> > > > フランスではボジョレー・ヌーボーは人気がない!?本国での反応とは

フランスではボジョレー・ヌーボーは人気がない!?本国での反応とは

Posted by: 北川菜々子
掲載日: Nov 10th, 2018.

今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月15日。日本では解禁日には、イベント等が行われ、ちょっとしたお祭り騒ぎ。しかし、本場のフランスでは、ボジョレー・ヌーボー解禁日を知らないという人も多く、実は日本ほどは人気がないのです。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ワインボトル
今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月15日。日本では解禁日には、イベント等が行われ、ちょっとしたお祭り騒ぎ。しかし、本場のフランスでは、ボジョレー・ヌーボー解禁日を知らないという人も多く、実は日本ほどは人気がないのです。日本では解禁日にイベントなどが行われると話すと冷ややかな反応が返ってくるほど。

なぜ、本国フランスではボジョレー・ヌーボーは人気がないのでしょうか。


なぜボジョレー・ヌーボーは人気がない?

ワイン 乾杯
ボジョレー・ヌーボーが解禁されると、フランスではスーパーにボジョレー・ヌーボーの売り場が設置されますが、今年のボジョレー・ヌーボーはどんな味だろうかと楽しみにしている人はあまり多くないようです。実際、フランス人にボジョレー・ヌーボーのイメージを聞いてみると、ボジョレー・ヌーボーは酔うためのワインという否定的な意見を聞きます。

安くて美味しいワインがあるフランス

ワインボトル
フランスには、ボジョレー・ヌーボー以外にも、安価で美味しいワインがあるので、わざわざボジョレー・ヌーボーを購入して飲むという人は少ないのだとか。また、ボジョレー・ヌーボーは若いワインのため、ある程度深みのあるワインが好きなフランス人にとっては、あまり美味しくないというイメージがあるようです。

実は美味しいボジョレー・ヌーボーもある!?

ワインと前菜
しかし、以前、有名なワインバーに行ったときに、美味しいボジョレー・ヌーボーに出会いました。フルーティーで飲みやすい!ボジョレー・ヌーボーってこんなワインだったけと驚いたほどです。ただ、ボジョレーヌーボーの中には実際まずいワインもあるので、しっかりと選ばなければならないように思います。

本国ではあまり人気のないボジョレー・ヌーボーですが、フレッシュで飲みやすいワインであることも事実。要は好みの問題です。イメージに踊らされず、選んで飲みたいものです。


[All Photos by shutterstock.com]

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


| グルメ,グルメ,フランス,ヨーロッパ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,豆知識


フランスのグルメ関連リンク

グラン・オテルデュー(Grand Hôtel-Dieu) Lyon グラン・オテルデュー(Grand Hôtel-Dieu) Lyon
242968-01 242968-01
フランス・ぺルージュ(Pérouges, France) フランス・ぺルージュ(Pérouges, France)
Les Halles Grand Hôtel-Dieu(レアル・グラン・オテルデュー) Pignol(ピニョール) Les Halles Grand Hôtel-Dieu(レアル・グラン・オテルデュー) Pignol(ピニョール)
235583-01 235583-01
Mons Fromagers Affineur リヨンのチーズ店モンス Mons Fromagers Affineur リヨンのチーズ店モンス
ハーブやトマト味も揃う、焼きサバの缶詰 ハーブやトマト味も揃う、焼きサバの缶詰
235912-01 235912-01
マヨネーズ入りのツナ缶 マヨネーズ入りのツナ缶
フランスのクレープは日本と比べてシンプル フランスのクレープは日本と比べてシンプル
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#文化ギャップ