TABIZINE > アジア > モンゴル > グルメ > ミルクティーに岩塩ぱらり。「岩塩紅茶」がおいしい【編集部ブログ】

ミルクティーに岩塩ぱらり。「岩塩紅茶」がおいしい【編集部ブログ】

Posted by: TABIZINE編集部ブログ
掲載日: Oct 6th, 2022.

TABIZINE編集部員が、取材先やプライベートで気になった小ネタをお届けする編集部ブログ。今回は、モンゴルで飲んだミルクティー「スーテーツァイ」が忘れられず、ときどき真似して飲む岩塩紅茶。寒い雨の日には、なぜだか無性に恋しくなるのです。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

TABIZINE編集部の山口です。

寒い雨の日は、温かい飲み物が飲みたくなります。コーヒー、紅茶、ハーブティー、どれも好きなのですが、一日中リモート仕事でお茶を飲んでいると、無性にしょっぱいものが飲みたくなるんです。

コーンスープやオニオンスープ、味噌汁などもいいけれど、そこまでお腹が空いていないときもある。そんなとき無性に恋しくなるのが、モンゴルを旅したとき現地でガブガブ飲んでいた「スーテーツァイ」。


モンゴルの「スーテーツァイ」とは?


モンゴルのゲル(家)

何年も前に、「カルピス誕生のきっかけとなったのは、モンゴルの馬乳酒だった!」の記事でも少しだけ紹介しましたが、モンゴルのミルクティーは、塩味なんです。石のように固まりになっている磚茶(だんちゃ)をくだいてお湯で煮出し、塩とバター入りのミルクティーに仕上げます。

カルピス誕生のきっかけとなったモンゴルの馬乳酒

 


 


Pierre Jean Durieu / Shutterstock.com

モンゴルの家ではこのスーテーツァイが水筒にたっぷり入って常備されていて、湯呑みに注いで1日に何度も飲みます。ミルクティーは甘いかほんのり苦いもの、と記憶している舌には、しょっぱいミルクティーは最初びっくりします。

でも、何だこれ? と飲んでいるうちに、いつしかクセになってしまうのです。

普通のミルクティーに岩塩をぱらりと入れるだけの「岩塩紅茶」

日本に帰国してから、自宅でスーテーツァイらしきものを作ろうと何度か試みましたが、茶葉を煮出したりバターを入れたりするのは手間がかかる割にうまく再現できず。落ち着いたのが、普通にティーバッグで紅茶をいれ、ミルクを注ぎ、そこに岩塩をぱらりと入れて混ぜる、簡単「岩塩紅茶」。

ほんのりしょっぱいミルクティーは、体にするする入って、内側から温めてくれる感じがします。

ちなみに岩塩は本当に「ちょっと」がおすすめ。塩を入れすぎると口の中がシワシワして喉が渇いてしまうのでご注意を。

そして本場のスーテーツァイ(モンゴルミルクティー)を飲んでみたい! という人には、巣鴨のモンゴル料理店「シリンゴル」がおすすめです。コース料理を注文すると、モンゴルミルクティーのお代わり自由。本場のモンゴル料理も絶品ですよ〜。

シリンゴル
東京都文京区千石4-11-9
03(5978)3837
営業時間 18:00~22:30(ラストオーダー 21:45)
年中無休(夏季休暇・年始休暇を除く)
http://shilingol.web.fc2.com

[Photos by TABIZINE編集部]

 


 

TABIZINE編集部ブログ

TABIZINE Editor's Blog
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

, | グルメ,現地ルポ/ブログ,アジア,モンゴル,グルメ,現地ルポ/ブログ


モンゴルのグルメ関連リンク



もう一度食べたい、忘れられない、あの国のあの味12選 もう一度食べたい、忘れられない、あの国のあの味12選
フライト時間5時間限定!いつもの週末に行ける海外おすすめ都市 フライト時間5時間限定!いつもの週末に行ける海外おすすめ都市
1

#トリビア #紅茶