TABIZINE > 近畿 > 京都府 > ホテル > オープン記念1泊2750円~!遊び心あふれるラウンジが魅力のホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条」

オープン記念1泊2750円~!遊び心あふれるラウンジが魅力のホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条」

Posted by: ロザンベール葉
掲載日: Jun 8th, 2021. 更新日: Jun 9th, 2021

京都駅から快速で5分、JR二条駅の目の前に2021年6月6日にオープンした「ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条」。ミレニアル世代を中心に、幅広い層が快適に過ごせるカジュアル&スタイリッシュなホテルです。現在、オープン記念優待価格で1人1泊2,750円~(9月30日まで)!カフェ、ワークスペース、バーと自由に使えるラウンジや大浴場も魅力。宿泊ルポでご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条


京都駅から5分、JR二条駅の目の前に誕生したホテル

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 外観

京都駅から快速で1駅、JR二条駅の目の前に2021年6月6日に開業したての「ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条」。JRや地下鉄、バスにすぐ乗れる便利なロケーションです。徒歩圏内には二条城があり、JRなら嵐山まで約10分で行けます。観光にはもちろん、ワーケーションやビジネスとあらゆるニーズに応えてくれるホテルです。

全国で15施設展開する「ロイヤルパークホテルズ」の中でも、「FUN(楽しむ)」「LOCAL(地元に根差す)」「CONNECT(つながる)」をキーワードにする「CANVAS(キャンバス)」ブランドは、全国で4軒展開されており、カジュアルで気軽に利用できるホテルとして親しまれています。京都では初の開業です。客室は180室。利用者と街とをつなぐ場を提供してくれます。

自動チェックイン

自動チェックイン・アウトもOK。フロントでも親切に対応してくれます。

CANVAS PICK UP

チェックインを済ませたら、後ろの「CANVAS PICK UP」に並ぶアメニティグッズをピックアップ。

鮮やかなコントラストが斬新なデザイン「CANVASラウンジ」

CANVASラウンジ

ホテルのデザインコンセプトは「コントラスト」。歴史ある京都の多様な文化が持つ「伝統と革新」「グローバルとローカル」「未来と過去」という、京都の時間と空間の広がりを表現しているそうです。

しばらく目を疑ってしまったのですが、上の写真の左右はつながった空間なのです。中央でぱっかりと木目のナチュラルなソファ席、黒を基調とした未来的なフロントと、デザインが分かれています。これは斬新!SNS映えにもおすすめです。

CANVASラウンジ ソファ席

ゆったりとくつろげるソファ席の後ろには「西洋人が見た日本文化」をテーマにセレクトしたオブジェが並んでいます。着物の帯や日本画を描く道具、アンティークの鳥かごや古本・・・。こちらは伝統と過去を表現した空間。

CANVASラウンジ バーカウンター

左側のバーカウンターでは、大葉や酒粕、人参を使ったオリジナルの「京(miyako)サワー」をはじめ、ビールやウィスキーなど多彩なドリンク(500円~・税込)をサービスしてくれます。黒を基調としたスタイリッシュなスペースです。

朝から夜まで思い思いの時を過ごせる「CANVASラウンジ」

CANVASラウンジ 卓球台

先に進むと、なんと卓球台が!こちらも中央で「過去」と「未来」とに鮮やかに分かれています。昭和の温泉旅館でよく見かけた、レトロな卓球台とはだいぶ違うイメージです。

CANVASラウンジ 卓球台

仲間同士、宿泊者同士、フレンドリーなホテルのスタッフらと自由に遊べます。こんな所で思わぬ交流が生まれたら楽しいですね。

CANVASラウンジ

その先にはソファーとテーブル席があります。奥にあるのはDJブース!86インチのディスプレイもあります。夜にはまるでクラブのように音楽と映像が流れていました。外国人がいたら、きっと踊り出すはずです。

今後はアーティストを招いたイベントの予定もあるそうです。観光やワーケーションで訪れて、気晴らしにエキサイティングな夜を過ごせるとは粋なはからい!

