TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > 観光 > ゴールデンウィークに旅行したい!人気スポットの営業状況速報【2022関東版】

ゴールデンウィークに旅行したい!人気スポットの営業状況速報【2022関東版】

Posted by: 内野 チエ
掲載日: Apr 16th, 2022.

2022年のゴールデンウィークは、うまく有休休暇を組み合わせると最大10連休! この機会に旅行を検討している人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、旅行好きの筆者が独断と偏見で選んだ、関東のゴールデンウィークのお出かけにおすすめスポット15カ所をご紹介。それぞれの営業状況や注目イベントなどをまとめてみました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

キャンプのイメージ
(C) Shutterstock.com


2022年のゴールデンウィーク期間は?


4月末から5月上旬にかけての連休といえばゴールデンウイークですが、祝日と休日の繋がりによって毎年の連休期間が異なりますよね。
2022年のゴールデンウィークは、おおむね4月29日(金・昭和の日)から5月8日(日)の期間を差します。

有給休暇を組み合わせると「最大10連休」に

2022年は5月2日(月)と6日(金)が平日となるので、この2日間に有休を取得すれば最大10連休にすることが可能です。

【東京都】国営昭和記念公園

この投稿をInstagramで見る

国営昭和記念公園(@showakinenpark)がシェアした投稿


東京都立川市と昭島市にまたがる国営の公園です。165.3ヘクタールにもおよぶ広大な敷地には、四季折々の花畑や庭園が広がり、ピクニックやサイクリングにもおすすめ。ゴールデンウィークのころには、毎年ポピーやフジが見ごろを迎えます。

国営昭和記念公園
住所:東京都立川市緑町3173
電話番号:042-528-1751
営業時間:有料区9:30~17:00/みどりの文化ゾーン8:30~18:00
2022年3月27日(日)~5月22日(日)までの日曜・祝日は西立川口のみ7:30開園
※土日祝は18:00閉園
入場料:大人450円(中学生以下は無料)
公式サイト:https://www.showakinen-koen.jp/

【東京都】根津神社

この投稿をInstagramで見る

根津神社公式 ※画像無断転載不可(@nedujinja_official)がシェアした投稿


およそ1,900年前に日本武尊(やまとたけるのみこと)によって創建されたという根津神社。約2,000坪のつつじ苑には約100種3,000株のツツジが植えられ、2022年5月1日(日)まで「文京つつじまつり」が開催されます。密を避けるため、混雑時は苑内の入場制限を行う場合があります。

根津神社 つつじ苑
住所:東京都文京区根津1丁目28-9
電話番号:03-3822-0753
営業時間:9:30~17:30
(最終入苑17:30、18:00完全閉苑)
入場料:300円(引率のある小学生以下の子どもは無料)
公式サイト:http://www.nedujinja.or.jp/

【東京都】WILDMAGIC – The Rainbow Farm –

この投稿をInstagramで見る

WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(@wildmagic_therainbowfarm)がシェアした投稿


ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩約1分。「ワイルドマジック」は手ぶらでBBQが楽しめるアウトドア施設です。海やビルの夜景など、都会の絶景を眺めながらゆったりと非日常の時間が過ごせます。肌寒さを感じることも少なくなるゴールデンウィークの季節なら、都会の夜景を楽しめるナイトBBQもおすすめ! 事前予約は公式サイトから。当日予約も電話で可能です(※上限に達したときは電話受付終了)。

WILDMAGIC – The Rainbow Farm –
住所:東京都江東区豊洲6-1-23
電話番号:03-3531-4447(※当日予約専用番号)
営業時間:10:00~22:00
入場料:無料(※別途利用料が必要)
公式サイト:http://wildmagic.jp/

【東京都】よみうりランド

この投稿をInstagramで見る

よみうりランド【公式】(@yomiuriland)がシェアした投稿


遊園地「よみうりランド」ではジェットコースターなどの乗り物のほか、手ぶらでBBQが楽しめる「森のバーベキュー場 JU-JU」も大好評。ゴールデンウィーク期間中は、沖縄グルメやライブパフォーマンスが楽しめる特別イベント「沖縄WEEK!! 食べて!遊んで!沖縄だらけの10日間!」も開催されます。

