TABIZINE > 近畿 > 兵庫県 > 観光 > 神戸の魅力を再発見!「KOBE Re:Public Art Project」 神戸市内各所で アーティストの作品を公開

神戸の魅力を再発見!「KOBE Re:Public Art Project」 神戸市内各所で アーティストの作品を公開

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Mar 1st, 2023.

神戸市経済観光局が主催する「KOBE Re:Public Art Project」では、アーティスト作品を2023年2月22日(水)から「デザイン・クリエイティブセンター神戸」など神戸市内各所で公開。さらに、神戸の文化や場所と結びついた、公演・パフォーマンス、イベントや、音声ARを用いたパブリックアートなども展開されます。神戸へのお出かけついでに楽しんでみませんか?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント



 


「KOBE Re:Public Art Project」とは?

これまでの枠組みにとらわれない、新しい形のパブリックアートを創出する試みとして、2022年9月にスタートしました。

神戸の多様な“風景”、“場所”、“建物”がアートとなりうる』という考えのもと、様々な分野で活動するアーティストが、神戸市内のアーティスト・イン・レジデンスに一定期間滞在し、テーマである『人新世』に基づいて散策(リサーチ)することで、地域に新しい価値を生み出し、新たな神戸の魅力(周遊観光資源)を発掘することを目的としています。

神戸の魅力を再発見「KOBE Re:Public Art Project」

KOBE Re:Public Art Projectは、さまざまな分野で活動するアーティストが、独自の視点やアプローチで、新たな神戸の魅力(周遊観光資源)を発掘。2023年2月22日(水)から3月19日(日)までの期間、リサーチにより生まれたアイデアの一部をアートとして具現化し、神戸の街に再配置していくことで、“リ:パブリックアート”を創出していきます。

“リ:パブリックアート”は、物理的なアートに限らず、空間でのダンスパフォーマンス、演劇、音楽ライヴ、トークイベントなど、神戸市内で活動を展開する人々や団体とコラボレーションし、各所で展開していきます。

KOBE Re:Public Art Project
日時:2023年2月22(水)~3月19日(日)
場所:神戸市内全域 (メイン会場:リサーチ結果の展示/KIITO、作品展示/KOBE Re:Public Art Project特設会場 他)
参加アーティスト: 招待および公募で選出されたアーティスト
特設サイト:https://koberepublic-artproject.com/

リサーチ結果の公開

プロジェクトに参加した、多ジャンルのアーティストが、神戸市内を散策し、リサーチテーマである「人新世」に基づき発見したヒト、モノ、コト、バショに関する視点や考察が展示されます。

日時:2023年2月22日(水)~3月12日(日)/11:00-20:00
場所:KIITO 展示ホールB(兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)
参加アーティスト:五十音順
池田剛介、今西泰赳、内海昭子、遠藤薫、太田光海、金子未弥、久保田沙耶、Kenji“Noiz”Nakamura、小金沢健人、斎藤幸平、阪越由衣、佐野文彦、二階堂瞳子、野村友里、野口竜平、秦雅則、ハラサオリ、forCities(石川由佳子、杉田真理子)、冬木遼太郎、みのミュージック、持田敦子、八木祐理子、山田悠

アーティストの作品展示

リサーチテーマである「人新世」に基づきアーティストが発見した神戸市内の場所で、リサーチ結果に基づいた展示や、パフォーマンスが行われます。

日時:2023年2月22日(水)~3月12日(日)
場所:KOBE Re:Public Art Project特設会場 他(神戸市中央区新港町7)
※会場ごとに時間が異なりますので、詳細については特設サイトをご覧ください
https://koberepublic-artproject.com/
展示アーティスト:五十音順
今西泰赳、内海昭子、遠藤薫、久保田沙耶、小金沢健人、秦雅則、冬木遼太郎、持田敦子

地域の文化や、場所を背景・舞台とした、公演・パフォーマンス

TOUCH -ふれる-

三東瑠璃+大植真太郎による振付・演出のパフォーマンス作品。

“時”の記憶を孕む巨大な倉庫空間で、風をテーマとするダンスの上演が行われます。本プロジェクトのメインキュレーターである森山未來氏が、2022年2月に、三東瑠璃、大植真太郎と共同製作し出演した作品を、今回森山氏はプロデューサーに立ち位置を変え、神戸在住の若手ダンサーも起用し、リ-クリエイションしています。

TOUCH -ふれる-
開催日時:2023年2月22日(水)~2月24日(金)/14:00-20:00(予定)
開催場所:KORPA特設会場(神戸市中央区新港町7)

喫茶演劇

神戸市中央区内の様々な喫茶店を利用した演劇。

営業中のカフェの一席で、天地創造や地球の歴史を巡る物語をひとり言のようにつぶやきつづける女を、窓越しに観劇する喫茶店演劇。都市の一部として気に留めていなかった情景や隣人、自分自身さえも、明日には誰かを脅かす存在になり得るかもしれない、という都市と現代社会か孕む危うさを縮図のように提示する作品。

