> > > > トルコで唯一の宮殿ホテル!「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」

トルコで唯一の宮殿ホテル!「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」

Posted by: 西門香央里
掲載日: Jun 23rd, 2018.

トルコ最大の都市イスタンブールにある「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」は、元は皇族や要人も宿泊する宮殿だったホテル。1泊約410万円のスイートと幻想的なハマム、宿泊者以外も利用できる人気の朝食ビュッフェなど、ラグジュアリーなステイ体験をご紹介。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
世界に数多くのホテルはあれど、昔の宮殿を使ったホテルに宿泊できるという経験はなかなかないもの。トルコ最大の都市イスタンブールにあるザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド加盟ホテル「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」は、イスタンブールにあった宮殿を使ったホテルなのです。

ボスポラス海峡を眺めるクラシックな宮殿ホテル「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」紹介します。


皇族や要人も宿泊する宮殿だったホテル


17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
ホテルブランド「ケンピンスキー」を擁する「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」は、世界各国でラグジュアリーで格式あるホテルを展開するホテルグループ。様々な厳しい条件と審査をクリアしたホテルがこの「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」という名前を使用することができます。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」はボスポラス海峡のヨーロッパ側に建てられた、スルタン(君主)の宮殿を利用したホテル。トルコでは唯一の宮殿ホテルなのだとか。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
このホテルには多くの皇族や各国首脳が今でも宿泊をされるとかで、今まで宿泊されてきた方々の写真がずらりと並んでいます。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
ホテルには、ホテル棟と宮殿棟があり、宮殿側は特別なお客様が利用できるようになっています。早速、宮殿側から紹介しますね。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
まず、メインロビーへ行くと、大きなシャンデリアが!思わずため息が出てしまうほどの豪華さです。こんな大きなシャンデリア見たことがありません。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
その素晴らしさに圧倒されながら進むと、世界各国の貴賓たちも利用したという宴会場へ。オリエンタルな壁紙と、西洋風のシャンデリアとの対比のバランスが面白いですね。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
大きな窓からはエメラルドブルーの海が広がります。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
そして使われている食器たちも素晴らしい。ここで皇族の方達も食事をされたのでしょうか?

1泊約410万円のスイートと幻想的なハマム


宮殿側には11室の部屋のスイートルームがあるとのことですが、今回は特別に宮殿側の一番高い「スルタンスイートルーム」を見せていただきました。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
「スルタン」とはイスラム教国の君主。特に、オスマン帝国の皇帝のことを言います。このスイートルーム、なんと1泊約410万円のお部屋というから、ドキドキです。ロビーから豪華すぎます。まだここは部屋ではありません。

左側の大きなドアが「スルタン スイートルーム」の入口です。スタッフの方がドアを開けると・・・

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
目の前に広がるのは海と、豪華なリビングルーム!思わずため息が出てしまいます。


17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
2つのベッドルームを持つこのスイートルームにはそれぞれにリビングルームとバスルームがあり、458平米の広さがあります。あまりに広すぎて、室内で迷子になってしまいそうです(実際に迷子になりかけました・・・)。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
メインのトルコ風呂ハマムスタイルのバスルームは、なんと大理石でできています。こんなバスタブでゆったり入浴なんて、本当に憧れてしまいますね。

また、この宮殿側には特別なト「ハマム(トルコ式のお風呂)」があるのです。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
入口からしてすでに異世界のような空間ですが、これがこの宮殿に古くからあるハマムなのです。すべての装飾が美しく、大理石の白い世界に圧倒されます。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
まるで教会のような空間ですが、これが実際にお風呂として使われていたのだとか。まるでそれ自体が芸術品のような贅沢極まりない素晴らしいハマムでした。