よみうりランド
住所:東京都稲城市矢野口4015−1
電話番号:044-966-1111
営業時間:9:00~19:00(2022年4月29日~30日・5月1日・3日~5日)/9:00~18:00(2022年5月2日・6日・8日)/10:00~18:00(5月7日)
入場料:ワンデーパス大人5,800円、中高生4,600円、小学生4,000円、未就学児2,400円(公式オンラインで購入すると400円引きになります)
公式サイト:https://www.yomiuriland.com/

【千葉県】東京ディズニーリゾート

この投稿をInstagramで見る

TokyoDisneyResort 東京ディズニーリゾート(@tokyodisneyresort_official)がシェアした投稿


「東京ディズニーリゾート」では、2022年4月1日(金)~6月30日(木)期間に開催される「東京ディズニーリゾートの春を楽しもう!」フェアで、東京ディズニーランドの「ディズニー・イースター」や東京ディズニーシーの春をお祝いする様子をイメージした華やかなデコレーションなど、春の限定プログラムが楽しめます。

東京ディズニーリゾート
住所:千葉県浦安市舞浜1-1
電話番号:045-330-5211
営業時間:9:00~21:00
入場料:7,900円~(※利用日によって異なります)
公式サイト:https://www.tokyodisneyresort.jp/

【千葉県】ふなばし三番瀬海浜公園

この投稿をInstagramで見る

ふなばし三番瀬海浜公園BBQ場(@funabashi_bbq)がシェアした投稿


東京都心からのアクセスも良く、潮干狩りのメッカとして親しまれている海浜公園です。BBQ場も隣接しているので、いろいろな楽しみ方ができそう。潮干狩り利用券の販売は2022年4月16日(土)から。セブンイレブンの端末機(セブンチケット)のみで事前購入が可能です。土、日、祝日と2022年5月2日(月)、6日(金)は、日付指定で販売制限が行われています。また、感染症の影響などにより開催期間などが変更・中止になることもあるので、事前にチェックしてからお出かけしてくださいね。

ふなばし三番瀬海浜公園
住所:千葉県船橋市潮見町40
電話番号:047-435-0828
潮干狩り開催期間:2022年4月21日(木)~5月22日(日)
入場料:大人(中学生以上)500円、子ども(4歳以上)250円
(※アサリの持ち帰りは100gにつき120円が別途必要)
公式サイト:https://www.sambanze.jp/facility/park/shell_gathering.html

【千葉県】アソビル

この投稿をInstagramで見る

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿


横浜駅直通、新感覚エンターテインメントを体験できる複合型体験施設です。屋上にはフットサルやテニスが楽しめるコートを備え、親子で遊べるキッズスペースのフロアや、横浜の人気飲食店18店舗が並ぶ体験型グルメフロア「アソビル横丁」などがあります。アクセスもよく屋内型施設なので、ゴールデンウィーク期間も天候を気にすることなく楽しむことができますよ!

アソビル
住所:神奈川県横浜市西区高島2-14−9
全館営業時間:10:00~22:00(フロアによって異なります)
RF営業時間:11:00~22:00 ※土日は20:00まで
4F営業時間:10:00~20:00 ※18:00以降は女性限定のフォトスポット営業
3F営業時間:デジタルハリウッドのみ営業中
2F営業時間:改装中
1F飲食店フロア営業時間:11:00~20:00 ※営業時間/ラストオーダーは店舗により異なります
B1F営業時間: 閉店
入場料:無料(別途、各施設利用料が必要)
公式サイト:https://asobuild.com/

【埼玉県】ムーミンバレーパーク

この投稿をInstagramで見る

ムーミンバレーパーク MOOMINVALLEY PARK(@moominvalleypark)がシェアした投稿


ムーミン屋敷をはじめ、水浴び小屋や灯台など、物語の世界を追体験できる施設があるテーマパーク。ムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやお買い物などが楽しめます。2022年5月8日(日)まで、園内15ヶ所以上の「フローティングフラワー」スポットに、水の上に色とりどりの花を浮かべた「花手水(はなちょうず)」が出現するイベントを開催。混雑緩和のため、入園制限や各施設への入場制限を行う場合があります。