客室にこもるのではなく、このラウンジでカフェ、仕事、遊びと思い思いの時を過ごし、そこに居合わせた人がつながることで何かが生まれる。そんな自由でクリエイティブな場としての空間です。積極的に利用したいですね。

CANVASラウンジ テーブル席

ラウンジのほぼ全席にコンセントが用意されているので、ワーケーションにもしっかり対応。朝食はこちらでいただきます。

CANVASラウンジ ソファー席

左側のソファ席は、夜のひと時をゆったりと過ごすのに最適。音楽を聴いたり映像をぼんやりと眺めたり、カクテル片手にリラックスできます。

CANVASラウンジ コーヒーマシン

マシンで自由にいただけるコーヒー(宿泊者は無料。通常は700円~・税込)は、京都「小川珈琲」の国際フェアトレード認証コーヒーを使用。カフェラテをいただきましたが、ビターでコクのあるコーヒーの香りに、ミルクのマイルドな風味がほんのり。個人的にはかなり好みでした。

CANVASラウンジ エアロプレス

空気の圧力を利用するエアロプレスでも抽出してもらえます。カフェ使いはもちろん、香り高いコーヒーを片手に仕事もはかどりそうです。

ノスタルジックとモダンが融合したくつろげる客室

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 エレベーター

では、客室に行ってみましょう。エレベーターは「過去」=「ノスタルジック」なイメージ。床のブロックのデザインはだまし絵で、二次元が三次元のように見える仕掛けになっています。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 廊下

そして廊下は「未来」のイメージなのだとか。不思議な模様のじゅうたんや照明がそんな雰囲気です。ディテールにもコンセプトが息づいています。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 客室

今夜はこちらの「スタンダード・ツイン」(22.1平方メートル)に宿泊。客室は基本的にはシンプルモダンでくつろげます。

ベッドには、寝具製品でおなじみの「西川」による、Green Down Projectによる「グリーン羽毛」を採用。「グリーン羽毛」とは、「一度使用された羽毛製品を国内で回収し、中から取り出した羽毛を日本の工場内で洗浄後、回復処理した羽毛」で、循環資源として活用する取り組みの一環です。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 客室からの眺め

7階の客室で、目の前にJR二条駅、その先には嵐山を含む京都の西側の山並みを望めます。開放感がある良い眺めです。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 客室

各部屋異なる干支をモチーフにした作品が配されています。こちらは兎さんでした。くすんだゴールドのライトが、客室でイメージしているという「レトロ」感を添えています。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 洗面台

洗面台には最小限のアメニティグッズが用意されています。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 シャワーブース

この部屋にはシャワーブースのみ。でも大浴場があるのでご心配なく!ほかのタイプの客室にはバスタブ付きもあります。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 パジャマ

パジャマはゆったりとして着心地抜群でした。大浴場に行く時は、このバッグにタオルや身の回りのものを入れて行きます。

アメニティグッズ

フロント前でピックアップしてきたアメニティグッズ。エコなパッケージの基礎化粧品セットは、アルガンオイルなどの保湿成分たっぷりで使い心地がよかったです。ほうじ茶のティーバッグも。

フェイスパックは4種類ありました。日常から離れた解放感もあり、久しぶりにゆっくり美肌ケアしてみましたよ。

Bluetoothスピーカー

これはまさしく「レトロ」!Bluetoothスピーカーなんです。使ってみましたが、なんと音もレトロ!レコードっぽいというか、ノスタルジックでBGMに落ち着くサウンドでした。気が利いていますね。

オリジナルマグカップ

オリジナルのマグカップがかわいい!ホテルオリジナルグッズはフロント前で購入できます。

できる範囲で無駄を省いたミニマルさが画期的。その上快適に過ごせるよう、かゆいところに手が届くようなメリハリの利いたサービス。両者のバランスが良いなと感じました。

ゆとりある客室「コーナーデラックスツイン」

コーナーデラックスツイン

このホテルの最も広い客室である最上階の「コーナーデラックスツイン」(47.0平方メートル)も拝見させていただきましたので、少しご紹介します。筆者が滞在した「スタンダード・ツイン」の2倍以上の広さです。ゆったりとしたソファーが余裕で設置されています。定員は3名まで。

コーナーデラックスツイン

向かいにベッドが配されています。

コーナーデラックスツイン 眺望

東側に面した二面の窓からの眺望が素晴らしい!比叡山や大文字山などの東山連峰を背景に、近くの二条城が見えます。

コーナーデラックスツイン デスク

ワーケーションに使えるデスクがあるのもポイント。

コーナーデラックスツイン バスタブ

浴室にはテレビ付きです。人目を気にせず、心おきなくリラックスできそうです。

京都の街中で温泉気分!心身がほどける「大浴場」

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 大浴場

こちらでうれしいのが、「大浴場」が設置されていること。温泉でなくても、普通のお風呂と比べると心身の解放感が全く違います。

木漏れ日のような光が降り注ぎ、リラックスできるよう照明にも工夫が凝らされています。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 大浴場

大浴場は「未来」をイメージし、黒を基調にしたクールで清潔感ある空間です。

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条 大浴場

脱衣所の扇風機やゴミ箱はレトロなデザインです。さすがのこだわり!

