同じく3月末のニューヨーク。暖かい日が1〜2日ある年もありますが、例年まだまだ寒いです。防寒のダウンジャケット、帽子、ブーツが必要です。 2018年3月気温は最高気温摂氏4度から13度と予想されています。 最低気温は氷点下。

気温は低いにも関わらず、3月第2日曜日(2018年は、3/11)からサマータイム(夏時間)に変更されます。夏時間仕様に時計を1時間進めますので、旅行者は飛行機に乗り遅れないように注意。日本との時差は14時間→13時間になります。

【3月中旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
まだ雪の降ることも多いので、防寒はしっかりと。

●軽くて折りたためるスカーフ、ニットキャップはおすすめ。

風の強いニューヨークでは、首元、頭を防寒していると、暖かさが全く違います。また服の印象も変えられますよ。ニットキャップやスカーフは現地調達して、ニューヨークでトレンドのものを身につけても良いでしょう。

【3月下旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
3月末でもジャケットやコートが必要。ただし、屋内はどこも暖かいので、上着の下は軽めで。屋内(建物内・地下鉄車両内)はヒーターが効いているので、上着の下に厚手のセーターや重ね着をしていると、暑くて堪らなくなります。1日中セントラルパークを歩き回るのでない限り、下はシャツや薄手のセーター1枚で大丈夫です。ジャケットの下は半袖の人も多いです。

3月の祭日・イベント

●祭日なし
3月第2日曜日から時計を1時間早めるサマータイム実施
日本との時差14時間→13時間へ
●3月第3日曜日は、セント・パトリックデー(聖人を祝うアイルランドのお祭り)。5番街ではパレードが行われ、パレード中は通行止め。

3月の服装のポイント

●防寒はしっかりと。ニューヨークは、まだまだ寒い。雪が降ることも。
2018年3月の気温予想は、3月中ほぼ1桁(摂氏10℃未満)
●軽くて折りたためるスカーフ、ニットキャップはおすすめ。
●上着の下は軽装で。セーターや重ね着などしっかり着込まない。
●屋内はどこも暖房が効いている。

雨が多い4月。桜の開花は中旬以降 

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
ニューヨーカーが待ち焦がれているイベントといえば、「イースター・ボンネット・パレード(Easter Bonnet Parade)」。冬の長いニューヨークで、春を迎える喜びが満ち溢れます。元々はイエス・キリストの復活祭(イースター)で、十字架にかけられて亡くなったキリストが3日後に甦ったとされる、キリスト教では重要なお祝いです。この特別な礼拝後に、ドレスアップした信者が自分の帽子(ボンネット)とファッションを見せびらかすため、5番街を歩いたのがパレードの始まりと言われています。現在は信者でなくてもオシャレさんや目立ちたがりさんが、セイント・パトリック大聖堂(St. Patrick’s Cathedral)付近で現れます。2017年は4月16日(イースターは毎年異なる)でした。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
まだ寒い4月でも、イースター・サンデーは晴れて気温が上がることが多いです。皆ウキウキと浮かれて、音楽を演奏したり、踊りだしたり。やっと、冬が終わったという喜びでいっぱいなのです。写真はバレエを踊る女の子。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
ニューヨークにも桜があります。開花は4月中旬以降ですね。寒いからまだまだかなと思っていると、気温が上がった日に一気に咲き出しますので、目が離せません。セントラルパークのシープメドウ(Sheep Meadow)で見る桜は、摩天楼とともに眺められるニューヨークスタイルのお花見。しかしながら桜を好むのは日本人を始めとするアジア系で、欧米系はマグノリアなどの派手で大きな花を好みます(苦笑)。上記の写真は2015年4月18日で、桜の開花が若干早かった年です。

【4月上旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
4月は朝晩の温度差が大きく、暖かい日があっても気は許せません。気温が摂氏26度くらいまで上がり、翌日は1桁台に下がるということも多いです。ニューヨークでは20度くらい気温が上下するのは珍しいことではありません。上に羽織る厚めのカーディガンやニットキャップは、まだ必要。

【4月中旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
昼間は暖かい日もありますが、夜は気温が下がり、基本的にはまだ寒いです。天候が不安定で雨が多く、観光するにはお天気のご機嫌を伺う時期でもあります。ニューヨークは風が強いため、折り畳み傘など煽られてあっというまに壊れます。壊れても諦めがつく傘を持参しましょう。お気に入りは持ってこないこと。

4月の祭日・イベント

●祭日なし
●キリストの復活祭イースター・サンデーあり(年により異なる、2018年は4月1日)。
例年 St. Patrick’s Cathedral前5番街50丁目付近から57丁目で、イースター・ボンネット・パレード(Easter Bonnet Parade)が行われる。

