> > 【機内食ルポ(ソウル⇄イスタンブール線)】韓国の5つ星エアライン・アシアナ航空が大ヒット!

【機内食ルポ(ソウル⇄イスタンブール線)】韓国の5つ星エアライン・アシアナ航空が大ヒット!

Posted by: 春奈
掲載日: Jul 8th, 2019.

飛行機旅の楽しのひとつには、機内食があります。今回は、自分で包んで食べる韓国の料理店さながらのサービスを提供する「アシアナ航空」の機内食にフォーカス!ユニークなスタイルは、また利用したいと思わせる魅力がありました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

アシアナ航空7

フライト中の楽しみのひとつが機内食。機内ではできることが限られるだけに、機内食がおいしいと、空の旅の満足度も高まりますよね。

今回ご紹介するのは、韓国の5つ星エアライン「アシアナ航空」のユニークな機内食。ソウル=イスタンブール線のエコノミークラスに搭乗した筆者が、往復の機内食の中身をレポートします!


韓国の5つ星エアライン・アシアナ航空

アシアナ航空1

韓国を代表する航空会社のひとつが、1988年に設立されたアシアナ航空。ANAと同じスターアライアンスの一員であり、英国スカイトラックス社による格付けで、5つ星エアラインに認定されています。

日本人なら、日本から韓国に行くときはもちろんのこと、ソウル・仁川空港で乗り継ぎ、ヨーロッパや東南アジアなど、世界各国に向かう乗り継ぎ便を利用する機会も少なくないはず。札幌、仙台、名古屋、福岡など、日本の地方空港にも乗り入れているため、地方在住者にとっても頼もしい存在です。

筆者は福岡からトルコのイスタンブールに向かう際に、アシアナ空港の乗り継ぎ便を利用しました。

ソウル発イスタンブール行き昼食

アシアナ航空2

利用したOZ551便は、10:25ソウル・仁川空港発、16:10イスタンブール新空港着。ただし、曜日によって発着時刻は異なります。

仁川空港を離陸して、最初に出てくる食事が昼食。機内食メニューのリーフレットを用意している航空会社もありますが、アシアナ航空のエコノミークラスにはそれがないので、出てきたときのお楽しみです。

この日の昼食メニューは、韓国料理の「プルコギサムパプ」と、チキンのクリームソースでした。どのようなものかよくわかりませんでしたが、せっかくの韓国系エアラインなので、「サムパプ」を選択。

アシアナ航空3

フタを開けてみると、これがとっても面白い料理でした。葉物野菜にご飯やプルコギ、合わせ味噌のサムジャンなどを包んでいただくのです。機内食で、このような形で生野菜が出てくるのはとても珍しいですね。濃いめに味付けされたお肉をほかの具材と合わせると絶妙で、とてもおいしかったです。

アシアナ航空4

しかも嬉しいことに、温かいお味噌汁付き!筆者の経験上、エコノミークラスの機内食で温かい汁物が出てくるのはこれが初めて。韓国人の食へのこだわりを垣間見た気がしました。

ソウル発イスタンブール行き夕食

アシアナ航空5

夕食のメニューは、目玉焼き載せキムチチャーハン。見た目はちょっと地味というかシンプルですが、食べてみると、チーズが絡んでまろやかで美味。付け合わせのマカロニサラダも、「どこかのレストランで出てくるんじゃないか」と思うほど、本格的なバジル風味でした。

アシアナ航空6

デザートのベルベットケーキは、甘さ強めの白い部分を除けば、甘すぎるのが苦手な筆者にもちょうど良い上品な味わい。機内食のケーキは安っぽい印象があるのですが、このケーキはしっとりしていて、機内食っぽさを感じませんでした。

イスタンブール発ソウル行き夕食

アシアナ航空7

トルコ滞在を楽しんだ後、再びアシアナ航空で帰路へ。筆者が利用したOZ552便は、17:40イスタンブール新空港発、翌9:20仁川空港着でした。

最初の食事は夕食で、ハンバークのような西洋風のメニューと韓国料理の選択肢があったので、再び韓国料理をチョイス。今回は自分で混ぜて食べるビビンパでした。野菜やひき肉などの具材が入った丼ぶりに、自分でご飯やごま油、コチュジャンを加え、混ぜて食べるのです。

アシアナ航空8
あまり美しくなくて申し訳ありませんが、食べる前の写真です。

アシアナ航空の韓国料理は、自分で仕上げる要素があるから楽しいですね。コチュジャンをたっぷり入れたビビンパはかなり辛く、韓国の風を感じました。

イスタンブール発ソウル行き朝食

アシアナ航空9

仁川空港到着も近付き、この旅最後の機内食です。朝食には選択肢がないことも珍しくありませんが、チキンを添えたご飯ものと、オムレツから選べるようになっていました。

アシアナ航空10

早朝の機内でご飯ものはきついので、ここではオムレツをチョイス。機内食のオムレツは卵が硬くなりすぎて、パサパサしていることが多いですが、このオムレツは中が少しとろりとしていて、機内食とは思えないクオリティーでした。オムレツに添えられているトマトや玉ねぎもおしゃれですよね。

いやはや、アシアナ空港の機内食は全体的にレベルが高い!

日本にも似た「おもてなし」も魅力

アシアナ航空11

筆者がアシアナ航空を利用したのは、今回が初めて。機内食のみならず、サービス全般に対する感想は、「またぜひ利用したい!」というものでした。

映画の種類が少ないなど、機内エンターテイメントには若干の不満があったものの、機内食がおいしいうえ、日本の「おもてなし」にも似たきめ細やかなサービスが受けられるからです。

乗客の搭乗が完了し、本格的な機内サービス開始のタイミングになると、客室乗務員が所定の位置に並び、アナウンスに合わせてお辞儀とともに「ようこそ」のような挨拶から始まります。機内の通路をカートが通る際も、「失礼します」といった声かけがありますし、まるで日本のようではありませんか。

アシアナ航空12
アメニティポーチには、スリッパと歯磨きセット

ヨーロッパ系の航空会社などを利用すると、体格の良さや顔の彫りの深さもあってか、若干の威圧感を覚えることがあるのですが、アシアナ航空の客室乗務員に対しては、「低姿勢でいつも笑顔を忘れない」という印象を受けました。

乗客が希望する飲み物を切らしている際は、「申し訳ありません。今お水を切らしていて・・・。後でまた周ってきますから」と、笑顔かつ申し訳なさそうな表情で対応。それを見て、「笑顔かつ申し訳なさそうな表情での接客は、どこの国でも見られるものではない」と気付きました。国によっては、「後から周ってくる同僚にもらってください」と淡々と返されますから。

アシアナ航空13

乗客の大半は韓国人でしたが、隣国だけあって感覚が近いのか、妙なアウェイ感を感じることなく、「ホーム」にいるかのような快適な時間が過ごせました。

アシアナ航空
https://flyasiana.com/C/JP/JA/index

[All photos by Haruna]
Do not use images without permission

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


| グルメ,現地ルポ/ブログ


グルメ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#機内食



グルメ 現地ルポ/ブログ