ムーミンバレーパーク
住所:埼玉県飯能市宮沢327−6
電話番号:0570-031-066
営業時間:10:00~18:00(ゴールデンウィーク期間2022年4月29日~5月8日)
入場料:ワンデーパス大人3,200円、4歳以上小学生以下2,000円(前売券は200円引き)
※2022年4月29日~5月8日は駐車場料金が土日祝日扱いとなります
公式サイト:https://metsa-hanno.com/

【埼玉県】Chichibu Geo Gravity Park

この投稿をInstagramで見る

Chichibu Geo GRAVITY PARK(@gravityparkjp)がシェアした投稿


「秩父ジオグラビティパーク」は、アドレナリン、興奮、グラビティー(重力)をコンセプトに、2019年に誕生したばかりの日本初の“重力系”アクティビティパーク。吊橋で渓谷を渡る「キャニオンウォーク」、特大ブランコの「キャニオンスイング」、ジップライン、バンジーなどのハラハラ・ドキドキのアドベンチャースポーツが楽しめます。1日の最大参加人数が決まっているアクティビティもあるので、公式サイトでの事前予約がおすすめです。

秩父ジオグラビティパーク
住所:埼玉県秩父市荒川贄川730-4
電話番号:050-5305-6176
営業時間:10:00~16:30
入場料:無料(別途アクティビティ利用料が必要)
公式サイト:https://gravitypark.jp/

【茨城県】国営ひたち海浜公園

この投稿をInstagramで見る

国営ひたち海浜公園【公式】(@hitachikaihin)がシェアした投稿


茨城県ひたちなか市の太平洋岸にある国営公園です。4月中旬~5月上旬に、約530万本ものネモフィラが咲く「みはらしの丘」は感動的な美しさ。あたり一面を淡いブルーに染め上げ、ふんわりと可憐に咲くネモフィラに心が癒されます。

国営ひたち海浜公園
住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号:029-265-9001
営業時間:9:30~17:00 ※2022年4月29日~5月5日まで7:00開園
入場料:大人700円(中学生以下は無料)
公式サイト:https://hitachikaihin.jp/

【茨城県】牛久大仏

茨城県牛久大仏
(C) Club4traveler / Shutterstock.com

牛久大仏は奈良の大仏が手のひらに乗ってしまうというくらいの巨大仏像。「青銅製立像」として世界一の高さとされ、全高120mにもなります。エレベーターで上れる高さ85mの展望台からの景色は圧巻! 5月にはアイスランドポピー、シャーレーポピー、かすみ草、キンセンカ、姫金魚草、マーガレットなどが見ごろとなり、お花摘みも楽しめます。

牛久大仏
住所:茨城県牛久市久野町2083
電話番号:029-889-2931
営業時間:平日9:30~17:00/土日祝日9:30~17:30
※受付終了時間は、閉園時間の30分前です
定休日:年中無休
入場料:拝観セット中学生以上800円、4歳~小学生400円
公式サイト:https://daibutu.net/

【茨城県】偕楽園

茨城県水戸市偕楽園
(C) NavinTar / Shutterstock.com

1842年に水戸藩9代藩主・徳川斉昭によって造園された偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに「日本三名園」の1つに数えられる庭園です。開園以来、修理を経て現存している「好文亭表門」、柿葺き、茅葺きの「好文亭」、“陰と陽の世界”を表現する竹林など、見どころが盛りだくさん。ゴールデンウィークの季節にはキリシマツツジやドウダンツツジなど約380株のつつじが咲き誇り、美しい景色を楽しませてくれます。

偕楽園
住所:茨城県水戸市見川1-1251
電話番号:029-244-5454
営業時間:6:00~19:00
入場料:大人300円、小中学生150円
公式サイト:https://ibaraki-kairakuen.jp/

【栃木県】日光東照宮

栃木県日光東照宮
(C) Shutterstock.com

徳川家康を祀る神社として、主な建物は3代目将軍・家光によってつくられた「日光東照宮」。漆や極彩色が目を引く美しい佇まいで国宝や重要文化財に指定されているものも多く、柱などには彫刻が飾られています。深い木々に囲まれた日光東照宮。ゴールデンウィークの季節には、新緑の心地よい香りに包まれ、森林浴も楽しめます。