今回は、2015年初演のチェルフィッチュ『あなたが彼女にしてあげられることは何もない』を、神戸を代表するカルチャーである、元町や南京町の喫茶店を舞台に、俳優の片桐はいりとともにリ-クリエーションします。

開催日時、場所
喫茶しゅみ    :2.24(金)17:30 –
元町サントス   :2.25(土)10:30 –
アルファ 本店   :2.26(日)15:30 –
SO TABLE KOBE 0330:3.4(土)、3.5(日)15:30 –

大道芸パフォーマンス

パフォーマンスグループ「toRmansion」による、街や広場を舞台としたショーパフォーマンス。

神戸のを魅力である「多様性」をテーマに、大道芸をベースとした、子供から大人まで世代や言語を超えて楽しめるパフォーマンスやコメディーショーを、元町商店街(中央区)や水道筋商店街・灘中央市場(灘区)、小学校跡地を活用した地域のコミュニティ施設である「ネイチャースタジオ」で披露します。

開催日時、場所
水道筋商店街・灘中央市場(阪急王子公園駅:徒歩5分)
└2月25日(土)13:00~14:00 2月26日(日)12:00~13:00

元町商店街(JR・阪神元町駅、地下鉄海岸線みなと元町駅から:徒歩3分)
└2月25日(土)16:00~17:00 2月26日(日)14:30~15:30

ネイチャースタジオ(神戸市兵庫区雪御所町2-1)
└2月25日(土)10:30~11:30 2月26日(日)16:30~17:30

Wizard of OP vol.0000

「光と音」がコンセプト。小金沢健人(美術家)の光を表現の素材として即興の方法を探るライヴパフォーマンスイベント。ギタリストでダクソフォン奏者である内橋和久を迎え、港湾倉庫の特異な空間を活かした一日限り即興セッションを行います。

開催日時:2023年3月11日(土)開場 18:00・開演 18:30・終演予定 19:30
開催場所:KORPA特設会場(神戸市中央区新港町7)
前売¥3,300・当日¥3,800(神戸市民の方は、前売・当日ともに2,500円)
チケットの販売はこちら:https://t.livepocket.jp/e/s34cm

仕立て屋のサーカス

音楽家・演出家 曽我大穂と服飾家・スズキタカユキらが音と布と光で織りなす、パフォーマンスアートグループ「仕立て屋のサーカス」。今回の公演では、「人と地域をつなげる」アートの役割に寄り添い、地域のコミュニティスペースである公民館(福祉センター)を活用します。

2022年リサーチアーティストとして参加した斎藤幸平東京大学准教授をゲストに迎え入れ、リサーチテーマである「人新世」に基づいたレクチャーパフォーマンを取り込んだ演目を行うことで、地域における「公民館」の価値を再定義します。

開催日時:3月18日(土)17時開場/18時開演-(20時終演)予定
     3月19日(日)15時開場/16時開演-(18時終演)予定
開催場所:入江入江地域福祉センター(兵庫県神戸市兵庫区西出町1-19)

※この他にも、期間中にリサーチに参加したアーティストの、パフォーマンスや作品展示などが断続的に行われる予定です

音声ARを活用した、周遊観光促進型のパブリックアート「令和版:新 神戸百景」

1962年に神戸の木版画家である川西英によって制作された画集「神戸百景」。今回のリサーチで見出された100カ所におよぶ神戸のスポットを、音声コンテンツとして編集し、神戸の街に音のARとして再配置されます。

期間中、神戸市内の5つのエリアごとに、専用アプリを使ってアーティストの視点で神戸の街を散策する、新しい周遊観光の試みが行われます。

さらに、神戸市内の散策を、街歩きをよりイマーシヴでアクティブなものにするために、本プロジェクトに参加したforCities(石川由佳子、杉田真理子)による、街を、歩き、感じ、学び、遊ぶためのツールキット「Urbanist Kit/神戸」を制作。神戸市内(KIITO)にて限定配布します。

同キットは、音声ARアプリ「SARF」と連動し、地域の特性を活かしたミッションや、ナラティヴな要素が加わることで、新しい観光資源をつくらずに、既存の資源を拡張・演出することで、何度訪れても異なる体験ができるようになっています。


 

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

| 観光,近畿,兵庫県,イベント,観光


兵庫県の観光関連リンク

竹田城跡 竹田城跡

長崎ランタンフェスティバル 長崎ランタンフェスティバル



ナイトスカイウォーク・花火祭(静岡県・三島スカイウォーク) ナイトスカイウォーク・花火祭(静岡県・三島スカイウォーク)



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NEXT

#アート



観光 近畿 兵庫県 イベント 観光