4月の服装のポイント

●日中暖かい時もあるが、基本的にはまだ寒い。朝晩は冷える。
●軽めのコートやフリースのジャケット、首元や肩を覆うスカーフ、帽子があると暖かい。フードのついたジャケットやパーカーは、風や雨よけに便利。
雨が多い(ニューヨークは意外に雨が多い)
●まだ雪が降る年もあり。

やっと暖かくなる5月。上旬はまだ上着が必要

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
ゴールデンウィークにニューヨーク旅行を予定されている方もいるでしょう。参考になさってくださいね。

日本のようなぽかぽかまったりの春は、本当に一瞬しかないニューヨーク。寒いか暑いか、YesかNoか、中途半端は嫌いだよ!って感じの極端さ。いきなりボン!と気温が上昇して、春というよりもはや夏。冬はマイナス20℃近くになり、夏は35℃くらい。年間の気温差の激しさには、ニューヨーカーだって翻弄されます。5月上旬はまだ冷える場合もありますが、中旬にもなると気候も安定します。気温が上昇すると、皆はアウトドアで気候を楽しみます。レストランはオープンエアのテラス席が始まり、アイスクリーム屋さんには行列が出来るシーズンです。写真は5月中旬頃、新緑のニューヨーク公共図書館。

【5月上旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
まだ冷える時もあります。この日はちょっと暖かくて、アイスクリーム屋さんに行列が出来ました。ただ日陰や日が落ちると寒くなるので、まだ軽めのジャケットは必要。

【5月上旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
SOHOにいたカップル。日差しは強いのですが、風が冷たく上着がないと不安。革ジャンを羽織っている人も多いです。

【5月下旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装 5月下旬フィフスアベニュー(5th Avenue)で。5月下旬は暖かくなりますが、急に気温が下がる時もあるので、ジャケットがあると安心かも。

【5月下旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装 5月下旬フィフスアベニュー(5th Avenue)で。30℃を越すような真夏日になる時も。夏の装いで大丈夫ですが、屋内や地下鉄車両はクーラーがガンガン効いているので、カーディガンをバッグに入れておきましょう。

5月の祭日・イベント

●祭日 5月最終月曜日メモリアルデー(この日から夏の始まり)
銀行、郵便局、一般企業、 オフィス街の飲食店などは休み

5月の服装のポイント

5月初旬はまだ寒い時もある。カーディガンや大判のストールなど畳んで携帯すると安心。
●5月後半は夏のように暑くなる。屋内はどこもクーラーが強いので、気温が上がってもカーディガンや大判のストールなど畳んで携帯することをお勧め。
●5月下旬から6月までは雨が多い(日本の梅雨のライト版)

春のニューヨークを楽しもう

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
ニューヨークの春は短いのですが、桜やマグノリア、クラブアップルツリー、チューリップなどが一気に花開く様は本当に美しいです。公園やストリートには花が溢れ、街はウキウキした雰囲気が漂い、ニューヨーカーの顔も明るくなります。春には優しく、柔らかな印象のニューヨークに出会えますよ。

【参考にしたいサイト】

■ニューヨーク25日間の天気 
https://www.accuweather.com/ja/us/new-york-ny/10018/month/3713_pc?view=table

■ウェブCAM タイムズスクエア
(ニューヨークを歩いている人がオンタイムで見られます)
https://www.earthcam.com/cams/newyork/timessquare/

■摂氏華氏換算(アメリカでは華氏℉表示が一般的)
https://摂氏華氏.aimary.com

【注意】
■1年の中で一番気温差が激しい季節。日本の春より寒いと思ってください。
最高気温に達するのは日本ではお昼頃ですが、ニューヨークでは3PM頃と時間が遅いです。
■白人は体感温度が高く、寒さに強い。彼らは寒い時でもTシャツに短パンの薄着でOKなので、服装を参考にしないこと。アジア系アフリカ系は、体感温度が低め。


[All photos by Hideyuki Tatebayashi] 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。
Do not use images without permission.

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


| アメリカ,北アメリカ,旅のハウツー,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ


アメリカの現地レポート/ブログ関連リンク

229874-03 229874-03
Tabe Tomoニューヨーク Tabe Tomoニューヨーク
バースデーケーキ味ゴールデンオレオ バースデーケーキ味ゴールデンオレオ
クイーンズボロブリッジ 夜景 クイーンズボロブリッジ 夜景
ニューヨーク トレーダージョーズ ニューヨーク トレーダージョーズ
オキシクリーン オキシクリーン
NY ヘンリ・ベンデル  NY ヘンリ・ベンデル 
ニューヨーク ロックフェラープラザのクリスマスツリー ニューヨーク ロックフェラープラザのクリスマスツリー
ニューヨーク ユニオンスクエア 夜のホリデーマーケット ニューヨーク ユニオンスクエア 夜のホリデーマーケット
ニューヨークバーグドーフ ホリデーウィンドウ ニューヨークバーグドーフ ホリデーウィンドウ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ニューヨーク