TABIZINE > ニュース > 【新雑誌・起業時代】CM出演のヒロシさんが語る「理想の働き方と起業」とは

【新雑誌・起業時代】CM出演のヒロシさんが語る「理想の働き方と起業」とは

Posted by: 渡邊玲子
掲載日: Jan 26th, 2022. 更新日: Jan 27th, 2022

「ふつうの人がフツーに起業できる時代、はじまる」をテーマに、起業や開業に必要な情報に特化した情報雑誌『起業時代』(freee株式会社)が、2022年1月19日に新創刊されました。同誌のTVCMで、自分の本当にやりたいことを見つめ直し、会社を辞める決意する黒髪のサラリーマンに扮しているのが、いまやソロキャンプの第一人者であり、チャンネル登録者数100万人以上を誇る人気YouTuberとしても大活躍する、お笑い芸人のヒロシさんです。そこで今回は同TVCMの発表会で語られた、ヒロシさんの働き方の考えや理想像をお伝えします。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


実はナレーションも担当!?新雑誌『起業時代』のCM


2022年1月18日、東京都内の秋葉原UDXシアターで行われたCM発表会に登壇したヒロシさんは、完成したCMを前に「なんで僕がCMに起用されたんだろうね?」と謙遜しながらも、この日、ゲストMCを務めたお笑いコンビ「ウエストランド」のお二人から「めちゃくちゃカッコよかったです。僕らが知っているヒロシさんとは違う一面が見られる」と大絶賛されると、「黒髪にすると年相応だね。今月で僕も50歳になるから」と照れ笑いしながら、「これね、ナレーションも僕がやってるんだよ」と、知る人ぞ知る(!?)美声もアピールしていました(CM「はじまりの海」篇、「心の檻」篇でチェックしてみてください!)。

https://www.youtube.com/watch?v=-vd2vpTxl6s

個人事務所を運営するヒロシさんがやったこととは


実は2015年に個人事務所「ヒロシ・コーポレーション」を設立し、社員2名、タレント1名を抱える芸能事務所の社長でもあるヒロシさん。

イベントでは「起業家の大先輩」であるヒロシさんを囲み、子ども用の靴のサブスクサービス「Kutoon」の谷口昌優さんとシュール手芸作家のころとろさん、雑誌「起業時代」の井口侑紀編集長とトークセッションも開催。

ヒロシさんは「僕、ホリエモンさんじゃないのよ……」と重責に戸惑いながらも、「認知の拡大に悩んでいる」という谷口さんから「売れるまでにどんなことをやりましたか?」と質問されると「思いつくことは全部やりました。テレビに出るために、『ヒロシです。』の自虐ネタを考えて、自分で録画して、テレビ局に勝手に送り付けたりとか、単独ライブを行う際にはポスターに自分の携帯番号を書いて、チケットを手売りしたりとか。お金のかからない方法で、やれることは何でもやってみたらどうでしょう?」とアドバイス。


シュール手芸作家の“ころとろ”さん(右)と新雑誌「起業時代」の井口侑紀編集長(左)

また、WEBデザイナーとして生計を立てる傍ら、シュール手芸作家として起業した“ころとろ”さんには、「二足のわらじで全然良いと思います。やらなければならないこともやりながら、好きなことをやっていけたらいいんじゃないかな」とエールを送っていました。

今年の抱負は「休」

さらに社長として今年の抱負を聞かれると、「休」の一文字をフリップで発表したヒロシさん。

「2、3年前から掲げている目標なんだけど、休みたいのよ。忙しい。もうちょっと好きなことをする時間を増やしていきたい。そのためには努力が必要だからずっと忙しくしてきたけど、今年こそは休みを増やして、大好きなキャンプに行ったりしたい」と切実な願望も。

その上で、「あとひとつ大切なのはね、休の字に横棒一本足すと体。体が資本だから。“休”と“体”。僕も50歳らしいことを言うようになったでしょ」と、1月23日に満50歳の誕生日を迎えたヒロシさんは、笑顔で締めくくりました。

イベント終了後に行われた囲み会見では、起業のきっかけについて「自分でやりたいようにやりたいというのが一番大きかった」と話していたヒロシさん。「当時は一発屋と言われていて、仕事も何もなく、失うものが何もなかったから」と赤裸々に明かしながらも、「起業して苦労したことは?」という質問には「全部、自分でやるので大変。契約書を書いて、それを弁護士に出したりがめんどうくさい。仕事をしたのにお金を払ってくれない会社があったりもした」と思わぬ苦労も告白。

社長としては「自分が働かなくても、収入を得られるシステムを作りたい」と本音ものぞかせつつ、「あと10年したら60歳。好きに生きたいんですよ。昔は50歳で仕事をやめると思っていたけど、今年もぬるっと忙しいんだろうな。結局、このままぬるっと死んでいくのかな。本当はスパッと辞めて南の島で暮らすとか憧れているんですけど、なかなかそこにはいかない。仕事しながらぬる~っと死んでいくんでしょうね」と思いを巡らせていました。

  • 書籍名:起業時代(読み:きぎょーじだい)
  • 発売日:2022年1月19日(水)
  • 販売場所:全国書店・コンビニ・Amazonなどネット書店
  • 価格:定価660円(本体600円+税10%)
  • 今後の刊行予定:年2回(1月,7月)
  • 判型:A4変形/116ページ
  • 発行:freee出版
  • URL:https://www.freee.co.jp/publishing/book/kigyojidai/

[All photos by Reico WATANABE]

渡邊玲子

REICO WATANABE ライター
映画配給会社、新聞社、WEB編集部勤務を経て、フリーランスの編集・ライターとして活動中。国内外で活躍するクリエイターや起業家のインタビュー記事を中心に、WEB、雑誌、パンフレットなどで執筆するほか、書家として、映画タイトルや商品ロゴの筆文字デザインを手掛けている。イベントMC、ラジオ出演なども。


, | ニュース


ニュース関連リンク

NISSAN KIDS SPORTS CHALLENGE1 NISSAN KIDS SPORTS CHALLENGE1
ペルー刑務所発ファッション「Pietà」ポップアップストア ペルー刑務所発ファッション「Pietà」ポップアップストア
旧古河庭園「春のバラフェスティバル」 旧古河庭園「春のバラフェスティバル」
フォックス氷河でのスカイダイビング フォックス氷河でのスカイダイビング




花粉症のイメージ 花粉症のイメージ
成城石井店舗 成城石井店舗
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ビジネス #雑誌



Ranking

ニュース



世界遺産特集人気ツアー現地ルポ/ブログ旅のハウツーインタビューリゾートグッズ絶景ランキングトレンド豆知識



北海道・東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄 アジア ヨーロッパ 北アメリカ 中南米・カリブ ミクロネシア オセアニア・南太平洋 中東 アフリカ