フィットネスジム

そして、1階にはジムもあります。フィットネスバイク、ランニングマシン、ヨガやストレッチのできるマットレスが用意されています。ワーケーションやビジネス滞在の合間に使えるのがうれしいですね。
※現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のためクローズしています。

ミーティングルーム

ミーティングルームもあり、多目的に利用できます。

オープン記念プラン1人1泊2,750円~!!!

朝食

翌朝はラウンジで「CANVASプレート」(宿泊プランに含まれていない場合は1,500円・税込)をいただきました。「横浜ロイヤルパークホテル」総料理長監修のサラダやスープに、京都の老舗ベーカリー「進々堂」のやわらかい食パンを合わせています。

ドリンクカウンター

ランチやバータイムには、ビーフシチューやサンドイッチなどカジュアルに楽しめるメニューが用意されています。

オリジナルグッズ

フロント前にはオリジナルグッズが並んでいます。Tシャツやトートバッグなど、デザイン性の高いアイテムが魅力です。

全体的にミレニアル世代向けのカジュアルなイメージですが、客室はどの世代でもリラックスできる、快適でシンプルな仕様です。観光の拠点にはもちろん、特に今の時代、ワーケーションにも適しています。1泊しただけで、日常から離れてかなりリフレッシュできました。新しいホテルに滞在するのは、やはり気持ちのいいものです。

現在オープン記念プラン(2021年9月30日まで)として、通常1泊1人7,515円(税込)のところを2,750円~(2名1室・素泊まり・税込)と驚きの優待価格での宿泊が可能です。チェックインが19時以降なら1,500円(2名1室・素泊まり・税込)~とさらにお得!多様に使える洗練されたカジュアルホテルで、京都滞在を満喫できます。またとないこの機会をお見逃しなく!

【オープン記念プラン】(2021年9月30日まで)
素泊まり:2名1室2,750円(1人・税込)~
朝食付き:2名1室3,950円(1人・税込)~
ショートステイ(チェックイン19時~)素泊まり:2名1室1,500円(1人・税込)~
ショートステイ(チェックイン19時~)朝食付き:2名1室2,700円(1人・税込)~

 

ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条
住所:京都市中京区西ノ京職司町22-7
電話:075-811-1112
FAX:075-811-1128
アクセス:電車を利用の場合、JR二条駅より徒歩約2分
京都市営地下鉄東西線二条駅より徒歩約2分
■CANVASラウンジ
営業時間:6:30~24:00(L.O.23:00)
朝食:6:30~10:00
カフェ:11:00~18:00
バーラウンジ:18:00~24:00(L.O.23:00)
URL:https://www.the-royalpark.jp/canvas/kyotonijo/

[All photos by Yo Rosinberg]
Do not use images without permission.

ロザンベール葉

ロザンベール葉
主に横浜・東京で育ち、縁あって京都に在住。美術書出版社勤務を経て、フリーランスライター歴20年余り。フランス人のパートナーと共に、フランスとイタリアを中心に気ままな旅をする。海はどこも好きだけど、「地中海」という響きに憧れる。マイペースが好き。


,, | ホテル・旅館,現地ルポ/ブログ,近畿,京都府,ホテル,現地ルポ/ブログ


京都府のホテル関連リンク

京都府保津川下り 京都府保津川下り
星野リゾート OMO3京都東寺 アクティビティ 星野リゾート OMO3京都東寺 アクティビティ

星野リゾート OMO3京都東寺 メイン 星野リゾート OMO3京都東寺 メイン
星野リゾート OMO5京都三条 宿泊ルポ|後編 メイン 星野リゾート OMO5京都三条 宿泊ルポ|後編 メイン
星野リゾート OMO5京都三条 星野リゾート OMO5京都三条
カンデオホテルズ京都 カンデオホテルズ京都

ニナ エクストラ ルージュ飴細工 ニナ エクストラ ルージュ飴細工

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ホテル #大浴場 #自動チェックイン



novicelogo