日光東照宮
住所:栃木県日光市山内2301
電話番号:0288-54-0560
営業時間:9:00~17:00
入場料:高校生以上1,300円、小中学生450円
公式サイト:https://www.toshogu.jp/

【栃木県】モビリティリゾートもてぎ

この投稿をInstagramで見る

モビリティリゾートもてぎ【公式】(@motegi_official)がシェアした投稿


大自然を舞台にキャンプやグランピング、BBQが楽しめる施設です。スリル満点のジップラインや、本格レーシングカートの体験走行などのアクティビティも充実していて、体を動かしてリフレッシュしたい人にはぴったり。ゴールデンウィーク期間中はリアル宝探しやハーバリウムづくりなどの特別体験メニューや、栃木県警察音楽隊によるパフォーマンスなども楽しめます。なお、同期間中は入場者数を大幅に制限し、日付指定入場券の前売りが行われます(※前売券完売の場合は当日入場不可)。

モビリティリゾートもてぎ
住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
電話番号:0285-64-0001
営業時間:10:00~17:00(ゴールデンウィーク期間は9:30~18:00
入場料:大人1,200円、小学生600円、3歳~未就学児300円(別途施設利用料が必要です)
公式サイト:https://www.mr-motegi.jp/

【群馬県】こんにゃくパーク

この投稿をInstagramで見る

こんにゃくパーク(@konnyakupark.manan)がシェアした投稿


日本最大級のこんにゃく製品メーカーが提供するこんにゃくのテーマパークです。こんにゃくの歴史や知識が学べるパネルコーナーをはじめ、こんにゃく手作り体験や、工場見学、無料のこんにゃくバイキングなどが楽しめます。屋内施設なので、天候の心配なくゴールデンウィークのお出かけが楽しめるスポットです。

こんにゃくパーク
住所:群馬県甘楽郡甘楽町小幡204−1
電話番号:0274-60-4100
営業時間:平日9:00~16:30/土日祝日9:00~17:30
入場料:無料(別途体験料が必要)
公式サイト:https://konnyaku-park.com/

今回は、2022年のゴールデンウィークで訪れたい「関東の人気スポット」の営業状況をまとめて紹介しました。期間限定のイベントが開催されていたり、その季節だけの絶景が楽しめたりと、ゴールデンウィークならではの楽しみが待っていますよね。混雑状況によってチケット販売が早期終了するスポットもあるので、早めにお出かけ計画を検討するのがおすすめですよ!

※掲載内容は2022年4月下旬時点の情報です。社会情勢などによって営業時間や営業内容などは変更される可能性もあります。事前に公式サイトなどでご確認ください

内野 チエ

内野 チエ ライター
Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。20歳で第1子を出産後、母・妻・会社員・学生の4役をこなしながら大学を卒業、子どもが好きすぎて保育士と幼稚園教諭の資格を取得、など、いろいろ同時進行するのが得意。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。特技はワラビ料理と燻製作り。


,,,, | 観光,関東,東京都23区,観光


東京都23区の観光関連リンク

東京都千代田区・「八 by PRESS BUTTER SAND 大丸東京店」焼きたて和バターサンド〈きな粉あずき〉、おりどら、ばたふく 東京都千代田区・「八 by PRESS BUTTER SAND 大丸東京店」焼きたて和バターサンド〈きな粉あずき〉、おりどら、ばたふく


東京都新宿区・「シャトレーゼ ヨークフーズ新宿富久店」アイスバー「ピュルテ(ピスタチオ&スイートチョコ)」パッケージ 東京都新宿区・「シャトレーゼ ヨークフーズ新宿富久店」アイスバー「ピュルテ(ピスタチオ&スイートチョコ)」パッケージ
あしかがフラワーパーク あしかがフラワーパーク



東京都中央区・ハイアット セントリック 銀座 東京 3階「NAMIKI667」2022年3月1日〜5月9日「Floral Strawberry Afternoon Tea」4 東京都中央区・ハイアット セントリック 銀座 東京 3階「NAMIKI667」2022年3月1日〜5月9日「Floral Strawberry Afternoon Tea」4

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

観光 関東 東京都23区 観光