> > > > -23℃で1週間冷凍熟成したフローズンバウムクーヘンってどんな味!?

-23℃で1週間冷凍熟成したフローズンバウムクーヘンってどんな味!?

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Feb 16th, 2020.

-23℃で冷凍熟成させた、新感覚のバウムクーヘン「-23℃ フローズンバウムクーヘン」が新登場。バウムクーヘンとは思えない、スタイリッシュなパッケージにも注目です。こだわり抜いて完成したという、「甘くない甘さ」のバウムクーヘンって一体どんなものなのでしょうか?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


「-23℃ フローズンバウムクーヘン」誕生の背景

数日間冷凍庫で保存していたバウムクーヘンをたまたま食してみたら、独特の奥深い美味しさを感じられたというのが始まりだったそう。その美味しさというのは、冷凍庫の中でバウムクーヘンが熟成されたからということに気づき、独特の奥深い美味しさを追求し始めました。何度も試行錯誤を重ね、7年という歳月を経て「-23℃ フローズンバウムクーヘン」は出来上がりました。

「-23℃ フローズンバウムクーヘン」3つの特徴

奥深い味わいがクセになる、「1週間の冷凍熟成」

一晩寝かせたカレーがコクを増すように、バウムクーヘンを寝かせてみたら奥深い味わいが生まれました。何度も研究を重ね、「-23℃で1週間」が一番美味しい味わいになることを発見したのだとか。

膨張剤、安定剤は一切不使用!

膨張剤・安定剤を一切使わない、完全無添加のバウムクーヘンを作り出しました。

一つ一つが職人の手作り

食べ応えがありながらも、素材の味が凝縮されている味わい。ひんやりと、優しく甘い味。バウムクーヘン本場である、ドイツの伝統製法「別立て製法」がカギとなっています。手間を惜しまず、一つ一つ大切に手作りされています。

こだわりもありながら、スタイリッシュでバウムクーヘンらしからぬそのパッケージが気になる、「-23℃ フローズンバウムクーヘン」。友人や恋人など、身近な人へのギフトにも良さそうですね。

-23℃ FROZEN BAUMUKUCHEN(マイナスニジュウサンド フローズンバウムクーヘン)
販売開始日: 2020年2月18日
販売価格 : 2個セット 2,938円(税込)
サイズ  : 約160×50×30(mm)
販売店  : -23℃ オンラインストア
URL    : https://23frozenbaum.com

[@Press]

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

,, | グルメ,中部,岐阜県,お土産,グルメ


岐阜県のお土産関連リンク


マスク猫子まんじゅう マスク猫子まんじゅう

秋田屋「北欧はちみつといちごバター」「北欧はちみつとラズベリーバター」 秋田屋「北欧はちみつといちごバター」「北欧はちみつとラズベリーバター」
高山プリン亭 高山プリン亭
高山プリン亭 高山プリン亭


岐阜の風情が詰まった小さなデパート|たったひとつを叶える旅<23> 岐阜の風情が詰まった小さなデパート|たったひとつを叶える旅<23>
穴場テーマパーク「恵那 銀の森」に森の恵みが詰まった新店がオープン 穴場テーマパーク「恵那 銀の森」に森の恵みが詰まった新店がオープン
1 2 NEXT

#ギフト #スイーツ #バームクーヘン



グルメ 中部 岐阜県 お土産 グルメ