> > > > 古都ルアンパバーンを訪れたら、絶対に行きたいオシャレカフェ7選【ラオス・ルアンパバーン】

古都ルアンパバーンを訪れたら、絶対に行きたいオシャレカフェ7選【ラオス・ルアンパバーン】

Posted by: あやみ
掲載日: Sep 9th, 2019.

ラオスの古都ルアンパバーン。日本人にはまだあまり馴染みのないこの街ですが、フランスやイギリス、アメリカなど欧米諸国からの人気が高く、多くの観光客が訪れています。そんなルアンパバーンにはオシャレなカフェがいっぱい! そこで今回は、ルアンパバーンを訪れたら絶対に行きたいオシャレカフェをご紹介。Wi-fiの繋がりやすさも検証してきました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


人気カフェ「ユートピア」


【1】無料の送迎あり! 織物見学もできる絶景「Silk Road Cafe(シルクロードカフェ)」


ルアンパバーンの中心街から少し離れた場所にある「Silk Road Cafe(シルクロードカフェ)」。メコン川沿いにあり、メコンの雄大な流れを眺めながら優雅に食事やドリンクを楽しめます。


ただ、このカフェはルアンパバーンの中心街から徒歩で行くと少し遠いです。でもご安心を。メインストリート沿いにある「Ock Pop Tok」という布製品店のスタッフに「シルクロードカフェに行きたい」と伝えれば、ピンクで可愛いトゥクトゥクが無料送迎してくれます。


カフェに到着すると、あいにくメコン川に一番近い席は欧米人観光客で埋まっており、キッチンに近い席に座ることに。小腹が空いていたので、サテとレモングラスのハーブティーをオーダーしました。メコン川を眺めながら、食べるサテはリバービューの開放感もあってか、格別! お肉は柔らかく、ピーナッツソースも甘すぎず、食べやすかったです。レモングラスのハーブティーも、レモングラス入りで、パンチがありました。


絹と綿


染料


織物を織っている様子

また、「Silk Road Cafe(シルクロードカフェ)」はリビングクラフトセンター内にあり、無料で織物見学もできます。織物見学ではガイドさんが英語で丁寧に蚕の一生や染料についてなど説明してくれます。

カフェ利用だけでも十分満足できますが、織物見学や併設されたブティックで買い物をすることもでき、観光地としても魅力的な場所でした。

このカフェのWi-fiは、そこそこの繋がり具合なので「星3つ」です。比較的広い敷地を有するカフェなので、座る席によって、Wi-fiの繋がり具合が変わると思います。

Silk Road Cafe(シルクロードカフェ)
住所:Ban Saylom, Luang Prabang 0600, Laos
電話番号:+856 71 212 597
営業時間:8:00〜20:30
HP:https://www.ockpoptok.com/visit-us/silk-road-cafe/

【2】気づくと何時間も過ぎている! 人をダメにするカフェ「Utopia(ユートピア)」


ルアンパバーンの人気カフェと言えば「Utopia(ユートピア)」です。ナムカーン川を見渡せる絶好のロケーションで、バックパッカーをはじめ、世界中から多く観光客が訪れています。


このカフェの魅力はなんといっても寝転がれる枕と敷物、クッションが置かれていること。一度そこに横になると、謎の吸引力が発生し、離れられなくなります。気づくと何時間もこのカフェで過ごしていることも(笑)。それだけ居心地の良いカフェなのです。ナムカーン川から吹き抜ける風も気持ちが良いです。


お座席エリアからの景色。ナムカーン川は見えないが涼しい


暑い日にはこちらの日差しを遮れるお座席エリアでお茶をするのもいいでしょう。このカフェでは「レモネード」をいただきました。大きなグラスにたっぷりと注がれているレモネード。飲みごたえがあり、飲み終わるまでに約1時間かかりました。このカフェには、日本人の姿もチラホラ。みなさん、ノマドワーカーなのかPCで作業をしている様子でした。


上を見上げると、黄色いバイクが! スタッフいわく「古くて高いバイク」なのだそう。オーナーがバイク好きなのかもしれませんね。ユートピアの敷地内には他にもバイクが飾られていました。