クラシックな装いの部屋で海峡を望む


17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
残念ながら宮殿側の部屋には宿泊はできなかったのですが、筆者が宿泊した部屋もさすがケンピンスキーということで、とてもクラシックで落ち着きのある部屋でした。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
今回宿泊した部屋は、海峡も宮殿も一望できるという角部屋。テラスがあるので、部屋に用意されたスイーツやお菓子を食べながら、海を眺めてのんびりなんていう贅沢な過ごし方ができます。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
写真にはありませんが、お風呂は大きなバスタブ付き。足を伸ばして湯船に浸かれるのは嬉しいですね。ベッドも広々ふかふかで、イスタンブールの夜はゆっくり眠ることができました。

宿泊者以外も利用できる人気の朝食ビュッフェ


17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
ホテルでの人気の一つは、実は朝食ビュッフェ。1階にある「ラルダン・レストラン」では、トルコ料理を中心とした、様々な料理が用意されています。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
宿泊者以外も利用が可能なので、週末になるとブランチに訪れる地元のお客さんも多いのだとか。とても広くて大きなテラスからは海峡を一望。晴れてる日はテラスで朝ごはんがオススメ。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
用意された料理は何を食べようか迷うほど。新鮮なフレッシュジュースや、もちろん、トルコの小皿料理のメゼの種類は豊富。ホットミールには、オムレツやトルコのおかゆなどもあります。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
そして、美味しいオリーブもいっぱい!トルコに来たらオリーブは必須です。日本ではなかなか食べられないので、この機会にいろんな種類を食べちゃいましょう。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
パンの種類も豊富です。好きなパンを自分で切って持っていくこともできます。今回は注文しなかったのですが、その場でオムレツなどを作ってくれるライブキッチンもありました。

17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
新鮮な野菜と魚介とチーズなどでもりもりに盛り付けたら、早速テラスでいただきます。海を眺めながら食べる朝ごはんは清々しさ満点です。1日が元気良く始められそうな気分になりますよ。


イスタンブールでクラシックでラグジュアリーなステイを


17世紀の宮殿に泊まれる「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」
イスタンブールの宮殿を使った「チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール」。ラグジュアリーながらもクラシックな装いのホテルなので、どこかしっとりした気分で滞在できます。

イスタンブールの中心街までは少し距離がありますが、ホテルの周りはとても静かでシックな場所なので、ゆっくり過ごすにはピッタリですよ。時間があれば、ホテルの屋外のインフィニティプールで海と一体になるのもオススメです。

夏休みの計画がまだの方は、イスタンブールも候補にあげてみてはいかがでしょうか?


Çirağan Palace Kempinski Istanbul
(チュラーン パレス ケンピンスキー イスタンブール)
Çirağan Cad. No: 32, Besiktas 34349, Istanbul, Turkey
www.LHW.com/ciraganpalace

日本での予約先:ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド
0120-086-230 (平日9:30~18:00、祝土日を除く)

[All Photos by Kaori Simon]

西門香央里

Kaori Simon ライター&フォトグラファー
東京在住フリーランスのフォトライター。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にWebメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。現在、韓国語勉強中。寄稿媒体:goo いまトピ、エキサイトなど

,, | グルメ,トルコ,ホテル,ホテル・旅館,ヨーロッパ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,観光


トルコのグルメ関連リンク

チョコレート味のバクラヴァ チョコレート味のバクラヴァ
金角湾8 金角湾8
ファラフェル ファラフェル
ボアズケセン・スィミット・フルヌのスィミット ボアズケセン・スィミット・フルヌのスィミット
kanyon kanyon
バルクチュ・トゥファンのサバサンド2 バルクチュ・トゥファンのサバサンド2
トルコの街中のボザ トルコの街中のボザ
エジプシャン・バザール 缶入りの石鹸 エジプシャン・バザール 缶入りの石鹸
イスタンブール新空港 イスタンブール新空港
エディルネ ほうきがモチーフのマグネット エディルネ ほうきがモチーフのマグネット
1 2 3 4 5 NEXT

#イスタンブール #ハマム #朝食ビュッフェ