> > > > 佐世保に行ったら、自衛隊カレーとSASEBO軍港クルーズははずせない【長崎県・佐世保市】

佐世保に行ったら、自衛隊カレーとSASEBO軍港クルーズははずせない【長崎県・佐世保市】

Posted by: Chika
掲載日: Sep 12th, 2019.

海軍さんの港町、長崎県佐世保市では、普段見ることができない海上自衛隊の護衛艦も間近に見ながらクルーズができる、「SASEBO軍港クルーズ」があります。また、今年から市内19店舗で提供が始まった自衛隊カレーも必ず食べたいところですね。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

護衛艦


軍港のまち佐世保を体感できる「SASEBO軍港クルーズ」

明治時代に軍港が置かれた佐世保は、今も港の周辺に日本遺産の構成文化財や海上自衛隊の艦船、米海軍基地などがあり、海上から間近で見ることができます。それが「SASEBO軍港クルーズ」。なんと言っても海上自衛隊の艦船を間近で見られるのには、興奮すること間違いなしですよ。

SASEBO軍港クルーズ船

SASEBO軍港クルーズは毎週土日祝のみの運航で午前11:30頃出発し、1時間程度のクルーズです。ガイドの案内に従って、黄色い船に乗り込みます。

SASEBO軍港クルーズ船とガイドさん

こちらが案内してくれたガイドさん。カメラを向けるとしっかりポーズをきめてくれました。

軍港クルーズでは、船内から景色を楽しむこともできますが、外に出て景色を楽しむことをおすすめします。この日は天気が良く暑い日でしたが、外でも風があるので思ったより快適に景色を楽しめました。帽子やサングラスがあるとなお良いですね。風が強いので帽子は飛ばされないよう気を付けましょう。

SASEBO軍港クルーズ

日によって停泊している艦船などは異なりますが、佐世保港を行き交う船舶を眺めながら巡ります。造船所「佐世保重工業(通称SSK)」や、佐世保のランドマーク250tクレーンなどを見ることができるクルーズです。

佐世保港国際ターミナル

船上から、佐世保港国際ターミナルビルも見えます。こちらは葉港テラスと呼ばれています。

護衛艦

海上自衛隊の護衛艦が停泊していました。この日間近で見られたのは、あぶくま型護衛艦「じんつう」とあきづき型護衛艦「すずつき」です。海上自衛隊の方が、船上で作業している姿もはっきりと見えます。ミサイル装置の作業中だったよう。ガイドが「お疲れ様でーす!」と声をかけ、手を振ると応えてくれました。護衛艦をこんなに近くで見るのは初めてですが、とってもカッコいい!童心に戻ったかのように、かなりテンションが上がりました。

護衛艦「ありあけ」

むらさめ型護衛艦「ありあけ」も停泊していました。護衛艦には番号が振られており、筆者のような素人には一見なんの護衛艦かさっぱりわかりません。230が「じんつう」、117が「すずつき」、109が「ありあけ」です。

護衛艦

1時間にわたるクルーズ、護衛艦はじめ、次から次へと様々な景色が楽しめるのですが、ガイドの方が船上から見える景色を、その都度休みなく説明してくれることに驚きました。まさに1時間ずっと話し続けているのです。私たちも1時間のクルーズでかなりの情報量!軍港クルーズにまつわるあれこれが、全て頭の中に入っているかように流暢に話すガイドの説明を聞くのもまた興味深いですよ。

SASEBO軍港クルーズ
毎週土日祝のみ運航
午前便11:30頃発
ルート:佐世保港発→米海軍艦船→海上自衛隊艦船→佐世保重工業ドック・クレーン→
米海軍貯油施設→海上自衛隊教育隊→米海軍弾薬庫→海上自衛隊倉島岸壁→海上保安庁→佐世保港
所要時間:約60分
定員:80名
料金:お支払いは現金のみ
大人2,000円(中学生以上)
小人1,000円(小学生)
※未就学児は大人1名につき1名無料、2人目から小人料金
※身障者割引 大人(中学生以上)1,000円 小人(小学生)500円

注意事項※あらがじめ荒天などが予想される場合は前日の正午までに運休の決定をします。
【運休の目安】
風速10m以上、波高1m以上、視程500m以下
ご予約は1ヵ月前の同日9:00より承ります。
申込・お問い合わせ:佐世保観光情報センター(年中無休9:00~18:00)
電話 0956-22-6630
※チャーター便をご希望の方はお問い合わせください。

佐世保といえば自衛隊カレーも!