Wi-fiの繋がりやすさは「星3つ」です。サクサクとまではいきませんが、ネット検索する分には問題ありませんでした。そのため、PCで作業をしたい場合は、自分でWi-fiを持っていた方が安心かもしれません。

フードメニューはピザなどの洋食からラオス料理まで揃っていて、料金もリーズナブルで、利用しやすいカフェです。

Utopia(ユートピア)
住所:Ban Aphay, Kingkitsarath Road, Luang Prabang 0600, Laos
電話番号:+856 20 23 881 771
営業時間:8:00〜23:30
HP:https://www.facebook.com/Utopialaos/

【3】至福のひと時を過ごせる「Joma Bakery Cafe(ジョマベーカリーカフェ)」


ルアンパバーンにはエアコンのあるカフェがあまりありません。ですが「Joma Bakery Cafe(ジョマベーカリーカフェ)」にはエアコンがあり、快適に過ごせます。筆者が訪れたのは、ルアンパバーンに2店舗あるジョマベーカリーカフェの「ナムカーン店」の方です。


こちらではハム&チーズクロワッサンとアイスコーヒーをいただきました。ハムサンドは大きくてボリューミーで、朝食代わりになります。アイスコーヒーは少し酸味のあるサッパリとした味で、暑いルアンパバーンの雨季には最適です。


朝早い時間帯に訪れるのなら、ナムカーン川を望めるテラス席がオススメ。川からの涼しい風が心地よく、至福のひと時を過ごせます。


スタッフも程よい距離感で接してくれるので、何時間もいられるカフェです。また、店内やトイレもクリーンで衛生的。安心して利用できます。

Wi-fiの繋がりやすさは「星4つ」。PCで作業することもできます。ただ、ルアンパバーンは全体的にWi-fiが不安定な傾向にあり、突然速度が落ちることもあるので注意してくださいね。

Joma Bakery Cafe(ジョマベーカリーカフェ)
住所:Kingkitsarath Rd, Luang Prabang, Laos
電話番号:+856 71 213 167
営業時間:7:00〜21:00
HP:https://www.joma.biz/luang-prabang-laos?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

【4】食事もコーヒーも美味しい「Novelty Cafe(ノベルティーカフェ)」


筆者がルアンパバーン滞在中に3度も訪れたのが「Novelty Cafe(ノベルティーカフェ)」です。メインストリート沿いにあり、スタッフの感じも良く、居心地バツグン! 女性ひとり旅でも気軽に訪れることができますよ。店内の本棚には、あらゆるジャンルの本(洋書)が並んでいて、自由に読むことができます。


飲み物はコーヒー、カフェラテなど、どれを飲んでもハズレがありません。


チーズクロワッサンもオーダーしてみました。サクサク×クリーミーな食感がくせになります。ラオスはフランスの植民地だっただけあり、クロワッサンがサクッとしていて美味しいです。サラダも添えられていて、この一品だけで立派なランチになりました。

Wi-fiについては個人で持っていったグローバルWi-fiと同じくらいの繋がりやすさで「星4つ」。PCで作業もできますが、サクサクとまではいきませんでした。

Novelty Cafe(ノベルティーカフェ)
住所:126 Ban Xieng Mouane, Sisavangvong Rd, Luang Prabang, Laos
電話番号:+856 20 55 195 023
営業時間:日9:00 – 23:00 月〜土8:00 – 23:00
HP:https://www.facebook.com/NoveltyCafeLaos/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

【5】エアコンの効いた2Fが人気! 一度は訪れたい「Saffron Coffee(サフランカフェ)」


メコン川沿いにある「Saffron Coffee(サフランカフェ)」は、ルアンパバーンで人気のカフェのひとつです。1Fにはエアコンはありませんが、2Fにはエアコンがあり、日中は涼しさを求める旅行者で満席になることも!


