TABIZINE > グルメ > 【実は日本が世界一】推定約670億円の年間売上高「ポッキー」はギネス認定

【実は日本が世界一】推定約670億円の年間売上高「ポッキー」はギネス認定

Posted by: 坂本正敬
掲載日: Nov 10th, 2021. 更新日: Nov 11th, 2021

意外な日本一を取り上げるTABIZINEの連載。今回は、日本でおなじみのお菓子が、実は世界で一番だったという話です。11月11日は、そのお菓子の日でもあります。それは「ポッキー(Pocky)」です。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

海外のポッキー
(C) Lika Mostova / Shutterstock.com


世界で初めての棒状チョコレート菓子

マレーシアのポッキー

(C) Faiz Zaki / Shutterstock.com

カナダのモントリオールにあるモントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港で日本行きの直行便を待っている時、空港内のカフェのカウンターに「ポッキー(Pocky)」を見かけました。ロゴは見慣れた感じでも、その他の表記はすべて英語です。

「へー、ポッキーって世界でも売っているんだ」と思いましたし、この見慣れたお菓子の英語版は、きっと日本人が喜ぶお土産になると思って買って帰りました。知り合いの子どもの中学生たちに渡すと案の定、すごく喜んでくれました。「ポッキー」ってすごいなと思った瞬間です。

この「ポッキー」、身近すぎて気付きませんが、実は世界で最も売れているビスケットブランド(チョコレートでコーティングされたビスケット)だとご存じでしょうか?

「ポッキー」は世界売上高がナンバーワン

いちごポッキー

もともと「ポッキー」は1962年(昭和37年)にリリースされた当初から、「世界で初めての棒状チョコレート菓子」として売り出されたのだとか。要するに、誕生から世界一の立ち位置でスタートしています。

その後、バリエーション展開をしていく中で、1971年(昭和46年)に「アーモンドポッキー」、1976年(昭和51年)に「いちごポッキー」を発売します。1980年代以降には多様化が進み、その多展開を2010年代には再構築して現在に至るのだとか。

並行するように海外展開も積極的に仕掛けていきます。1960年代後半に香港での販売開始を皮切りに、1970年(昭和45年)にタイグリコを設立、1982年(昭和57年)にジェネラルビスケットグリコフランス設立、1987年(昭和62年)にカナダで現地法人を設立、1995年(平成7年)に上海グリコを設立、2003年(平成15年)にアメリカに現地法人を設立するなど、海外への進出を着実に実現していきます。

韓国やベトナム、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、台湾などで活動の拠点をその後も展開し、チョコレートコーティングされたビスケットブランドとして世界最高額の売り上げを2019年(令和元年)に記録して、2020年(令和2年)、ギネス世界記録に認められます。

年間(2019年)の世界売上高は推計で5億8,990万米ドル(国際市場調査データによる)。日本円にして670億910万600円、つまり670億円くらいです。

2020年(令和2年)の世界売上高もナンバーワンを記録し、ギネス世界記録を2年連続で守り抜いたようです。日本のコンビニやスーパーマーケットに並んでいるあの「ポッキー」は世界を代表するお菓子だったのですね。

フランスで「ポッキー」は「ミカド」

ミカド

(C) SlayStorm / Shutterstock.com

世界で最も売れている(チョコレートコーティングされた)ビスケットブランド「ポッキー」は、どのように世界で愛されているのでしょう。

フランスでは商品名がそもそも違って、人気のゲーム名にちなみ「ミカド(MIKADO)」という名前で販売されているとの話。マレーシアでも、発売当初はポッキーではなく「ロッキー」でした。イスラム教国のマレーシアでタブー視されている豚肉(pork)を連想させるためだったようです。

言われてみると、ネパールの友達に「ポッキー」を送った経験が筆者にもあって、「これって何が入っているの?」とその際にかなり聞かれました。ネパールにはヒンドゥー教徒が多く、ヒンドゥー教でも豚肉はタブー視されています。肉に由来する成分が一切入っていないかを気にしていましたが、もしかすると商品名から「pork」も感じていたのかもしれませんね。

さらにアメリカでは、SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)上で「ポッキーケーキ」が流行しているとPR会社の人が言っていました。

身近すぎて気にしていませんでしたが、「ポッキー」は知るほどに意外な歴史が詰まっているようです。「旅にポッキー」というキャッチフレーズの下、女子大生の国内旅行ブームにポッキーが重宝された時期(1981年ごろ)もあったそうです。

どこで食べても手が汚れませんし、歩き疲れた体に甘いお菓子は助かります。最近食べていない人は次の旅行のお供に「ポッキー」を選んでみてもいいかもしれませんね。

 

[参考]

シェアハピネスで広がる笑顔「ポッキー」ブランド通信 – 江崎グリコ

Pocky & Ezaki Glico Case Study – Guinness World Records

Pocky Certified by GUINNESS WORLD RECORDSTM as the World’s Best-selling Chocolate-Coated Biscuit Brand (*) Bringing Smiles to the World During the Fifth Annual “Pocky day” Global Campaign to Get Underway on Oct. 11

ポッキーの歴史 – 江崎グリコ

[All photos by Shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


,, | グルメ,豆知識


グルメ関連リンク

生姜入りシロップ豆花 生姜入りシロップ豆花


ミルフィーユ ミルフィーユ
麦芽糖ピーナッツ桃膠豆花 麦芽糖ピーナッツ桃膠豆花





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#お菓子 #ポッキー #世界一



novicelogo

グルメ 豆知識