海上自衛隊といえば、カレーのイメージがありますよね。佐世保というと思い浮かべるのは自衛隊カレーという方も多いのではないでしょうか。

さかのぼること明治時代の帝国海軍から、カレーを食べるようになったとか。海上自衛隊では、毎週金曜日の昼食にカレーを食べているそうです。長い航海中、曜日感覚を取り戻すために、週に一度金曜日はカレーを食べることになっているんです。

海上自衛隊で食べる金曜日のカレーは定番ですが、陸上自衛隊でも金曜日はカレーなんだそう。佐世保海上保安庁では、巡視船の帰港時に船内でカレーを食べることが多いんだとか。

佐世保市内の飲食店では、そんな3つの部隊のカレーのレシピを再現したカレーが市内19店舗で今年5月から提供されています。筆者は、こちらの佐世保基地業務隊カレーをいただきました。

九十九島海遊 佐世保基地業務隊カレー

じっくり煮込んだルーに大きめ野菜がたっぷりの、女子にもうれしいカレーです。サラダと佐世保生まれ、佐世保育ちのドリンク「クールソフト」がついています。このクールソフト、ほんのりヨーグルト風味なのですがさっぱり感もある、美味しいドリンクです。どうやら佐世保限定ドリンクのようなので、こちらも是非飲んでみてくださいね。

今回筆者が食べた佐世保基地業務隊カレーは、九十九島パールシーリゾート内にある「九十九島海遊」で楽しめます。自衛隊グルメについてはこちら

九十九島海遊

九十九島海遊
住所:長崎県佐世保市鹿子前町1058-1
TEL:0956-28-0655
営業時間:11:00~17:30(L.O.17:00)
店休日:12/31・1/1
HP:http://www.masueimaru.jp/kaiyuu/index.html

[All Photos by Chika]

Chika

Chika
都内在住、京都をこよなく愛する、生粋の大阪人。食いしん坊主婦。飛行機好きが高じて航空会社のグランドスタッフとして勤務していた経験も。国内外問わず、旅行が好き。海外はヨーロッパ、バリ島、ハワイが好き。生きている間に色んなところへ行って、見たことのない世界を見てみたい。


,, | 現地ルポ/ブログ,九州・沖縄,長崎県,現地ルポ/ブログ,観光


長崎県の現地ルポ/ブログ関連リンク

護衛艦 護衛艦
防空指揮所 防空指揮所
アジフライ アジフライ
五島列島 中通島 五島列島 中通島

※日本の島特集 当時の息遣いが感じられる廃墟の島、 長崎の世界遺産「軍艦島」 ※日本の島特集 当時の息遣いが感じられる廃墟の島、 長崎の世界遺産「軍艦島」
【五島列島】1泊約1万円でコスパ最強!海の幸グルメがおいしすぎる「旅館 前川荘」 【五島列島】1泊約1万円でコスパ最強!海の幸グルメがおいしすぎる「旅館 前川荘」
長崎では当たり前なのに全国では珍しい、幸運を連れてくる尾曲がり猫って知ってる? 長崎では当たり前なのに全国では珍しい、幸運を連れてくる尾曲がり猫って知ってる?
異国の香りのする長崎「うまかもん」「じげもん」食べ歩きの旅 異国の香りのする長崎「うまかもん」「じげもん」食べ歩きの旅
1

#カレー #クルーズ #国内旅行