このカフェの魅力は、エアコンだけではありません。コーヒーも美味しいんです。有機栽培されたコーヒー豆にはこだわりがあります。このカフェのコーヒー豆は日陰で栽培しているんです。そうすることで、時間も手間もかかりますが、香り高いスペシャルコーヒーができるのだそう。

また、サービスも素晴らしく、お冷がなくなると、スタッフが定期的に店内を循環していて、注ぎ足してくれます。


筆者はアイスカフェラテを好んでオーダーしていましたが、20,000キープ(260円)でこのサイズ! 飲みごたえ十分です。


チョコレートブラウニーとアイスカフェラテ

この他にも、パンやブラウニーなど、軽食を楽しめます。Wi-fiも不自由することなく繋がり「星4つ」です。

ルアンパバーン滞在中に涼しい場所で美味しいコーヒーを味わいたくなったら、ぜひ訪れたいカフェだと言えます。

Saffron Coffee(サフランカフェ)
住所:Khem Khong Road | Ban Wat Nong, Luang Prabang 0600, Laos
電話番号:+856 20 91 016 021
営業時間:月火木金 7:00〜18:45 水 7:00〜19:45 土日 7:30〜17:30
HP:https://saffroncoffee.com/our-cafe/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

【6】Wi-fiがサクサクで快適に過ごせる「Big Tree Cafe(ビッグツリーカフェ)」


宿泊先のオーナーに勧められて訪れた「Big Tree Cafe(ビッグツリーカフェ)」。ドリンク以外にも、本格的なラオス料理を味わえるカフェです。あまり期待せずに訪れたカフェでしたが、スタッフもフレンドリーで、とても居心地が良かったです。


テラス席に座ると、少し暑かったので、スタッフに「ファンをまわしてもらえますか?」とお願いしましたが、木々が植えられていて木陰になっているため、ファンだけでも涼しく過ごすことができました。

Wi-fiはサクサクで「星5つ」。申し分のないスピードでネットサーフィンできました。テラス席エリアの目立つ場所にWi-fiパスワードが書かれているのも助かります。

Big Tree Cafe(ビッグツリーカフェ)
住所:46 Ban Vat Nong | Ban Vat Nong, Luang Prabang 0600, Laos
電話番号:+856 20 777 6748

【7】キュートな隠れ屋的カフェ「Formula B(フォーミュラビー)」

メインストリート沿いにある雑貨店に立ち寄ったことで、偶然発見したカフェが「Formula B(フォーミュラビー)」です。店員さんに「カフェを利用されますか?」と聞かれ、初めて2Fにカフェがあることを知りました。

2Fにのぼると、キュートな隠れ屋的カフェが! こぢんまりとした店内ですが、センス良くまとめられていて、まるで代官山や恵比寿にあるオシャレカフェを訪れたような気分に。エアコンがあるのも嬉しかったです。


コーヒー類以外にも、ケーキやパンを味わえます。筆者はエスプレッソをオーダーし、のんびりと過ごしました。


カフェの窓からはメインストリートを望めますよ。Wi-fiもそこそこの繋がり具合で「星3つ」です。

Formula B(フォーミュラビー)
住所:Luang Phrabang, Louangphabang, Laos,Sisavangvong Road
営業時間: 6:30〜19:00
HP:https://www.facebook.com/formula.b.cafe/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

ルアンパバーンはオシャレカフェが点在する、カフェ天国でした。街歩きに疲れたらフラッとカフェに立ち寄り、のんびりとカフェタイムを楽しみたいですね。

[All photos by あやみ]

あやみ

Ayami ライター
都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、フリーランスになる。辛い食べ物、東南アジアが大好き。旅するように生きるのが人生の目標。


,,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,アジア,ラオス,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


ラオスのグルメ関連リンク





ニューヨークタイムズで紹介された「世界で一番行きたい国」ラオス・ルアンパバーンの秘境を満喫 ニューヨークタイムズで紹介された「世界で一番行きたい国」ラオス・ルアンパバーンの秘境を満喫
きっと虜になる、東南アジアの4つの魅力 きっと虜になる、東南アジアの4つの魅力
一度ハマると虜になっちゃう、ラオス料理とは? 一度ハマると虜になっちゃう、ラオス料理とは?
1

#ご褒美旅 #カフェ #女子旅 #海外旅行