> > > > 本場のベトナムコーヒーならここ。高級チェーンカフェ「チュングエンレジェンド」

本場のベトナムコーヒーならここ。高級チェーンカフェ「チュングエンレジェンド」

Posted by: 春奈
掲載日: Feb 10th, 2019.

世界屈指のコーヒー大国・ベトナムを旅するなら、本場のベトナムコーヒーを体験してみたいもの。本物志向のベトナムコーヒーを求めるなら、ぜひ「チュングエンレジェンド」へ。現地のコーヒー党に支持される専門店です。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

チュングエンレジェンド10

世界屈指のコーヒー大国・ベトナムを旅するなら、本場のベトナムコーヒーを体験してみたいもの。本物志向のベトナムコーヒーを求めるなら、ぜひ「チュングエンレジェンド」へ。

ベトナム各地に展開するカフェチェーンでありながら、ほかのチェーン店とは一線を画す雰囲気と味へのこだわりで、現地のコーヒー党に支持される専門店です。


ベトナムカフェチェーンの最高峰「チュングエンレジェンド」

チュングエンレジェンド1
ベトナムと聞いて何をイメージしますか?アオザイやベトナム雑貨、それともフォーや生春巻きでしょうか。実はベトナムは、ブラジルに次いで世界第2位のコーヒー生産量を誇るコーヒー大国。ベトナム人はコーヒーが大好きで、一日に何度もコーヒーを飲むという人も少なくありません。

ベトナムを訪れるなら、ぜひとも本場のベトナムコーヒーを味わってみたいもの。現地で本物志向のベトナムコーヒーが気軽に楽しめるカフェが「チュングエンレジェンド」です。

チュングエンレジェンド2

チュングエンレジェンドは、ベトナム最大のコーヒー会社であるチュングエンコーヒーが展開するカフェで、現地のコーヒー好きなら知らない人はいないほど有名な存在。ホーチミンやハノイ、ダナンなどの大都市を中心に多数の店舗を展開しているので、時間の限られている旅行者でも利用しやすいお店です。

洗練された店舗空間

チュングエンレジェンド3

チュングエンレジェンドの店舗は、白と黒を基調としたスタイリッシュな外観が特徴。看板には「THE No.1 COFFEE!」というキャッチフレーズが刻まれていて、味と品質への自信のほどがうかがえます。

高級感漂う外観からもわかる通り、チュングエンレジェンドは、ほかのチェーンカフェとは一線を画す存在。店内も白と黒をメインにハイセンスにまとめられていて、いい意味でチェーンカフェらしくない印象を受けます。

チュングエンレジェンド4

チュングエンレジェンド5

こちらは、ホーチミン高島屋に近いレロイ通りに面した店舗。モダンな印象ながらも、グリーンや竹など、自然素材をバランスよく採り入れ、都会のオアシスのようなリラックス感漂う空間に仕上がっています。

チュングエンレジェンド6

壁面の棚にコーヒー豆とともに積まれているのは、チュングエンコーヒーの創業者の自伝。中はベトナム語ですが、福沢諭吉のバージョンもありました。

種類豊富なこだわりのコーヒー

チュングエンレジェンド7

本格コーヒーチェーンだけあって、チュングエンレジェンドはとにかくコーヒーの種類が豊富。それも、ラテのようなアレンジで幅を広げているのではなく、豆やブレンド自体のラインナップが多彩なのです。

チュングエンレジェンドでは、コーヒー豆の種類を「No.1」「No.8」などと数字で表現しており、ベトナムコーヒーだけで7種類もあります。

数字が大きくなるほどに値段も高くなり、No.8の上に君臨する「Legendee」は、ジャコウネココーヒーの風味をつけたコーヒーで、お値段一杯約850円という高級プライス。日本人にとってはびっくりするような値段ではありませんが、ベトナムの物価を考えると高嶺の花といっていいでしょう。

チュングエンレジェンド8

日本で広く飲まれているコーヒー豆はアラビカ種ですが、チュングエンレジェンドで飲めるコーヒーは、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3種類。そのうち1種類だけを使ったものと、2種類以上のコーヒー豆をブレンドしたものがあり、どれを選ぶかによってかなり風味が異なります。

特におすすめなのが、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種をブレンドしたNo.8や、希少なアラビカ種の一粒豆を使ったNo.5、最高級のLegendee。

予備知識がないと自分で選ぶのは難しいので、「マイルドで酸味が少ないものがいい」など、好みを伝えて、スタッフにアドバイスを求めるといいですよ。

ベトナム流のスローな時間

チュングエンレジェンド9

ホットやブラックで飲むこともできますが、氷や練乳と混ぜてアイスミルクコーヒーとして飲むのが、チュングエンレジェンドのおすすめ。

ベトナム式のコーヒーフィルターから、一滴ずつコーヒーが落ちてくる様子を眺める時間も、コーヒー好きにとってはたまらないひととき。コーヒーが落ちきるまでの抽出タイムも含めて、ベトナム流のコーヒー体験なのだと思わせられます。

チュングエンレジェンド10

筆者が選んだNo.5は、しっかりとした酸味や苦みはあるものの、過剰な重さやしつこさはなく、上質さの感じられる洗練された味わい。コーヒー自体が濃厚なので、甘い練乳が良く合います。

チュングエンレジェンド11

チュングエンレジェンドは、コーヒーのみならずデザートも評判。バニラビーンズたっぷりの風味豊かなバニラアイスにエスプレッソをかけたアフォガードや、フルーツやチョコレートのケーキなど、本物志向のスイーツの数々が楽しめます。

ベトナムコーヒーの実力を実感

チュングエンレジェンド12

「ベトナムコーヒーは苦くて飲みにくい」という印象を持たれがちですが、一口にベトナムコーヒーといっても豆の種類によって味わいはまったく異なります。また、ベトナムコーヒーの代名詞ともいえるロブスタ種が比較的安価なために、「ベトナムコーヒー=低品質」と誤解されることもありますが、品質も千差万別。

チュングエンレジェンド13

実際にチュングエンレジェンドで本格コーヒーを飲んでみて、ベトナムコーヒーの奥深さを実感することができました。店頭では、オリジナルのコーヒー豆やベトナム式コーヒーフィルター、マグカップなども販売されているので、コーヒー好きな人へのお土産調達にもいいですね。
 

チュングエンレジェンド
https://trungnguyenlegend.com/

[All photos by Haruna Akamatsu]
Do not use images without permission

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


, | グルメ,現地ルポ/ブログ,アジア,ベトナム,グルメ,現地ルポ/ブログ


ベトナムのグルメ関連リンク





ホーチミンレストラン9 ホーチミンレストラン9
ベトナム航空機内食4 ベトナム航空機内食4
ホイアンの夜1 ホイアンの夜1
ホイアンでしたいこと13 ホイアンでしたいこと13
プルマンダナン8 プルマンダナン8
チュングエンレジェンド4 チュングエンレジェンド4
1 2 3 4 NEXT

#カフェ #ホーチミン