> > > 60年に一度、出雲大社は「平成の大遷宮」!出雲の旅で楽しむご当地グルメ

,,, | グルメ,中国,島根県

60年に一度、出雲大社は「平成の大遷宮」!出雲の旅で楽しむご当地グルメ

Sep 14th, 2013

309-03
パワースポットとして知られる出雲大社。
特に今年は「平成の大遷宮(へいせいのだいせんぐう)」といって、社殿を修造するために御神体を一時的にほかへ移し、完成すると再び御神体を戻すという60年に一度の神様の大移動が。大遷宮によって、神様の住まいはきれいになり、パワーがリフレッシュされるそうです。

そして、今年の出雲大社はそのお祝い行事が目白押し!行く価値がありそうです。

しかし未だに出雲が島根県にあることすら知らない人がいるのでは?島根県は、「ご当地名物が思いつかない県 第一位」にランクインするくらい、未知なる場所。そこで、島根県の出雲に行ったら、ぜひ食したい郷土料理やご当地名物をご紹介します。

●出雲そば
出雲大社に出かけたら、外せないのが出雲そば。三段の器に盛られたそばに、直接、そばつゆと薬味をかけて食べるのが割子そば。そして、温められたどんぶりに入っているそばにそば湯とそばつゆと薬味をかけて食べるのが釜揚げそば。

309-01

●宍道湖の大和しじみ
宍道湖は大和しじみの漁獲高が日本一だそう。宍道湖七珍の中にも含まれているしじみ。宍道湖七珍とは、宍道湖で獲れるスズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミのこと。郷土料理では定番の魚介類。
特に宍道湖のしじみは粒が大きくて肉厚だというから、しじみ汁はかなり食べ応えがありそうです。しじみの味噌汁やすまし汁、酒蒸しがおすすめです。

●十六島のり
十六島とは、島根半島の北西部、出雲市平田地区の日本海沿岸の地域のこと。この十六島近辺で採れる海苔を十六島のりといいます。普通ののりよりも肉厚でごっそりとしているのが特徴。島根県で食べられているお正月のお雑煮は、お餅とこの十六島のりを乗せた、しょうゆベースのシンプルなものだそうで、他にも、卵とじ、炊き込みご飯、天ぷらに、そばなどの料理に使われます。

石原亜香利

,,, | グルメ,中国,島根県


気になる国の記事を検索!