> > > > おとぎの国みたいな木組みの町イトシュタイン~フランクフルトから小旅行【現地ルポ】

おとぎの国みたいな木組みの町イトシュタイン~フランクフルトから小旅行【現地ルポ】

Posted by: 春奈
掲載日: Jul 21st, 2019.

ドイツのフランクフルトには「観光スポットが少ない」と言われがちですが、実は、日本人観光客が少ない、穴場的スポットがあるんです!そのひとつが「ドイツ木組みの家街道」の町、イトシュタインです。今回は、日本のガイドブックであまり紹介されていない観光スポットを、現地からレポートします!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

イトシュタイン4
ドイツの空の玄関口、フランクフルト。「フランクフルトには観光スポットが少ない」といわれることもありますが、フランクフルトの近郊に多数の観光地があるのをご存じでしょうか。そのひとつが「ドイツ木組みの家街道」の町、イトシュタイン。日本のガイドブックには載らない、小さなおとぎの国を訪ねてみました。


ドイツ木組みの家街道の町、イトシュタイン

イトシュタイン1

フランクフルトと同じヘッセン州に位置するイトシュタイン(Idstein)は、人口2万3000~2万4000人ほどの小さな町。ロマンティック街道などと同様、ドイツの観光街道である「ドイツ木組みの家街道」に属しており、メルヘンチックな木組みの町並みが魅力です。

日本のガイドブックには載っておらず、ドイツ人観光客がポツポツと訪れる程度。フランクフルトの近くでありながら、古き良きドイツの雰囲気が残る穴場的観光スポットです。

イトシュタイン2

フランクフルトからのアクセスは、フランクフルト中央駅からローカル線で40分弱。イトシュタイン駅から旧市街の中心までは歩いて12分ほどで、徒歩での観光が可能です。

絵のようなケーニヒ・アドルフ広場

イトシュタイン3

イトシュタインに到着したら、まずはケーニヒ・アドルフ広場を目指します。ドイツの広場は、「マルクト広場」の名が付いていることが多いのですが、イトシュタインの広場は、この地を納めたナッサウ家出身の神聖ローマ皇帝アドルフ・フォン・ナッサウにちなんで名付けられています。

ケーニヒ・アドルフ広場は、周囲をぐるりと豪華な建物に囲まれた絵のような広場。正面には、鮮やかなオレンジ色の外壁の市庁舎が建ち、その背後に傾いた青い家とお城へとつながる建物が並んでいます。小さな町には似つかわしくないほど、立派な建物が並ぶ様子に驚かされます。フランクフルトのこんなに近くに、こんなに可愛い町並みがあったなんて!

イトシュタイン4

ここで注目してほしいのが、「傾いた家」といった意味をもつ「シーフェス・ハウス」。黒と青の外壁と、オレンジ色の窓枠の組み合わせが目を引く建物で、ぱっと見ただけでも傾いているのがわかります。建築時の資材不足によって、徐々に現在の姿になっていったのだとか。このいびつな形がまた可愛らしく、旧市街ファンの心をくすぐってやみません。

イトシュタインで最も美しい「キリンガーハウス」

イトシュタイン5

イトシュタインの旧市街には、15~18世紀に建てられた豪華な木組みの家が多数残っています。なかでも装飾性に富んでいるのが、市庁舎の斜め向かいにある「キリンガーハウス」。

当時の書記官夫妻によって1615年に建てられた家で、壁や柱、梁には色とりどりの木彫り細工が施されています。細やかな装飾の美しさはもちろんのこと、どこかミステリアスな色使いも印象的で、いつまでも眺めていたくなります。隣の赤い木組みの家とのコントラストがまた素敵ですね。

イトシュタイン6

現在、キリンガーハウスは市の所有となっており、観光案内所と市の博物館として使われています。

中世の雰囲気が残る「魔女の塔」

イトシュタイン7

カラフルな木組みの建物が並ぶイトシュタインの旧市街に、アクセントを添えているのが「魔女の塔」。1170年建造のイトシュタインで最も古い建造物で、町のあちこちからその姿を見ることができます。

気になる名前の由来は・・・19~20世紀ごろ、塔と見ると「魔女の塔」と名付ける風潮があったため。イトシュタインでも一時魔女狩りが行われていた時代がありましたが、「魔女の塔」と魔女狩りの歴史は直接関係ありません。

イトシュタイン8

それでも、「魔女の塔」と聞くと、「非日常のおとぎの世界」の雰囲気が増すような気がしませんか。観光案内所で鍵を借りれば、塔に上ることもできます。

日常の空気が漂う木組みの町

イトシュタイン9

レストランやホテルなどとして使われている建物もありますが、イトシュタインに残る木組みの家の多くは民家。観光のためのアトラクションではなく、地元の人々が生活を営むイトシュタインの木組みの町には、静かで優しい時間が流れています。

イトシュタイン10

時とともに歪んだ木組みの建物が多いのもご愛嬌。建物の一軒一軒に、人々の愛情がたっぷりと込められているような気がします。

イトシュタイン11

今回は、意外と知られていない、ドイツ郊外の穴場的観光スポットをご紹介しました。ドイツに行く際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

[All photos by Haruna]
Do not use images without permission

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


, | 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,ドイツ,現地ルポ/ブログ,観光


ドイツの現地ルポ/ブログ関連リンク

ドイツのドラッグストア「dm」で絶対に買いたいお土産 ドイツのドラッグストア「dm」で絶対に買いたいお土産
「Curry36」の皮ありカリーヴルスト 「Curry36」の皮ありカリーヴルスト
ベルリンで人気の「Pao Pao」 ベルリンで人気の「Pao Pao」
ボリュームたっぷりの朝食プレート ボリュームたっぷりの朝食プレート
店内ではペストリーやケーキも 店内ではペストリーやケーキも
手作りの枕などを売っているお店 手作りの枕などを売っているお店
マッシュルームが香り高く美味しい! マッシュルームが香り高く美味しい!
コブレンツ1 コブレンツ1
学生牢4 学生牢4
ボッパルト9 ボッパルト9
1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

#建築 #海外旅行